グレーゾーン コミュニケーション

空気が読めない発達グレーの子⁈空気を読むより大切な力はこれ!

更新日:

空気が読めない発達グレーの子どもにハラハラ…ヒヤヒヤさせられる場面って結構ありますよね。でも空気が読めなくても自分の意見が言えるということは大事ではないでしょうか?それはなぜか…実体験をまじえながらお話していきます!
 

【目次】

 

1.空気が読めないことでサッカーの練習時間に場の空気が凍り付く!?

 
 
発達グレーの子どもの特性として空気が読めないということがありますよね。
 
 
暗黙のルールがわからない                          
本音と建て前の区別がつかない                         
ここ、黙っておくところでしょ…というところで発言してしまう
 
 
など、 そんな発達グレーのお子さんにハラハラ…ヒヤヒヤしているお母さんはいませんか?
 
 
実は先日こんなことがありました。 息子のサッカークラブの練習中のことです。
 
 
いつもの練習をしていたのですが、クラブの全員がダラダラと集中せず、コーチが見かねて全員を呼び、話が始まりました。
 
 
「このままの状態では、練習にならない。できなくてもいいし下手でもいい。 でも、一生懸命やることはできるんじゃないか!?それができないなら、辞めてもらってもいいです!」
 
 
とみんなの前で話をされ、みんなが少しピリッとした雰囲気になったとき… 息子が「僕、辞めます!」と手をあげて、発言したんです。
 
 
「え!?」
 
 
普通だったら、そんなこと言える雰囲気ではないから言わないと思うんです。 (息子は、絶賛サッカーイヤイヤ期でした。) そんな中息子は、堂々と発言したんです。
 
 
息子の空気の読めない一言で、一瞬場の空気が凍り付いたのは事実です。けれど、あえて言わせてください! 空気を読めなくても、自分の意見が言えることって、大事ではないでしょうか!?
 
 

 
 

2.自分の意見が言えることが大事な理由

 
 
私は、このような状況で自分の意見をきちんと言えたことに感心したんです。以前の自信がなく、自己肯定感が低いままの息子なら言えなかったでしょう。
 
 
こういう場面でなくても、自分の意見を言えずに、内に溜め込んだままだとどうなると思いますか?
 
 
機嫌が悪くなります
家でイライラグズグズします
ものに当たり散らしたりすることもあるかもしれません
 
 
子ども自身も、理由がわからなかったり、イライラグズグズしている気持ちを伝えられないので、家庭内で言い合いやバトルが勃発します!
 
 
しかし、今回のように例え空気を読めていなかったとしても、自分の意見を言えることで、機嫌が悪くなることもなく、そこから一歩進んだ解決法を話し合うことができるのです。
 
 
言葉数が少ない子 語彙力が少ない子
自信がなくて、自分の意見を言えない子
口達者ではあるが、自分の気持ちを表現するのが苦手な子
 
 
いろいろなタイプのお子さんがいますが、 誰もが言葉で自分の気持ちを表現する力・伝える力をつけていくことは、とても重要なのです。この力が子ども自身を守ってくれ、困ったことを解決してくれます。
 
 
どういうことだかわかりますか?
 
 
発達グレーの子は、特性により日常生活で困ってしまうことがあります。
 
 
例えば、一度にたくさんのことを言われると、頭がいっぱいになってキャパオーバーになり、どうしたらいいのか、何をしたらいいのかわからなくなる。はじめに言われたことに気を取られているあいだに、次のことを聞き逃したりする。
 
 
得意なこともあるけれど、不器用だったりして、なかなかできないこともあります。
 
 
そんなとき「これは苦手だから助けてほしい!」と言えるかどうか、伝えられるかどうかが大切です。
 
 
言葉で表現する・伝える力がついていたならば、その子の成長発達のタイミングに合わせて、あとは、人に伝わるようにテクニックを教えてあげればいいだけなのです。
 
 

 
 

3.空気が読めない発達グレーの子が自分の気持ちを表現する力・伝える力をつけるために大切なこと

 
 
空気が読めない発達グレーの子どもに大切なことは「お家での安心できるお母さんとのコミュニケーション」です。
 
 
まずは、お母さんと楽しいコミュニケーションを通して、「コミュニケーションって楽しいな!」「話しが伝わるって楽しいな!」というように、自分の意見を言って相手に認められる、わかってもらえるという体験を重ねてください。
 
 
お母さんとのコミュニケーションでしっかりと意思疎通の成功体験を積みましょう! 例えば子どもの発言に対して、
「へー、そうなんだ!」
「お母さんもそう思うよ!」
なんていうさりげないやりとりだけでも、子どもに成功体験を作ってあげることができます。
 
 

 
 
成功体験を積むことで自信につながり、今はまだ、自分の意見が言えない子も、次第に意見を言えるようになっていきます。自分の意見が言えるようになったらしめたもの。
 
 
例え空気が読めていなかったとしても、自分の意見が言えるということは素晴らしいことです! たくさん褒めてあげてください
 
 
それから、お子さんの成長発達に合わせて、シチュエーションに応じて、テクニックを教えてあげたらいいですね!
 
 
楽しくコミュニケーションをとるうちに、社会で通用するコミュニケーション能力も身についていきますよ。 子どもの持っている隠れた力をお母さんがどんどん引き出してあげましょう!
 
 
私たちの子どもには、隠れた力がまだまだ眠っていると思います。ぜひ参考にしてくださいね。
 
 
どこに行っても解決しない、本にもかいていない発達グレーの子どもの悩み解決法 配信中 
▼無料で毎日情報をお届けしています
Nicotto!塾生募集中
 
 
執筆者:今村裕香
(発達科学コミュニケーショントレーナー)

-グレーゾーン, コミュニケーション
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.