Nicotto グレーゾーン 学習障害 発達教材

【Nicotto!限定】聴覚・視覚を刺激して、発達障害・グレーゾーンの子どもの「言葉で言うのは苦手!」を克服する~音を言葉で表現してみよう~

更新日:

目に見えない「音」に注意を向け、言葉で表現してみましょう。多くの音の中からひとつを選ぶ経験は、発達障害・グレーゾーンの子どもの聴覚を鍛えます。音を言語化し表現力を養い、その正体を探すことで視覚も強化。脳がぐんぐん発達する教材を紹介します。
 

【目次】

 

1.発達障害・グレーゾーンの子どもは、注意力散漫でソンをしている!

 
 
発達障害・グレーゾーンの子どもは、注意力が散漫になり、いろいろな場面で損をしています。先生の話を聞きもらして忘れ物をしたり指示に従えなかったりして、叱られることもしばしば。
 
 
友だちの話を最後まで聞けないこともあり、話の途中の自分勝手な思い込みで間違った理解をしてしまい、トラブルが起きてしまいます。
 
 
また、作文などで文章を書くとき、目に見えていないものを書くのに、とても苦労していますね。
 
 
目を閉じて集中したときに 聞こえた「音」について書き出すことで、聴覚・視覚・言葉の表現力を同時に鍛える楽しいトレーニングがあるのです。
 
 
 
 

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。

ユーザのログイン
   

▼子どもの発達がぐんぐん伸びる情報が毎日届きます!

-Nicotto, グレーゾーン, 学習障害, 発達教材
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2019 All Rights Reserved.