Nicotto 発達障害 診断

【Nicotto!限定】うちの子って発達障害?診断基準を知ればもう安心!Part1

投稿日:

切り替えが苦手、こだわりが強い…これってもしかして、発達障害?と不安になることないですか?それもそのはずです!なぜこれほど、みんなモヤモヤしてしまうのか、発達障害の診断基準の特徴から解き明かします!
 

【目次】

 

1.「うちの子、発達障害なの?」という漠然とした不安を感じてないですか?

 
 
やっていることに夢中で次の活動にさそってもなかなか切り替えられない…
 
 
集団の中に入っていくのをとっても嫌がる…
 
 
こだわりが強くて、ちょっと違うと癇癪を起こしてしまって大変…
 
 
だけど、幼稚園の先生には特に何も言われていないし、
 
 
児童館に来られている臨床心理士さんに相談しても「様子見ましょう」と言われるだけだし、
 
 
でも、ネットで調べてみると、発達障害の特性として当てはまる気がする。
 
 
「もしかして、うちの子、発達障害なのかしら?」と不安になることはないですか?
 
 
それもそのはずです。
 
 
例えば、文科省の調査では、発達障害の一つと言われている
 
 
注意欠陥多動性障害(ADHD)と学習障害(LD)の
 
 
平成18年と平成29年で通級(※1)に通うお子さんの数の変化を見てみると、その11年間で
 
 
ADHDのお子さんの人数はなんと11倍
 
 
LDのお子さんの数はなんと約12倍にと
 
 
すごい勢いで増えていることが分かります!
 
 
一方、同じように通級に通う
 
 
難聴や弱視などで特別なサポートが必要なお子さんの数を見てみると
 
 
同じ期間で1.3倍しか増えていません。
 
 
文科省:平成29年度通級による指導実施状況調査結果より筆者作成
(https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/tokubetu/__icsFiles/afieldfile/2018/05/14/1402845_03.pdf)
(※1 通級とは、特別支援教育制度の一つで、通常の学級に在籍しながら、個別に特別支援教育を受けられる制度のことです)
 
 
この差は何によるのでしょうか?
 
 
色んな理由が考えられますが、
 
 
生物としての人間の特徴はそう劇的に変わることも考えられないので、ひとつは、「発達障害」という言葉に対する社会の関心が変わったことが考えられます。
 
 
実際、子育てをしていると、「発達障害・グレーゾーン」という言葉を耳にしたり目にしたりすることはたくさんありますね。
 
 
では、実際「発達障害・グレーゾーン」ってどういう状態なのでしょうか?
 
 
私は、定義を読んでもどういうことなのか、良くわかりませんでした。
 
 
これほど子育て中のママを悩ますこの概念なのに、その実態がわかりにくい!
 
 
なぜこれほど分かりにくいのでしょうか?
 
 
今日はその理由
 
 
① 発達障害かどうかを診断する基準が時々変わる
 
 
② 困っていなければ「発達障害」と診断されない
 
 
という二つの謎に迫ります。
 
 
また、日々成長していくお子さんを目の前に「今」
 
 
私たちお母さんが子どもの発達を促していくためにできる大事なことをお伝えします!
 
 
 
 

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。

ユーザのログイン
   

-Nicotto, 発達障害, 診断
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.