Nicotto 地域情報 発達障害

【Nicotto!限定】気軽に伝統文化を体験!インパクト絶大で記憶に残る”なまはげ”との出会い~東京都・AKITA DININGなまはげ~

更新日:

発達障害の子どもに楽しい思い出を残したい!と思う方は記憶の特性について学んでみましょう。旅行やおでかけの際にどんな場所に連れて行けばいいのか分かりますよ!息子の記憶にバッチリ残った、“なまはげ”体験についてもお伝えします。
 

【目次】

1.海外在住だからこそ、子どもは「日本人」として育てたい
2.脳の記憶の特性を生かした、日本を好きにする大作戦!
3.都内で気軽になまはげ体験!なまはげとのお約束は強力です

 

1.海外在住だからこそ、子どもは「日本人」として育てたい

 
 
発達障害・グレーゾーンに関わらず、子どもには日本の伝統文化を学んでほしいと思っていらっしゃるお母さんはたくさんおられると思います。
 
 
日本には四季折々の行事に加えて、それぞれの地方ならではの風習もあります。私は四国の出身ですが、大学時代は関西で過ごしました。四国と関西、近いように見えて様々な習慣の違いがあり戸惑ったこと、興味深かったこと、たくさんの思い出があります。
 
 
今私は主人の転勤で家族で台湾に住みながら、2人の幼稚園児を育てています。海外に住んでいると、大人も子どもも現地語を覚えたり現地の風習にそったりする場面も多くなります。我が家のように、子どもが発達障害だと現地語で療育を受けることもあります。
 
 
このように、海外の生活が長いと、生活をスムーズに送るため現地に溶け込んで過ごす場面が多くなります。一方で、海外に住んでいるからこそ、子どもの「日本人」としてのアイデンティティを育てたいという思いも強くなります。
 
 
海外で育っても、日本人として恥ずかしくない日本語力や習慣を身に着けてほしい。
将来、海外でも日本でも、子どもが好きなところで生きていける選択ができるように。
 
 
発達科学コミュニケーションのメソッドを使いながら、母語である日本語でしっかりとコミュニケーションし、現地と日本のいいとこ取りの子育てをしたい!と試行錯誤の毎日を送っています。
 
 
今日は、そんな我が家の一時帰国でのお話をさせていただきたいと思います。
 
 
短い期間の中で、いかに子どもたちに「日本」を体験させて、楽しい思い出を作ってあげられるか。発達科学の視点でも、日本の文化を学ぶという点でもぴったりな場所が東京にありました。
 
 
 
 

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。

ユーザのログイン
   

▼子どもの発達がぐんぐん伸びる情報が毎日届きます!

-Nicotto, 地域情報, 発達障害
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2019 All Rights Reserved.