場面かんもくの傾向がある子のお友達づくりをスムーズにさせる家庭での取り組みとは

場面かんもくの傾向があるお子さんは、お友達つくりにとても苦労することが知られています。コミュニケーションが苦手なことで、人間関係がどうしても形成しづらいのです。今回は我が家の事例をあげ、子どものお友達つくりに家庭でできることをお伝えします。
 

【目次】

 

1.場面かんもくの子どもは人間関係に苦労するのはなぜ?

 
 
学校では400人に1人いると言われている「場面かんもく」「選択性かんもく」と言われることもあります。
 
 
どのような状態の症状かというと、家庭や一部の場所ではスムーズに話し、身体を動かすことができるのに、学校など外に出るとそれらの全てができなくなるという症状です。
 
 
あそこではできるのに!なぜここではできないの?などと、一緒に過ごしていく中で周りが困惑することも多く、理解をされるまでに大変な時間がかかると言われています。
 
 
また、場面かんもく症は、知的な部分に問題がないことも多く知られています。不安や緊張などが高いために、本人も思うように行動できない状態になってしまいます。
 
 
家では話しをすることも、身体をスムーズに動かすこともできるのに、外に一歩出るとできなくなる。当然のことながら困ってくるのが、他者とのコミュニケーションです。
 
 
そして学校生活は同級生や、先生と話す機会が多くあります。その生活の中で、話しができないとなると、周りの子どもたちや先生とのコミュニケーションが円滑にできなくなります。
 
 
 
 
適切な対応に慣れている先生も少なく、間違えた対応がその症状を悪化させてしまうことにもなりかねません。場面かんもくのお子さんにとっても、それほど苦痛なことはないかと思います。
 
 
先生が理解をして適切な対応をしてくれることがもちろん大切ですが、場面かんもくのお子さんが一番大切なのは、信頼できるお友達をつくることです。
 
 
その信頼できるお友達をつくることがスムーズにできれば苦労しませんが、なかなか見守っていてもそうはいきません。
 
 
今回は、我が家の実例をあげ、場面かんもく傾向の娘が信頼できるお友達をつくることに成功した経緯をご紹介します。
 
 
\世界一シンプルなおうち発達支援/
育てにくい子が3ヵ月で変わる!
究極の親子コミュニケーション
↓↓↓
 
 

2.毎回振り出しに戻るお友達との関係に苦労する日々

 
 
ここで我が家の話しをさせていただきます。我が家にも場面かんもくの傾向が強くあった娘がいます。
 
 
前項でもお話しした通り、娘の課題は周りとのコミュニケーションの困難でした。しかし、今では傾向があるものの、自分自身で乗り越えて話しをしたり、周りの人たちと進んでコミュニケーションを取れたりするまでになりました。
 
 
しかし、娘は幼稚園時代の3年間、ほぼ声を出さない園生活を送るという状態でした。もちろん幼稚園では適切に対応してくださっていましたし、家庭でも最善を尽くしてはいました。
 
 
しかし、お友達とちょっと仲良くなったかな?と思い、安心するのも束の間、次に会ったときには初めまして!の振り出しに戻っているという状況でした。
 
 
先生も私も、首を傾げる日々を過ごしました。昨日までは仲良く遊んでいたお友達とも、翌日になったり、数日日が空くと遊ばなかったりという状態です。
 
 
 
 
場面かんもくがある子どもは、緊張や不安が強いために、どうしても心を開く窓口が狭いように感じています。
 
 
何回かそのお友達と交流を重ねても、次に会ったときに話すことや、一緒に遊ぶことがスムーズにはいかないことが多いのです。
 
 
緊張と不安が楽しいという気持ちを飲み込んでしまっているといった印象です。ですので、いくら楽しいと思っても、それ以上の緊張と不安を強いられているために楽しい記憶が残りづらいのですよね。
 
 
私自身も試行錯誤を繰り返したのち、家庭の関わりとしてとても有効な対応を見つけることができました。もし今お困りの方がおられましたら、参考にしていただけたら嬉しいです。
 
 
【期間限定 2月末まで】
 
繊細ちゃんに折れない心が育つ!
正しい甘やかし方がわかります

↓↓↓
 
 

3.スムーズなお友達つくりに必要な2つのコツ

 
 
試行錯誤の末に見つけたスムーズなお友達つくりの土台をつくるコツは、たった2つ!
 
 

◆①お家にお友達を呼ぶこと!

 
 
ご家庭にお友達を呼んで遊ぶことは、とても有効性が高いと感じています。なぜなら、お子さんがとても落ち着いて安心できる場所だからです。
 
 
おもちゃだって、遊び方だって、全てが慣れているものばかりです。ですので、いつもの自分のペースで遊べる可能性が高いからです。
 
 

◆②大人が席を外すこと!

 
 
そして、大切にしたいのが、子どもとお友達が遊んでいる場所からは、大人はできる限り席を外すことです。
 
 
目を離さず、手を離すという状況です。
 
 
もし、お母さんが離れることでお子さんが不安に感じるようでしたら、「お母さんは違うことをしているから何かあったら伝えてね!」とだけ言います。そして少し距離をあけたら大丈夫です。
 
 
近くに大人がいないことで、緊張と不安は確実にハードルが下がります。こちらは、場面かんもくの研究をされているお医者様の研究結果からも証明されています。
 
 
自分が話したり、動いたりできないことを知っている大人が近くにいることで、子どもは見られているという感覚になり、余計に不安や緊張が増すことが言われています。
 
 
あえて距離をとる状況を作ってあげることで、子どもが自分の力を発揮しやすくなります。
 
 
 
 
我が家でも、家庭にお友達を呼び、遊んでいるときには私自身が少し離れた場所にいたり、席を外したりしていました。
 
 
何か他の作業をしているなど、私はあなたたちの遊びは気に留めていませんよー!というようにです。
 
 
公園でも同様に対応しました。何かあればすぐにはそばに行くことができる範囲で、少し離れたベンチに座って様子を見ていました。
 
 
子ども同士のやりとりが聞こえてはこない範囲です。
 
 
これを繰り返しおこなうことで、不安や緊張から少し解放されお友達との過ごす時間を楽しめる余裕が出てきます。
 
 
楽しい!という気持ちが入る狭かった窓口が、少し広がることで次回に蓄積させることができます。
 
 
娘は、私や他の大人が近くにいないことで、スムーズに自分を出せることが多くなりました。そして小学生になった今、自分からお友達と交流を深めようと行動できるようになってきました。
 
 
このような積み重ねがきっと本人の自信にも繋がっていったのだと考えています。
 
 
見られている、聞かれているかも知れないという感覚が、不安や緊張を増してしまうのでしょうね。
 
 
今でも、私は無関心アピールをするときは多々あります。実は無関心を装うこの対応がとても大切なのです。子どもにはその装いを気づかれないようにしてくださいね。自然にが鉄則です!
 
 
コミュニケーションは話しをすることだけではもちろんありません。しかしながら、話しをしたり、一緒に笑い合ったりする機会が多いことで、円滑な人間関係が生まれることも事実です。
 
 
ゆっくり焦らず関わってあげたいですね。緊張も多い新学期!スムーズなスタートを切りたいですね。
 
 
こちらの記事でも、場面かんもくの子どもについての対応策をお伝えしています。悩みを解決するヒントになりますので、併せて参考にしてみてください。
 
 
 
場面かんもく傾向の子のお友達つくりのコツをご紹介しています!

▼ご登録はこちらから

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 
\新しい環境でも困らない/
自己コントロールができない子の
社会で生き抜く力を育てる
無料教材です!
↓↓↓

 
執筆者:みずおち梨絵
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)
 
発達の専門家が教える!脳を伸ばして子育ての悩みを解決する方法~1日1分無料メール講座~
無料登録で特典を受け取る
発達の専門家が教える!脳を伸ばして子育ての悩みを解決する方法~1日1分無料メール講座~
無料登録で特典を受け取る
タイトルとURLをコピーしました