発達科学コミュニケーション受講生の声

発達科学コミュニケーションとの出会いは私にとって一生の財産になりました!

更新日:

 

 Yさん


◆感情のコントロールができるようになりました!

1)講座を受けて、お子さんはどのように変化しましたか?

タブレットを使う終了時間のルールを守れるようになりました。

 

また、こちらからのお願いごとやお手伝いなどに、すっと反応して行動するようになったり、妹のお世話をしたり、お姉さんらしい行動もとれるようになりました。

 

まだ、感情が爆発して泣いてしまう時もありますが、短い時間で泣き止むようにり、自分の負の感情を自分でコントロールできるようになったと思います。

 

自分のことを詳細に楽しそうに話をしてくれるようになり、成長を感じます。

 

◆子どもの前でいつもニコニコしていられるお母さんになりました!

2)講座を受けて、お母さんご自身はどのように変化しましたか?

脳科学に基づいているという明確な指針が持てたことで、子どもの目線、子どもの立場で考えるとう最も重要なところに重きを置けばいいという考えに立つことができるようになりました。

 

「子どものためになればそれでいい」と自分の考えが揺らぐことがなくなりました。

 

考えの軸ができているので、周りを気にしたり、自分の勝手なメジャーで子どもをはかったり、基準まで到達させようという、自分本位の考えがなくなりました。

 

だからこそ、「子どもの前でいつもニコニコしていられるお母さん」でいられるのだと思います。

 

◆子どもが感情的に泣いてしまってもゆっくり話を聞けるようになりました!

3)お子さんの困った対応を思い出して、「今だったら、こう対応する」という接し方はありますか?

以前は、子どもの能力ならこのくらいの自立はできるはず!という勝手な思い込みをしていました。

 

子どもが感情をあらわにして泣いたりしている時、強めに諭して、放っておき、しばらくしても泣き止まない場合は「いい加減にしなさい!」と怒っていました。

 

今では、子どもの状況をいったん受け止め、認めた上で、少し距離をとって冷静になるようにしています。その後、子どもの話をゆったりと聞き、共感し、できていることに対して褒めるという対応をしています。

 

この対応をするようになってから、子どもが感情的に泣く機会自体が激減しています。

 

◆発コミュとの出会いは一生の財産だと思っています。心から感謝しています!

4)お母さんご自身にとって、発達科学コミュニケーションのどの点が役立ちましたか?

褒めるだけで子どもが本来もっているチカラを発揮し、イキイキとしていくんだなあと感じています。

 

褒めるので、誰も傷つかず幸せな気持ちになるという全く今まで想像したこともなかった考えを持つことができるようになりました。

 

発コミュに出会っていなかったら、この考えにここまで強く行き着くことはなかったと思います。一生の財産だと心から感謝しています。

 

◆得意をどんどん伸ばしてあげ、強い自信を持たせてあげたいです!

5)これからさらに、お子さんのどんな所を成長させたいと思っていますか?

「短所なんてどうでもいい」と思えるようになりました。

 

可能性のたくさんある子どもたちの得意をどんどん伸ばしてあげ、強い自信を持たせてあげたいと思います。

 

少し引っ込み思案なところがあるのに、人前に出たいとか、人を笑顔にする仕事がしたい、という夢を持っているので、恥ずかしがらずに自己表現ができるように親としてサポートしていきたいです。

-発達科学コミュニケーション受講生の声
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2021 All Rights Reserved.