極度の偏食が和らいだ!こだわりの強い発達障害の子どもへの対応法

 

嫌いなものが入っているというだけで、そのお料理を食べられなくなってしまう。発達障害の子どもの食へのこだわりに困っているということはありませんか。驚くことに、極度の偏食はコミュニケーションを変えることで、和らいでいきますよ。
 

【目次】

 
 

1.極度の偏食がある子どもへの対応に困っていた過去

 
 
子どもが偏食だと、毎日の食事作りはとても大変ですよね。
 
 
せっかく栄養バランスを考えて作ったのに、全然食べずにお菓子ばかり欲しがられるとイライラしてしまいます。
 
 
毎日何を作ればいいんだろう?とお悩みのお母さんも多いのではないでしょうか。
 
 
発達障害のお子さんは、極度の偏食になることが多いと言われています。
 
 
白いごはんやえだまめなど特定のものしか食べなかったり、餃子やハンバーグなどの食材が混ざった料理を嫌ったりします。 
 
 
わが家で一番困ったのは、嫌いなものがお鍋に入っていると知るだけで、そのお鍋の料理にいっさい口をつけなくなることでした。
 
 
例えばシメジが入ったカレー。
 
 

 
 
お鍋にシメジが入っている!と言うことが子どもにわかってしまうと、カレーそのものを食べなくなってしまう時期がありました。
 
 
お皿によそうときに入れないようにしても食べられず、嫌いな食材を使わないようにしなければいけないので本当に困りました。
 
 
好き嫌いせずに食べなさい!と叱るとますます食べなくなるので、どうしたらいいものかと悩みました。
 
 
5年かかっても見つからなかった
悩みの解決方法がわかる!
世界一シンプルなおうち発達支援

↓↓↓
 
 

2.発達障害グレーゾーンの子どもはどうして極度の偏食になるの?

 
 

おいしくないというネガティブな記憶

 
 
発達障害の中でも、自閉症スペクトラムの特性を持つ子どもは、こだわりが強くネガティブな記憶が残りやすいと言われています。 
 
 
せっかく食べてみても「これ、美味しくない!」と感じることはありますよね。
 
 
わが子の場合は、それがシイタケでした。 
 
 
シイタケと意識はしていなくて、たまたま「なんか、きのこ食べたらまずかった!」と思ったようでした。 
 
 
そうすると、おいしくなかったというネガティブな記憶が定着して「キノコは嫌い!」というイメージが出来上がります。 
 
 
キノコが嫌いと思っているので、今まで意識もしていなかったシメジも、食べたことのないエリンギもいつの間にか絶対に嫌い!
 
 
さらに、きのこ類は見るのも嫌!という時期までありました。
 
 
こんな風に極端にネガティブな発想になるのは、脳の特性のひとつなのです。 
 
 
この独特の感性や考え方を、お母さんはなかなか想像できないので、子どもの気持ちがわからずに悩んでしまうのですね。
 
 
 
 
 

嫌いなものが入っているから嫌だというこだわり

 
 
シイタケの一件で、キノコは全部嫌い!というイメージを子どもが持ってしまいました。 
 
 
お鍋を覗いてシメジを見つけると、大好きなカレーなのに全く食べなくなった時期があります。 
 
 
「きのこの匂いがついてしまったからもう食べられない」と言っていました。
 
 
まさか匂いがつくわけないじゃない!と最初は正直思いましたが、子どもはそう感じるのです。 
 
 
発コミュでは、子どもの認知(感じ方)は変えようとしません。 
 
 
匂いがついているかも!というのは子どもの感じ方なので、尊重してあげるのです。 
 
 
「そんなことないよ、大丈夫だよ」「においなんて感じないよ?」とつい言ってしまいそうになりますが、それは子ども自身を否定することにもつながります。 
 
 
子どもが嫌だと感じることを、親であっても、誰であっても否定することはできませんよね。 
 
 

ですので「そうなんだね、匂いがついてそうって思うんだね」と言うだけで大丈夫。 

 

これが肯定の声かけです。 
 
 
子どもがお母さんに分かってもらえた!と感じられる経験を増やしていきましょう。
 
 
【期間限定 2月末まで】
 
繊細ちゃんに折れない心が育つ!
正しい甘やかし方がわかります

↓↓↓
 
 

3.偏食が和らいだ味見作戦とは?

 
 
 偏食をどうにかしようと食べ物を勧めるのをやめて、楽しい食事の時間を過ごせるようになったころから、試してみたことがあります。 
 
 
お料理の最中に「これおいしい~!あま~い!」とお母さんがひとり言をつぶやくのです。 
 
 
ちょうど子どもがトイレに立ったときなど、何にも没頭していないときを見計らって言ってみてください。 
 
 
もちろん、興味がないという態度のときもありますが、「何がおいしいの?」と、そのままキッチンに来てくれることがあるのです。
 
 
そんなときは「このオクラとれたてですごく甘かったよ。味見してみる?」など味見に誘ってみました。 
 
 
この「味見」という行動が我が子にとてもはまりました。 
 
 
普通に食事のときに「ひとくち食べてみない?」と聞いても「いらない」と言われ続けていました。
 
 
けれど、味見作戦は「ょっとだけ」と食べてくれることが多いのです。 
 
 
もしも嫌いでも、キッチンならばすぐに口からだしてうがいができる安心感、食卓ではなくキッチンに立って食べるいう非日常的な場面。 
 
 
そして、味見を任されている、頼りにされているという気持ちになるのが良かったのだと思います。 
 
 
味見をすることで、今まで口もつけなかった食材が意外とおいしいと知ることができ、本当に少しずつ食べられるものが増えていきました。 
 
 
また、キッチンに来たときに、きのこを見ただけで嫌がることが徐々になくなっていきました。 
 
 
私は、嫌いなものに対するアプローチはなにもしていません。 
 
 
ただ、好きそうなものや食べたことのないものの味見をお願いして、いつも肯定的に接し、コミュニケーションを増やす会話を意識しただけです。 
 
 
キッチンに来る回数が増えたことで、きのこの匂いに対する嫌悪感も知らず知らずのうちに和らいだのかもしれません。 
 
 
いつの間にかしめじが入ったカレーを食べることができるようになっていたのです! 
 
 
 
 
 
いかがでしたか?
 
 
コミュニケーションで極度の偏食を和らげて、ぜひ楽しい食事の時間を過ごしてくださいね。
 
 
▼偏食についてお悩みの方はこちらもおススメです▼ 
 
 
発達障害かどうかは関係ない!すべての子育てママへ贈る有料級の情報はこちらから

▼ご登録はこちらから

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 
\新しい環境でも困らない/
自己コントロールができない子の
社会で生き抜く力を育てる
無料教材です!
↓↓↓
 
 
執筆者:作倉 帆香
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)
発達の専門家が教える!脳を伸ばして子育ての悩みを解決する方法~1日1分無料メール講座~
無料登録で特典を受け取る
発達の専門家が教える!脳を伸ばして子育ての悩みを解決する方法~1日1分無料メール講座~
無料登録で特典を受け取る
タイトルとURLをコピーしました