Nicotto 学習障害 対応 発達障害 自閉症スペクトラム

【Nicotto!限定】公園で〇〇を探せ!不注意な発達障害の子どもの「見る力」を伸ばす方法とは

更新日:

発達障害のお子さんで「お母さん、○○がない~!」と探し物が見つけ出せない、不注意な子に困っているお母さんに朗報です!ポイントは見る力を伸ばすこと。実は公園であるものを探すことがぴったりのトレーニングになるんです。

【目次】

1.目の前にあるおもちゃに気づかない!?発達障害の不注意な子どもたち
2.探し物が見つけられないのは「見る力」が足りないから!?
3.見る力を育てるには外遊びが最適!効果を増す遊び方とは

 

1.目の前にあるおもちゃに気づかない!?発達障害の不注意な子どもたち

 
 
発達障害やグレーゾーンのお子さんは不注意な子が多いと言われています。
 
 
例えば、目の前にあるおもちゃに気づかずに、「お母さん~!僕の○○どこに置いたの!?」と怒ったり泣いたり。うちの息子のことです(笑)
 
 
「おもちゃ、目の前だよ!」と教えてあげるだけなのに、時間がないときや心に余裕のないときは
 
「そこにあるじゃない!なんで気づかないの!?」
「お母さんは一切触ってません!!」
 
とついつい塩対応になってしまうこと、ありませんか?
 
 
これぐらいさらっと対応したらいいと思うのですが、毎日のことであれば「またか…」とうんざりしますよね。
 
 
今日は、ある力を鍛えることで発達障害の子どもの不注意さを改善する方法をお伝えします。
 
 
 
 

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。

ユーザのログイン
   

▼子どもの発達がぐんぐん伸びる情報が毎日届きます!

-Nicotto, 学習障害, 対応, 発達障害, 自閉症スペクトラム
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2019 All Rights Reserved.