コミュニケーション 小学生

説明が苦手な発達障害の子の話し方を上達させるコツ、教えます!

更新日:

発達障害・グレーゾーンのお子さんで伝え方が下手で自信をなくしている方必見!お母さんが話し方を上達させるコツを覚えて親子でたくさん会話をすることで話し上手なお子さんに変わっていきます。そのコツをお教えしますね!

 

【目次】

 

1.お子さんの話し方にイライラしていませんか?

 
 
今回は、話し方がわかりにくいお子さんのスキルを上達させるコツについてお伝えしたいと思います。
 
 
・思い立ったらすぐ言葉にしてしまう
・話す順序はバラバラ
・結局何がいいたいのかわからない
・話題がどんどん変わっていく
・言いたいけど言葉が出てこない
 
 
このようなことに当てはまるお子さんをお持ちのお母さん、毎日お疲れですよね。
 
 
たとえお子さんの話すことが何を言っているか分からなくても、お母さんも最初は話を一所懸命聞いてあげていることと思います。
 
 
ですが、だんだん何をいっているのか分からなくなる。それが何度も繰り返される。
 
 
そんな状態が毎日続くとお母さんもイライラしてしまいますよね。
 
 
でもちょっと待って!
 
 
お子さんもお母さんに話したいことが伝わらないので、イライラしているのです。
 
 
親子で楽しい会話をする予定が、なぜか喧嘩腰になってしまったり、それこそ喧嘩になってしまったり…。
 
 
「また喧嘩してしまった」
「せっかく話してくれたのに結局聞けなかった」
 
 

 
 
そんな経験は、お母さんなら誰しも持っていると思います。
 
 
「もう少しわかりやすく話せたらいいな。」
 
「話し方が上手くなってほしい。」
 
 
このようにお母さんは願っておられることでしょう!
 
 
その心配なくせます! 
 
 
お子さんが説明が苦手な状況から卒業し、話し方が上達して親子の会話が楽しくなるコツをお伝えしていきますね。
 
 

2.お子さんが説明が苦手なのには理由があります

 
 
その前に、なぜお子さんはうまく伝えることができないのか?そのことから説明していきます。
 
 
1つ目は、うまく話したり伝えたりできないのはお子さんの頭の中が整理できていない状態だからです。
 
 
頭の中、つまり思考が整理できてないのです。
 
 
思考が整理できていないとどんな言葉を選んでいいのかわからなくなるので、思いついた言葉を発したり単語や短いフレーズでしか話せなくなるのです。
 
 
一度お子さんをよく観察してみてください。
 
 
話している言葉を聞いてみると思考の整理ができてないことがお分かりになると思います。
 
 
これはお子さんの頭の中を整理してあげることで解決していきます。
 
 
そしてもう一つ、観察してほしいことがあります。
 
 
お子さんは、うまく話せなかったり伝えられなかったりすることで自信をなくしてしまっている可能性が高いということです。
 
 
自分の気持ちや意見を言葉で表現するのが苦手だったり、情報をうまく掴めず困っているお子さんは、相手の態度などからうまく伝わっていないことを自覚しています。
 
 
うまく言葉が出てこないことをお子さん自身が一番もどかしく感じているはずです。
 
 
そんな風に失敗すると自信がなくなってきます。
 
 
「一所懸命話しているのに!」
「今日も伝わらない。なんでだ!」
 
 
そのような失敗体験を何度もすることにより、ますます自信をなくしていくのです。
 
 
それにはお子さんに自信をつけてあげることが重要になってきます。
 
 

 
 
お子さんが説明が苦手なのには、頭の中が整理できていない状態であることと、数々の失敗体験による自信のなさが原因だということがご理解いただけたと思います。
 
 
どうすれば話し方が上手になっていくのか、それにはちょっとしたコツがあります。
 
 

3.話し方を上達させるためのママのコツを伝授します!

 
 
では、お子さんの話し方が上達し、親子の会話を楽しい時間にするコツを説明していきますね。
 
 

◆頭を整理してあげよう

 
 
1つ目は、お子さんの頭の中を整理することです。
 
 
お子さんは、頭の中にある言葉や気持ちをどういう風にアウトプットしたらいいのか分からない状態でしたね。
 
 
ですので、アウトプットしやすい方法を取ればいいのです。
 
 
それには「質問ごっこ」がおすすめです!
 
 
具体的には5W1Hでこちらから質問しながら聞いてあげることです。
 
 
5W1Hは皆さんご存知だと思いますが一応おさらいしておきましょうね。
 
・When:いつ
・Where:どこで
・Who:だれと
・What:なにを
・Why:なぜ
・How:どうやって
 
 
この6つからなる英単語の頭文字を取ったもので、情報を伝えるために必要な要素です。
 
 
この5W1Hに沿って伝えたい内容を話していくと、話したいことや伝えたいことをとても整理しやすくなります。
 
 
例えばお子さんに質問するときには、
 
「いつのこと?」
「どこで見つけきたの?」
「誰と行ったのかな?」
「何をしたのかな?」
「なぜこれを選んだの?」
「どうやってできたの?」
 
のように5W1Hに沿ってお子さんに質問してあげてください。
 
 
このような質問形式にすることで、お子さんの頭の中から答えを引き出しやすくなり、話し始めるきっかけになります。
 
 
お子さんもシンプルな分、リラックスして話しやすくなります。
 
 
このとき、お子さんは自然と脳をしっかり働かせ思考を整理しながら話をする訓練をしています。
 
 
訓練という言葉を使いましたが、脳にとっては訓練でもお子さんにとっては遊びそのものです。
 
 
これを毎日続けていけば、お子さんは毎日脳をしっかり使って話すようになっていくのでどんどん話し方が上達していきます。
 
 
「質問ごっこ」の際のポイントは、お子さんの興味があることや好きなことを重点的に聞いてあげることです。
 
 
お母さんとしては、授業のことやお友達のことが気になるのでつい聞きたくなってしまいますよね。
 
 
その気持ちはよく解ります!
 
 
ですが、お母さんがお子さんの立場だったらいかがですか?
 
 
教科書のことや授業のことを根掘り葉掘り聞かれて、嬉しいですか?
 
 
嬉しい訳ないですよね。
 
 
お子さんも同じです。
 
 
そんな話つまらないですよね。(もしかしたら私の偏見で、中には勉強が大好きなお子さんもいらっしゃるかもしれません!そのようなお子さんには勉強のことをたくさん聞いてあげてくださいね!)
 
 
お子さんの好きなことならなんでもオッケーです。
 
 
ポケモン・戦隊モノ・ディズニー・アンパンマンでも、電車が好きなら電車でも虫のことでも、野菜やお菓子のことでも、興味があることなら何でもオッケーです。
 
 
お子さんの食いつきの良さそうなものから始めてみてくださいね。
 
 

◆自信をつけてあげよう

 
 
2つ目は、自信をつけてあげることです。
 
 
自信をつけるにはお子さんの自己肯定感を上げることです。
 
 
自己肯定感を上げることについて興味のある方、もう少し知りたい方はこちらをご覧くださいね。
 
 
 
 
「質問ごっこ」を始める当初は、お子さんも自信なさげに話してくるかもしれません。
 
 
ですが、ダメ出しはしないであげてください!
 
 
「そうなのね。」
「そうだったんだね。」
「それでそれで!どうなったの?」
 
 
このように話している内容に注目して、話がどんどん続くほうに気持ちを向けましょう!
 
 
もしお子さんの間違えた言い方が気になるようでしたら、お子さんが話した後にさりげなく正しい言い方を伝えてあげてくださいね。
 
 
「あがり坂があってね」と話してきたら
 
 
「そうなんだ、のぼり坂があったんだね!」とさりげなく正解を伝えてあげましょう。
 
 
「質問ごっこ」をしているときには、ぜひ、お子さんが楽しく話せる雰囲気を作ってくださいね!
 
 
お母さんが笑顔でうなづいてくれていたら、お子さんも楽しくなりますます自信がついていきます。
 
 
お子さんの興味のあることで「質問ごっこ」をして、どんどんお子さんを成長させ話し方を上達させていきましょう!
 
 

 
 
話し方が上達するコツをお伝えしましたが、いかがでしたか?
 
 
だんだんとお子さんから話したくなって「お母さん聞いて!」と近寄ってくる日がくるかもしれませんね。
 
 
よかったらぜひ試してみてくださいね! 
 
 
 
 
発達障害・グレーゾーンの子の話し方が上達するコツをお教えします!
▼無料で毎日情報をお届けしています
Nicotto!塾生募集中
 
 
執筆者:今村裕香
(発達科学コミュニケーショントレーナー)

-コミュニケーション, 小学生
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.