Nicotto パステルキッズの明るい未来 小学生

【Nicotto!限定】不登校になった真面目な小学生女子が吐き出した本音!母親がすべきこと・気づけたこと ―前編―

更新日:

真面目さと繊細さゆえに心も身体も疲れ切ってしまい、不登校になってしまった4年生の女の子。不登校の経緯と、お子さんが本音の気持ちを打ち明けてきた過程、そして、母親として気づけた気持ちをお伺いしました。
 

【目次】

 

1.「もうダメ…限界かも」不登校になったきっかけ

 
 
友人から、小4のときに不登校になっていたお子さん(現在5年生)が、今は再登校できている話を聞きました。
 
 
今では不登校だったとは思えないほど明るいお子さんで、親子関係も良く、そのときのことを一緒に笑って話すほどの信頼関係が築けていらっしゃいます。
 
 
不登校から再登校できるまでの道のりで、様々な大切なことに気づくことができたそうです。
 
 
母親のTさんにそのときの様子をお聞きしていきます!
 
 

ーーー不登校になったきっかけや様子を教えてください。

 
 
「小4に進級して、クラスが替わったときに、席が近いやんちゃな男の子からちょっかいを出されて嫌だったのが、直接の原因ですが…」
 
 

ーーーほかにも気になるところがあったのですか?

 
 
「実は、兆候があって… 精神的な疲れがたまっていたみたいでした。
 
小学4年生に進級する前から、疲れや精神的なプレッシャーで頭が痛い、吐き気がする、動けないと言って、体調が思わしくありませんでした。」
 
 

ーーーお子さんの精神状態は、限界に近かったのでしょうか?

 
 
「そうだったと思います。そんな状態で始業式を迎えて、学校生活が始まったものの、
 
・男の子からちょっかいを出される…
 
・仲の良いお友達と一緒のクラスには、なれなかった…
 
・担任の先生は、転任してきたばかりの知らない先生…
 
こんな風に不安が重なってしまい、 『もう、ダメ』と思ってしまったようで、始業式から10日ほどは、頑張って登校したのですが、それ以降は登校できなくなってしまいました。」
 
 

ーーーお子さんは、学校へは行きたい、でも行けない状態だったいうことですね。

 
 
「はい。本人は『学校に行きたい』と用意をして玄関を出ようとするけど、体が動かない。でも、学校を休むと行きづらくなるから『行きたい… 』という状態でした。」
 
 

ーーー

 
 
真面目すぎて周りにも気を使い、身体も心も疲れ切ってしまって学校へ行けなくなってしまった娘さん。
 
 
お子さんが、「行きたい」と言うけれども、「行けない」という状態では親としてもどうして良いのかわからないですよね。
 
 
では、次の章では、お母さんがどのようにサポートしていったのか聞いていきたいと思います。
 
 
 
 

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。

ユーザのログイン
   

-Nicotto, パステルキッズの明るい未来, 小学生
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.