Nicotto グレーゾーン 対応

【Nicotto!限定】感覚過敏のあるHSCや発達障害の子は集団生活が苦手?対応のコツは?

更新日:

集団生活は刺激がいっぱい!その刺激に過剰に反応してしまい、集団生活に苦手意識をもっている子はいませんか?HSCや発達障害の子の感覚過敏の原因と対応のコツについてお伝えします。
 

【目次】

 

1.集団生活は刺激がいっぱい

 
 
私は現在、小学校でスクールカウンセラーをしています。家で家族だけで過ごす場合とは違い、保育園や幼稚園、小学校などでの集団生活は、何かと刺激が多いもの。そんな中で子どもたちから、
 
「お友達と合唱するの大嫌い」
「周りの人と目を合わせられない」
「ペアになって手をつなぐの苦手」
 
などの訴えを耳にすることがあります。
 
もしかしたら、これらの反応は感覚過敏が原因で起きていることかもしれません。感覚過敏は、刺激に過剰に反応しすぎてしまうことです。反応しすぎる刺激の種類によって、聴覚過敏や視覚過敏、触覚過敏などに分けられます。
 
 
HSC(ひといちばい敏感な子)や発達障害・グレーゾーン(パステル)の子たちの中には、この感覚過敏のために、集団生活に苦手意識をもってしまう子がいます。 次の章では、対応策を考えるためのヒントになる感覚過敏が起こる理由をお伝えします。
 
 
 
 

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。

ユーザのログイン
   

▼子どもの発達がぐんぐん伸びる情報が毎日届きます!

-Nicotto, グレーゾーン, 対応
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.