個別相談の声

息子の特性をしっかり把握できました

更新日:

Y.O(小学1年男子のママ)さん


◆小学校に入り悩ましい出来事が多々起こるように

1)個別相談を受けるきっかけは何ですか?

小学校に上がって、泣いたり怒ったりしているという報告が増えました。

遠足の付き添いで実際に息子の状況を目にしていたが、習い事などで失敗したとき「死にたい」と言い出したのです。

もともとグレーだと思っていましたが、過去の経験から療育でよくなると思えず、引っ越し予定もあり病院へ行くのは
あきらめていました。

そんなときに、知りたかったことの書いてある発達サプリに出合い、ネットで相談できたのがきっかけです。

 

◆自分の意図が伝わらないと怒ったり泣き出してしまう

2)個別相談を受ける前に困っていたことは何ですか?

うまくできない、時間が足りないときに拗ねてしまうこと、鉛筆を使うことがストレスで宿題を嫌がること。

自分の意図が伝わらないときに、怒り泣きすることです。

 

◆息子の特性がわかりました

3)個別相談を受けてどんな気づきがありましたか?

息子はASDとLDに関連し、特にネガティブになりやすく不登校にもなりやすいタイプとわかりました。

パステルの子ども自身、早い子では幼稚園から「自分は周りと違う」という気持ちを持っているということも分かりました。

 

◆自分の対応を変える必要があると思った

4)個別相談後、発達科学コミュニケーション講座を受けようと思った決め手は何でしたか?

自分の対応を変える必要があることがわかり、断片的な情報より講座として継続して教えてもらったほうがいいと思ったからです。

 

◆専門家目線で話していただき安心できました!

5)個別相談では、吉野加容子はどんな人でしたか?

とても話しやすく、困っていることをすんなりとわかってくれて、専門家として話してくれたので安心できました。

 

◆相談先が何ヶ月も待ち状態の人におすすめです!

6)個別相談はどんな人におすすめですか?

発達について困っているけれど、病院は何ヶ月も待たなければならない。
療育が遠くて通うのが大変。
子どもが受診や療育を嫌がっているという人にオススメです。

 

「1日1分メール講座」無料で毎日情報をお届けしてます。
▼ご登録はこちらから!

▼子どもの発達がぐんぐん伸びる情報が毎日届きます!

-個別相談の声
-, , , , ,

Copyright© パステル総研 , 2019 All Rights Reserved.