Nicotto 幼児 自閉症スペクトラム

【Nicotto!限定】発達障害トランプで発達障害の子のワーキングメモリを鍛える!スモールステップで楽しく遊べる神経衰弱

更新日:

ワーキングメモリを鍛えるのにぴったりなのがトランプを使ったゲームです。ただし、いきなりやるのは絶対にNG!発達障害・グレーゾーンのお子さんでワーキングメモリに課題がある子、反対にワーキングメモリを武器にできる子で遊び方を変えましょう!
 

【目次】

 

1.脳のToDoリストを使いこなせ!ワーキングメモリとは

 
 
・○○やってきて、と頼んだのに途中で忘れる
・板書が苦手で何度も黒板を見る
・先生が口頭で話したことをメモできない
・うまく会話がかみ合わない
 
 
発達障害・グレーゾーンのお子さんで、こんなお悩みはありませんか?これらのお悩みは、すべて「ワーキングメモリ」が大きくかかわっています。
 
 
ワーキングメモリとは必要な情報や記憶を一時的に留め置いて、情報処理を行う機能のことです。
 
 
といっても分かりにくいので、私はいつも「脳のTODOリスト」とイメージしています。
 
 
例えば、お買い物。夕飯の買い物に行く前、冷蔵庫をチェックして購入する食材を把握してスーパーへ。レジでお金を払う頃には家を出るときに「これを買おう!」と思ったことなどすっかり忘れていますよね。
 
 
このように、長期的な記憶とは違ってずっと覚えておくのではなく、
 
 
・いったん覚えて(冷蔵庫の食材を頭に入れる)
・情報整理して(買い物リストを作る)
・使ったら消す(リストを消す/忘れる)
 
 
という3つの要素があるのがワーキングメモリの特徴です。
 
 
ワーキングメモリに課題がある子は単純に覚えることが苦手というだけでなく、情報整理が苦手、情報を思い出すのが苦手、使い終わったのに消すのが苦手など、さまざまな要因が考えられます。
 
 
この記事では、「覚えて/消す」に着目したゲームをご紹介します。お母さんとの楽しいゲームの時間でワーキングメモリを鍛えちゃいましょう!
 
 
 
 

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。

ユーザのログイン

10   +   7   =  
   

▼子どもの発達がぐんぐん伸びる情報が毎日届きます!

-Nicotto, 幼児, 自閉症スペクトラム
-, , , , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.