4歳でおむつが外れない発達障害の子にガミガミしつけないトイレトレーニング!

 

4歳でおむつが外れない発達障害の子はいませんか?個人差もあるので、焦らず見守りたい気持ちと、いつまでおむつなの?と思うこともありますよね。我が家の息子も同じでしたが、4歳でおむつが外れました。どのようにしておむつが外れたのかご紹介します。
 

【目次】

1.4歳でのトイレトレーニングに焦る親
2.幼児期に大切なこととおむつ外れの関係
3.ガミガミしつけは必要ない!おむつ外れに必要な3つのこと
◆明るく「パンツを穿こう」と誘う
◆ご褒美を用意する
◆失敗しても叱らない

 
 

1.4歳でのトイレトレーニングに焦る親

 
 
私の息子は発達検査を受けていませんが、発達の特性を感じています。幼稚園に行くことを嫌がり、現在不登園です。そして、4歳になってもおむつが完全に外れなかった過去があります。
 
 
3歳で幼稚園に入園し、幼稚園ではおむつが外れ、外出時もトイレに行けます。ですが、家ではパンツを拒否することがほとんどで、たまにパンツを穿いても失敗…
 
 
トイレに飾り付けをして、好きなキャラクターのパンツを買いましたが、効果はありませんでした。
 
 
4歳でのトイレトレーニングの難しさを感じました。
 
 
まわりの子は外れているのに、私のやり方がいけないの?と自分を責めてしまうこともありました。
 
 
 
 
トイトレを続ける中、息子に選択してもらおうと思い、「おむつにする?パンツにする?」と聞きました。
 
 
すると、毎回「おむつ」と答える息子。
 
 
おむつが外れなくて焦っているのは私だけだと気が付きました。
 
 
息子に負担になっているかもしれない、まだ早いのかもしれないと思い、トイトレを中断することにしました。
 
 
\おうちで脳の発達を加速させる/
1日5分から取り組める
約40種類の教材を
無料でダウンロードできます!
↓↓↓
 
 

2.幼児期に大切なこととおむつ外れの関係

 
 
幼児期に大切なことに発達には個人差が大きいということがあります。
 
 
これはおむつ外れにも言えることです。おむつ外れは子どもの発達が大事です。年齢ではなく子どもの発達に目を向けることが大切です。
 
 
特に発達障害がある場合は発達の凸凹もあり、その子のひとつひとつの発達がどのくらいなのか見ていくことが大切です。
 
 
息子は家以外ではトイレに行けるので、体の機能面より、心の面に課題があると思いました。
 
 
こだわりが強い不安が強いことがあると、おむつを穿いていると安心、パンツになると不安、トイレが怖い、トイレに行くことが面倒など行けない理由があります。
 
 
4歳のトイレトレーニングでは、幼稚園や保育園の進級や行事、他にも負担になることがあり、影響することがあります。
 
 
進級や行事で負担になることがある場合、子どもは不安定になります。負担がかかるトイトレをするのを一時中断することも必要かもしれません。
 
 
 
 
こだわりの強さや不安はすぐに良くなるものではなく、発達と共に少しずつ和らいでいくものです。親子のコミュニケーションの中で自信をつけ、安心し、こだわりの強さや不安が和らいでいきます。
 
 
このように、幼児期に大切なことがおむつ外れにも関係しているのです。
 
 
【期間限定 6月末まで】
 
繊細ちゃんに折れない心が育つ!
正しい甘やかし方がわかります

↓↓↓
 
 

3.ガミガミしつけは必要ない!おむつ外れに必要な3つのこと

 
 
一度は中断したトイトレですが、あることをきっかけに4歳のうちにトイレトレーニングを再開しました。
 
 
友達が家に遊びにきたときにおむつに排泄をして交換した際、友達に知られたくないと恥ずかしがりました。
 
 
家では他人の目がないのでおむつに抵抗がなかったのだと気が付きました。産まれたときからおむつなので、家族に見られても何も思わないのは当然のことでした。
 
 
外ではトイレに行けるので、トイレに行くことは理解している、あとは息子がトイレに行きたいと思えることだと思いました。
 
 
私がしたことはこの3つです。
 
 

◆明るく「パンツを穿こう」と誘う

 
 
以前は「おむつにする?パンツにする?」と聞いていましたが、「パンツ穿いてみよう!」「今日はパンツにしよう」と笑顔で優しい声色で誘いました。
 
 
「嫌だ」と言う日もありますが、続けていくと、パンツを穿いてくれる日が増えていきました。
 
 

◆ご褒美を用意する

 
 
やる気を出すきっかけ作りにご褒美も用意しました。おしっこができたら10円、うんちができたら20円渡しました。
 
 
ご褒美があることでトイレに行くモチベーションが上がりました。
 
 
ただ、1つ注意していただきたいのが、ご褒美と褒めの言葉を必ずセットにしてください。ご褒美だけだと、ご褒美がないと行動しなくなってしまいます。
 
 

◆失敗しても叱らない

 
 
間に合わず失敗しても、決して叱らず表情にも出しませんでした。
 
 
眉間にシワを寄せたりガッカリした顔を見せないことが大切です。「漏れちゃったね」と事実だけ伝えて掃除をしました。
 
 
「大丈夫だよ」「次はがんばろう」と励ますより、ただ事実を伝えることにしました。
 
 
徐々に自信をつけた息子は今ではご褒美がなくてもトイレに行けるようになりました。
 
 
また、自ら「夜もパンツに挑戦したい」と宣言し、おねしょをしてしまうことが多いですが、それでもパンツを穿き続け夜もおむつが外れました
 
 
こうして4歳でトイレトレーニングを終了することができました。
 
 
 
 
おむつ外れは自立の第一歩です。おむつ外れは息子に自信をつけ、自己肯定感を高めたと思います。
 
 
トイトレも親子のコミュニケーションがうまくいってこそ成功します。ぜひ、焦らずに親子に余裕がある状態で取り組むことをおすすめします。
 
 
 
 
自己肯定感をつける方法がたくさんあります!ぜひチェックしてみてくださいね!

▼ご登録はこちらから

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 
▼無料小冊子プレゼント▼
♡小冊子のご感想
読んだことを実践してみたところ、この数日、癇癪がやわらいでいます。指示出しゼロの効果に驚いています!(小1 女の子のママ)
 
\子どもが素直になる朝の声かけ35つき/
癇癪・暴力がスッとおさまる!
脳科学に基づく接し方
↓↓↓
 
 
 
執筆者:安室ゆう
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)
発達の専門家が教える!脳を伸ばして子育ての悩みを解決する方法~1日1分無料メール講座~
無料登録で特典を受け取る
発達の専門家が教える!脳を伸ばして子育ての悩みを解決する方法~1日1分無料メール講座~
無料登録で特典を受け取る
タイトルとURLをコピーしました