大学受験を控えた発達障害グレーゾーンの強すぎる不安をやわらげた秘策とは?

 

大学受験を控えた発達障害グレーゾーンの受験生の強すぎる不安のために、勉強が手につかない状況に困っていませんか?発達障害の子どもは、これまでの失敗経験の記憶から不安になりがちです。ここでは、子どもの不安感をやわらげたその時の対応についてお話しします。
 

【目次】

1.発達障害グレーゾーンの大学受験生の不安が強すぎて勉強が手に付かない 
2.行動が止まる原因は強すぎる不安にあり!
3.発達障害グレーゾーンの大学受験生の不安をやわらげる対応とは?

 
 

1.発達障害グレーゾーンの大学受験生の不安が強すぎて勉強が手に付かない

 
 
大学受験を控えた発達障害グレーゾーンの受験生が、強すぎる不安のために、勉強が手につかなくなり、困っていませんか?
 
 
うちには大学受験を目指す予備校生の息子がいます。
 
 
1年前の息子は無気力状態で、私は息子の将来に不安いっぱいで発コミュを始めました。
 
 

 
 
再度、大学受験に挑んだ予備校生生活。
 
 
途中、強すぎる不安から、息子は勉強が手につかない状態になってしまいました
 
 
ですが、発コミュで発達凸凹っ子の特性を知った私は、息子の強すぎる不安をやわらげる対応をとることができました
 
 
\おうちで脳の発達を加速させる/
1日5分から取り組める
約40種類の教材を
無料でダウンロードできます!
↓↓↓
 
 

2.行動が止まる原因は強すぎる不安にあり!

 
 
発達障害の子の脳は、特性のためにネガティブな記憶をため込みやすく、これまでの失敗経験の記憶が残っています
 
 
そうしたネガティブな記憶は、脳内の扁桃体を活発させ、活発化した扁桃体は不安感情を引き起こします。
 
 
強すぎる不安は、受験勉強という行動をストップさせてしまうのです。
 
 
受験生が勉強しないとなると、親まで不安に陥ってしまいますよね。
 
 

 
 
反対に、脳は“楽しい”と感じると、ずっと行動し続けることができるんです!
 
 
【期間限定 6月末まで】
 
繊細ちゃんに折れない心が育つ!
正しい甘やかし方がわかります

↓↓↓
 
 

3.発達障害グレーゾーンの大学受験生の不安をやわらげる対応とは?

 
 
お子さんが時の経過を忘れる程に夢中になれること、やり終えた後に“楽しかった~”と感じられることは何か?
 
 
お子さんの興味のあることから行動を起すことが解決のカギになります。
 
 
私の息子は、幼い頃から工作や絵を描くことが好きでした。
 
 
特に粘土工作は、自分の頭の中で描いたものを形にできるところが楽しいそうです。
 
 
そこで息子が、強すぎる不安から受験勉強が手につかなくなってしまった時、私は息子に粘土工作をするようにすすめました
 
 
すると息子は使い勝手のよい粘土を探すところからはじめ、二次元のマンガの絵から三次元の作品を創りだしました。
 
 
その出来映えは、親バカかもしれませんがかなり精密で見事。
 
 
完璧主義があるから、自分が許せなくて勉強に行き詰まってしまう、けれど完璧主義があるからこそ作品の完成度は高まります。
 
 

 
 
息子はしばらく粘土工作ばかりの生活でしたが、徐々に不安が落ち着くとできる範囲で勉強を再開しました
 
 
子ども自身、勉強しないといけないことは十分すぎるほどに分かっています。
 
 
分かっていても、どうすれば不安を和らげられるのかが分からないために、本人は困っているのです。
 
 
身近にいる親は、お子さんに適した不安解消法を提案してあげられるといいですよね。
 
 
この記事が大学受験を支援する方の一助になれば嬉しいです。
 
 
 
 
発達障害・グレーゾーン大学受験生の「無気力」については、こちらから!

▼ご登録はこちらから

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 
▼無料小冊子プレゼント▼
♡小冊子のご感想
読んだことを実践してみたところ、この数日、癇癪がやわらいでいます。指示出しゼロの効果に驚いています!(小1 女の子のママ)
 
\子どもが素直になる朝の声かけ35つき/
癇癪・暴力がスッとおさまる!
脳科学に基づく接し方
↓↓↓
 
 
 
執筆者:宝井あつみ
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)
発達の専門家が教える!脳を伸ばして子育ての悩みを解決する方法~1日1分無料メール講座~
無料登録で特典を受け取る
発達の専門家が教える!脳を伸ばして子育ての悩みを解決する方法~1日1分無料メール講座~
無料登録で特典を受け取る
タイトルとURLをコピーしました