【お悩み相談室】小学生の息子がイライラしながら宿題の計算ドリル取り組むので、私もイライラしてきて困っています。

小学生3年の息子が、宿題の計算ドリルにイライラしながら取り組んでいるのを見ると、こちらにもイライラが伝わって、つい「イライラしても終わらないでしょ。字も汚くなるよ」など、火に油を注ぐような声掛けをしてしまいます。どう対応していけばいいのでしょうか?

9歳・男の子のママ

息子は学年が上がり、宿題の量も負担に感じているようでした。特に計算ドリルは、専用のノートに問題の写しから始まるので面倒に感じているようでした。我が家では息子のイライラをなくすために、親がサポートすることで穏やかに取り組めるようになりました。

発達科学コミュニケーションリサーチャー 松尾歩

 

【目次】

 

1.宿題の計算ドリルにイライラしている息子に影響されていた過去

 
 
皆さんはお子さんの宿題、どんなものがどのくらい出されているか把握していますか?
 
 
学年が上がるにつれ、宿題の量も多くなります。息子の学校では、漢字ドリル、計算ドリル、音読、自主勉強のノートなどです。
 
 
息子は自主勉強のノートなど、自分のやりたいようにできる宿題はさっと仕上げていたのですが、ドリルの宿題、特に計算ドリルには時間を費やしていました
 
 
毎回のように、1ページに20問ぐらいある問題を解いていきます。
 
 
取り掛かる前から、やりたくないモードで始め、だんだんイライラしながら問題を解いていくのが、ほぼ毎回のやり方のようになっていました。
 
 
 
 
イライラしながらなので、字も雑でしたし、間違いを消したところもうまく消えていなかったりしていました。
 
 
それを見て私も、
 
「イライラしながらだと終わるまで時間がかかるよ。それに字も汚くなるし、読みにくいよ」
 
など、モヤモヤしながら注意していました。
 
 
それを聞いて、息子はさらにイライラ。腹を立てて、鉛筆や消しゴム を投げることも。お互いに険悪な雰囲気になり疲れてしまう日々でした。
 
 

繊細すぎる子の
トリセツがわかります!

↓↓↓

 
 

2.息子が計算ドリルを面倒に感じてしまう理由とは?

 
 
宿題になっていた計算ドリル は、専用のノートがあり、まずドリルの問題をノートに写すところから始めます。
 
 
そして計算や文章題を解いていくのですが、息子がとても嫌がったのが筆算の単元ところです。
 
 
計算ドリルの宿題の筆算の問題の動きを分解してみると、
 
 
・ドリルの1ページに問題が20問ほど書いてあるものを、筆算の式に直しながらノートに書き写す
 
・定規で線を引いたあと、答えを解いていく
 
 
と二段階になっています。
 
 
息子はわざわざ書き写さないといけないこと、定規できちんと線を引くところ、専用ノートのマスが小さいので、繰り上がりなどを記入するとごちゃっとなって見にくいところ、などが嫌になる原因でした。
 
 
筆算のやり方は知っているし、計算もできるのに、なぜ同じような問題を何回も解かないといけないの?と思っていたようです。
 
 
発達障害グレーゾーンのお子さんたちは、その特性もあり苦手なことに取り組むためには、普段よりやる気がたくさん必要です。
 
 
そのため、好きな宿題には進んで取り組めるのに、苦手な宿題にはとっても時間がかかってしまうんです。
 
 
 
 
私達も同じですよね。やらないといけないことがあるのに、苦手なことは億劫に感じてスッと取り掛かれなかったり、後回しにしてしまったりすることがありますよね。
 
 
では、どうしたらイライラしないで宿題に取り組めるのでしょうか?
 
 

世界一シンプルなおうち発達支援
~育てにくい子が3カ月で変わる
究極の親子コミュニケーション~
↓↓↓

 
 

3.イライラしないで宿題に取り組むには?我が家でトライした3つのこと

 
 
宿題のときに、親子でイライラする状況から抜け出したいと思い、我が家で取り組んだ方法をお伝えしますね。
 
 
①問題を写すのを親が代わりにした
 
 
②定規での線引きもついでに代わって行った
 
 
鉛筆を尖らせて、小さいマス目で繰り上がりなどを書くときも、字がごちゃごちゃに見えないようにする工夫をした
 
 
です。
 
 
事前に先生にも事情を説明してから、この方法を始めました。
 
 
私が問題を記入することで、息子の負担が軽減!
 
 
息子は問題を解くだけになったことで、宿題に取り組む前段階から気持ちが落ちることもなく、取り組めるようになりました
 
 
 
 
息子が計算ドリルにかかる時間も減り、早く宿題を終わることができるようになって、息子は計算ドリルに関してイライラすることがなくなりました。
 
 
毎回問題を写してあげることは、正直面倒でした。けれど5分ぐらいで終わりますし、ずっと続くものでもないし、お互い穏やかでいられるから、と割り切って取り組みました。
 
 
もし、お子さんに対して同じような悩みがある方は、参考にしていただけたら嬉しいです。
 
 
 
 
お子さんの宿題に関する悩みを解決する方法、まだまだあります!
▼ご登録はこちらから

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 
 
執筆者:松尾歩
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)
世界一シンプルなおうち発達支援~育てにくい子が3ヵ月で変わる究極の親子コミュニケーション
無料で読む
世界一シンプルなおうち発達支援~育てにくい子が3ヵ月で変わる究極の親子コミュニケーション
無料で読む
タイトルとURLをコピーしました