グレーゾーン 発達障害

発達障害・グレーゾーンの子どもに多い、何度も同じことを聞いてくる子への対応とは。

更新日:

発達障害・グレーゾーンの子どもに多い同じ質問の繰り返し。毎回答えることに疲れていませんか。これは、安心を得たいお子さんからのメッセージです。子どもの気持ちに寄り添うことで同じ質問をしてくる回数をグッと減らす対応をお伝えします。
 

【目次】

 

1.発達障害・グレーゾーンの子どもは、なぜ同じ質問ばかりするの?

 
 
発達障害・グレーゾーンの子どもの中には、同じ質問を繰り返し聞いてくる子どもがいます。
 
 
質問の内容はそれぞれ違いますが、子ども自身がもう既に答えがわかっているものだったり、お母さんからの回答が決まっていたりするものが多いのが特徴です。
 
 
お母さんは、何度も同じ質問をしてくる子どもに、「この子、理解していないのかしら?」と疑問や不安を抱いてしまいますよね。
 
 
これは発達障害・グレーゾーンの子どもに多い行動。同じ質問をすることでお母さんから決まった(自分の期待通りの)回答が返ってくることで安心感を得ているんです。
 
 
お子さんの質問のパターンを思い返してみてください。同じ質問をする時って、状況のパターンが決まっていたりしませんか?
 
 
特に不安の高い発達障害・グレーゾーンの子どもは同じことを繰り返すことで安心すると言われています。しかも、そのやりとりがお母さんとのコミュニケーションツールの1つになっている可能性もあります。
 
 
子どもが安心を得るために、同じ質問を繰り返すことが多くなっているのです。
 
 
 
 

2.毎回同じことのやりとりでお母さんが疲れていませんか?

 
 
子どもから毎回同じことを聞かれ、それに対して答えるというやりとりに疲れていませんか?
 
 
他人からしたら、そんなこと毎回答えてあげれば済むことじゃん!と思うようなことかもしれません。しかし、毎日となるとお母さんのストレスも増大していきますよね。
 
 
実際、私も娘からの同じ質問を同じ状況でされるというパターン化にとても悩みました。しかも毎日…だんだんとイライラする気持ちが募りキツイ言い方で返してしまったり、あろうことか無視したりしてしまったこともあります。
 
 
 
 

3.わかっていても何度も聞いてきた我が家の娘

 
 
私が悩んだ我が家の娘のことをお話しします。
 
 
状況のパターンとしては毎日の犬の散歩の時でした。
 
 
我が家には犬がいます。犬の散歩は毎日夕方に私と娘と一緒に行っていました。娘には家を出る前から散歩に行くことを伝えて一緒に行くようにしています。
 
 
しかし、約1回が1時間前後の散歩の間に、娘から5回、いやそれ以上、「今からどこいくの?」と質問が繰り返されるようになりました。
 
 
初めのうちは、「〇〇(犬の名前)の散歩だよ〜」と返していましたが、あまりに何回も聞いてくるので理解していないのかな?と思い、詳しく説明するようにもなりました。
 
 
でも質問の嵐は止まりませんでした。そして聞き方もいつも一緒です。
 
 
初めは状況を理解していないんだな、と思っていましたが、時が経つに連れ本当に理解していないのか?という疑問が膨らみ、娘に質問返しをしてみたことがあります。
 
 
すると、しっかり状況を理解している回答をしたのです。分かっているけど何回も聞きたいだけなんだ、という確信に変わりました。
 
 
状況をしっかり理解しているのに、どうして何回も聞きたくなるのでしょうか?
 
 
 
 

4.真の安心感を与え同じ質問の回数をグッと減らす対応とは

 
 
状況の理解をしているけれども何度も聞く子どもが、本当に欲しいのは安心感です!
 
 
娘の事例でお話しした通り、状況を理解している上で質問してきていることがわかれば、もうお母さんは子どもの気持ちに寄り添ってあげるだけです。
 
 
「何度でも聞いて良いよ。ママは何度でも答えてあげるから大丈夫だよ!」と質問をしてきたときに返してあげてください。
 
 
そして「あなたが思っている回答は間違えていないよ」ということを伝えてあげてほしいと思います。
 
 
子どもにとってコミュニケーションツールの1つになっている場合には、お母さんが自分を受け入れてくれたという安心感を得ることができます。
 
 
また、子どもが自分の答えに自信がない場合には、これで大丈夫なんだ!という安心に変わります。
 
 
同じことを聞いてきたときに、丁寧に子どもの気持ちに寄り添い、真の安心感を与えてあげることで結果お母さんも楽になれるのです。
 
 
実際に、娘にもこれまでお伝えした対応を続けたところ、数日で聞かなくなりました。
 
 
同じ質問の繰り返しで悩んでいるお母さんはぜひ今日から試してみてください。気がついた時には、もう今悩んでいる質問の嵐は過ぎ去っているかもしれませんね。
 
 
我が子に行った対応があなたの困りごとの解決のヒントになれば幸いです。
 
 
 
 
執筆者:みずおち梨絵
(発達科学コミュニケーショントレーナー)
 
 
子どもとの良好なコミュニケーションを応援します。
▼ご登録はこちらから!

▼子どもの発達がぐんぐん伸びる情報が毎日届きます!

-グレーゾーン, 発達障害
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2019 All Rights Reserved.