Nicotto 幼児 自閉症スペクトラム

【Nicotto!限定】幼稚園でやっていた!楽しく「思いだす」チカラを鍛える超簡単トランプゲーム

更新日:

発達障害・グレーゾーンで記憶力、特に「思い出す」チカラに課題があるお子さんにぴったりの楽しいゲームをご紹介します。実際に幼稚園でも実施されていて、子どもたちが大盛り上がりするゲーム、ぜひおうちでも試してみてください!
 

【目次】

 

1.覚えたものをパッと思い出せますか?

 
 
発達障害・グレーゾーンのお子さんで、「記憶」に課題がある子はとても多いですよね。
 
 
言われたことをすぐ忘れる
漢字や公式、英単語を記憶できない
 
 
など、記憶に課題があると日常生活だけでなく学習面にまで影響があります。
 
 
記憶には、漢字や社会のルールなど覚えたら長期的に使うものと、黒板の板書や買い物リストのように使ったら忘れていいものがあります。
 
 
ここで注目したいのが、覚えていないのか?思い出せないのか?ということです。
 
 
「あれ?この言葉、漢字でどうやって書くんだったっけ?見たことあった気がするのに…」
 
「カレールウはあったかしら?ルウの箱は入ってたけど、あれってもしかしてシチュー!?」
 
 
という経験、誰にでもありますよね。
 
 
「見た」という記憶があるのに、詳細までは思い出せない。すごくイライラしませんか?
 
 
もし、お子さんが「覚えているのに思い出すのが苦手」なタイプであれば、こんなイライラを終始抱えていることになります。
 
 
せっかく覚えているのですから、「パッと思い出せる」状態にしておけば、日常生活や学習面がとてもスムーズになります。
 
 
実は日ごろから「あれ?」ということが多い私。「お母さん、○○だったよ!」と子どもに教えてもらっている状況を何とかしたい!と思っていたところ、幼稚園の参観日にやっていたゲームがすごく効果的だったのでご紹介します!
 
 
 
 

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。

ユーザのログイン
   

▼子どもの発達がぐんぐん伸びる情報が毎日届きます!

-Nicotto, 幼児, 自閉症スペクトラム
-, , , , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.