生意気な子が素直になる! 発達障害・ADHD女子の脳を育てる読み聞かせ

 
生意気なADHD傾向のお子さんに悩んでいるママへ! ADHDの特性を長所に変えて、お子さんの素直さを引き出す「脳を育てる読み聞かせ」のヒミツをお伝えします。
 

【目次】

 

1.我が家のADHD女子、生意気になる原因は私だった!?

 
 
我が家には、注意欠陥多動性障害(ADHD)傾向の小学3年生の娘がいます。
 
 
娘はADHDの特性である多動性や衝動性はあまりないのですが、代わりに不注意が目立つタイプです。
 
 
お家では、よく物を壊してしまったり、忘れ物が多かったり。小学校の先生には、「お友達にきつい口調で話してしまう」などと連絡をもらうこともありました。
 
 
当時の私は、娘のできていないところばかりを気にして、目につくことは、すぐに注意を繰り返していました。
 
 
「親として、やるべきことはやらせないと!直さないと!」そんなふうに思って、できないことばかりを指摘するうちに、娘の心はどんどん荒れていきました。
 
 
その結果、私の注意に対し、
 
「うるさいなー!」
「はぁ?何言ってんの?」
 
とどんどん反抗的で生意気な態度になってしまいました。
 
 

2.本当に生意気?発達障害×ADHDキッズに秘められた力

 
 
ADHDと聞いて、真っ先に思い浮かべることは、どんなことでしょうか?
 
 
・衝動的に動いてしまう
・静かにする場面でもと落ち着きなく動き回る。
・無くしものや忘れ物が多い
 
 
こんなことを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?
 
 
ですが、これって見方を変えると、
 
 
・思い立ったら、すぐに行動できる行動力がある
・自分の気持ちに素直で好奇心旺盛
・他のことを忘れてしまうくらい、好きなことに集中している
発想力が豊か
 
 
とっても良い面を持っているんです。
 
 
私の娘も
 
 
・自分の気持ちに素直で、損得考えずに動ける!
 
・人の役に立つことが大好きで、周りの人のことによく気がつく!
 
・自由に発想して絵を描くことが大好きで、すごく集中できる!
 
 
など、見方を変えただけで良いところがたくさん見つかります!
 
 
では、どうしたら、ADHD女子の良さを伸ばして困りごとを減らしてあげられるのか?
 
 
 
 
それは、脳を育てて素直さを引き出す関わりを増やしていくことなんです。
 
 
私がその関わりを増やしたことで、娘は、自分の思いを素直に話してくれたり、2人いる弟のお世話を手伝ってくれたり、家のお手伝いもやってくれたり。
 
 
なにより、毎日笑顔で生き生きと自分の興味のあることに取り組んでいます。
 
 

3.生意気なADHD女子が素直になるヒミツ「常識にとらわれない!脳を育てる読み聞かせ」

 
 
「読み聞かせ」というと、「子どもの発達に良い絵本」と考えるかもしれません。
 
 
ですが、お子さんにとって一番良い「読み聞かせ」の題材は、絵本だけにとらわれず、お子さん自身が好きなもの、興味を持ったものなんです。
 
 
今回、ご紹介するのは、お子さんの好きなものの中でも特にオススメ!「お子さんアルバム」を使った読み聞かせです。
 
 
ぜひ、お子さんが小さかった頃のアルバムを一緒に見て、赤ちゃんだった頃のエピソードや、お出かけしたときのエピソードをお話ししてみてください。
 
 
登場人物は、大好きなパパやママ、おじいちゃんやおばあちゃん、きょうだいです。
 
 
自分のことをこんなふうに育ててくれたんだ!
こんな風に思ってくれているんだ!
こんなにたくさん遊んでもらったんだ!
こんなに愛されてるんだ!
 
 
自分がどんなに大切にされているかということをたくさん感じられるはずです。
 
 
家族から大切にされている、愛されているという想いは、お子さんの自信をグングン伸ばしてくれます。
 
 
自信がついてくると、人は素直になります。悲しいことがあっても、「私は大丈夫!」と乗り越える力になります。
 
 
なにより、お子さんだけでなく、話しをしているママの心も癒してくれる時間になりますよ。
 
 
 
 
ぜひご家族で、アルバム見ながら、読み聞かせをしてみてくださいね。 
 
 
 
パステルキッズの学びについて提案しています
▼ご登録はこちらから

 


※メールにてお届けします!

 
 

 
 
執筆者:渋沢明希子
(発達科学コミュニケーショントレーナー)
 
 
発達グレーゾーンの困りごとを大人に持ち越さない おうち発達支援の始め方
資料請求はこちら
発達グレーゾーンの困りごとを大人に持ち越さない
おうち発達支援の始め方
資料請求はこちら
タイトルとURLをコピーしました