リサーチャーの声

悩んでいるお母さんが笑顔になれるお手伝いがしたい!

更新日:

深井淳子さん


◆もっと勉強し研究したい!

1)リサーチャーになりたいと思ったきっかけはなんですか?

発達講座を受け、子どもがどんどんと良い方向に変わっていくことを実感できたので、もっと勉強し研究したいと思いました。

 

◆癇癪とパニックでクラスで授業が受けられない

2)リサーチャーになる前はどんな問題がありましたか?

小4の1学期は、授業中の癇癪とパニックで、ほとんどの授業がクラスのみんなとは一緒に受けられず、保健室、言葉の教室、会議室でクラスのみんなとは別のところで授業を受けていました。

朝はクラスに行っても授業の途中でパニックになり、教科書、ノート、プリントはビリビリ…授業の途中で外に出てしまうことも多く、5月の運動会の練習もほとんど見学や養護の先生と草取りをしたりという状態でした。

運動神経は良い方で、リレーの選手にも選ばれたのですが、自分に自信がなく、リレーの選手も自分から辞退。運動会当日は私には「絶対に見に来ないで」と言うほどでした。

 

◆子どもがクラスで楽しく過ごせるように。

3)リサーチャーになり、ご自身やお子さんはどう変化しましたか?

私自身、子どもを叱ることがかなり減りました。

子どもの良いところを見るようになり、子どもは癇癪が減ってきてクラスでも楽しく過ごせるようになりました。

 

4)リサーチャーになり、ご自身のライフスタイルや子育てはどう変化しましたか?

子どものことをよく観察し、子どもの行動を研究するようになりました。

 

◆全ての親子の笑顔を作るために

5)リサーチャーにとって、吉野加容子はどんな人ですか?

勉強、研究し続けることの大切さを教えてくれる人。

全てのお母さんと子どもたちの笑顔を作るために、どうすれば良いかを考えさせてくれる人です。

 

◆お母さんが笑顔になれるお手伝いがしたい

6)発達科学コミュニケーションリサーチャーとしての夢は何ですか?

まずは子どもの観察と研究をし、私のように悩んでいたお母さんが笑顔になれるお手伝いができればと思います。

 

「1日1分メール講座」無料で毎日情報をお届けしてます。
▼ご登録はこちらから!

▼子どもの発達がぐんぐん伸びる情報が毎日届きます!

-リサーチャーの声
-, , , , , ,

Copyright© パステル総研 , 2019 All Rights Reserved.