トイトレうまくいかないママ必見!3日でオムツが外れた対応

トイトレがうまくいかない。ダメだとわかっているのに失敗すると怒ってしまう。それはもしかすると、トイトレが早すぎるのかもしれません。まだおむつなの?と言われると焦りますが、3歳を過ぎてからでも大丈夫。3日でトイトレ完了した方法を紹介します。
 

【目次】

 
 

1.トイトレで怒ってしまう。失敗して落ち込んだ過去

 
 
今トイトレ中で、失敗されては怒ってしまう…
 
・トイレでしてくれると楽だよ
 
・○歳なのにまだオムツなの?
 
・幼稚園に入るまでにオムツとらなきゃ…
 
 
そんな周りの言葉に焦り、困っているママはいませんか?
 
 
わが家は長男のトイトレを2歳の夏に始めました。
 
 
当時、保育園でも1歳児クラスから先生がトイレに誘ってくれていました。
 
 
お友達はもう外れてたり、両親にまだオムツなの?と言われて焦っていました
 
 
・家にいる時は1時間おきくらいにトイレに誘う
 
・布オムツやトレーニングパンツをはかせる
 
・好きな柄のパンツを買いに行く
 
・トイレにごほうびシールを貼れるようにする
 
 
いろんなことをやってみても、なかなかトイレでしてくれません。
 
 
保育園では出るときもありますよ、と言われて自信喪失。
 
 
なんで家ではしてくれないの?私が悪いの?
 
 
早すぎたかな、でももう2歳だし…
 
 
こんな葛藤をかかえながらも、なんとか誘えばトイレでできるようになりパンツにすることにしました。
 
 
しかし、誘わないとトイレに行くと言わないので、1時間おきに誘わなければいけません。
 
 
誘うのを忘れるとおもらしするのです。
 
 
パンツになったばかりだししょうがないよね。
 
 
と思っていましたが、ある日何かがぷつっと切れて怒ってしまいました。
 
 
 
 
「なんでトイレでしないの?汚いでしょ」
 
「いつになったらできるようになるの?」
 
「もー、片付けるこっちの身にもなってよ!」
 
 
トイトレがうまくいかないとき、怒ってはダメ!インターネットで何度も見てきた言葉で、怒らないと心に決めていたのに…
 
 
怒ってはいけないとお母さんが我慢を重ねてトイレを失敗した子どもに対応するのはしんどいですよね。
 
 
掃除をしながら、ため息も出てしまいます。
 
 
 
 
結局、長男の2歳夏のトイトレは諦めて、自然に任せることにしました。
 
 
保育園で慣れたのか、3歳過ぎてから自然と外れていきましたが、5歳になってもおねしょをしていました。
 
 
3歳過ぎてからなんて遅いのでは?と思われますか。
 
 
おねしょをしないためにも、トイトレをする時期よりも大切なことがあるんです。
 
 
\おうちで脳の発達を加速させる/
1日5分から取り組める
約40種類の教材を
無料でダウンロードできます!
↓↓↓
 
 

2.3歳からでも大丈夫!早期トイトレはおねしょにつながる可能性も

 
 
トイレで排泄ができるようになるのは早い方が良い、という風潮がありますよね。
 
 
しかし、早すぎるトイトレはその後排尿に問題がでてくると医療機関から警鐘がでています。
 
 
少し大きくなってらおもらしをしてしまったり、トイレが近くなったりということが起こる可能性があるのです。
 
 
どうしてかというと、大人と乳児では排尿方法が違うためです。
 
 
大人はトイレでリラックスしていますよね。
 
 
一方、2~3歳頃までは、おしっこをふんばってするそうです。
 
 
ふんばってする段階でトイレでの排尿を強制すると、おしっこもふんばってするものだと誤学習してしまいます。
 
 
また、トイトレの初期は一定時間ごとにトイレに誘うと思います。
 
 
そこでおしっこができると、自分が尿意を感じていないときに無理に出すことになります。
 
 
そうすると、膀胱に尿がためられる量が少なくなったり、尿意を感じなくなってしまう可能性もあるのです。
 
 
これらが原因で、大きくなってからふとリラックスしたときおもらしをすることにつながる可能性も。
 
 
長男が5歳になっても夜中におねしょをしていたのは、早期トイトレでふんばってする感覚を誤学習してしまったのかな?と感じました。
 
 
・1人歩きができる
 
・トイレの間隔があいてきた
 
・意志疎通ができる(言葉が話せる)
 
一般的にはこのようなことができればトイトレを始めましょうと言われています。
 
 
しかし、それだけでは時期尚早です。
 
 
お子さんがふんばっていないか、そっと観察してみてくださいね。
 
 
\新学期のメンタルの不調を解消/
繊細ちゃんに折れない心が育つ!
正しい甘やかし方
↓↓↓
 
 

3.3歳過ぎてトイトレを進めたら、楽しく3日で成功した対応

 
 
長男の頃の反省を生かし、次男のトイトレは3歳になってから始めました。
 
 
もちろん個人差があるのは承知しています。 
 
 
けれど、この頃は発達科学コミュニケーション(以下、発コミュ)の肯定的な声かけ方法を学んだため、怒ってしまうのを我慢することはありませんでした。 
 
 
とても楽しくトイトレが完了したのです。 
 
 
トイトレ始められるかな?という判断は、トイレに座っておしっこがでたときに、ふんばっている感じがなかったことです。
 
 
大人と同じように、リラックスしたときにできるようになっているかというところを観察しました。
 
 
それでは、発コミュ流のトイトレ、子どものできたところを肯定し、スモールステップで進める流れをお伝えします。
 
 

◆①トイレに座る

 
 
まずは、楽しい雰囲気でトイレに誘ってみましょう。
 
 
便座に座れればOKパンツを履いたままでも大丈夫。
 
 
まずはお家でトイレという場所に行くことができただけでもほめてあげます。
 
 
怖がったり、いやがったりしたら無理をさせないようにします。
 
 
お母さんが座っているのを見せたり、お母さんと一緒に座ったりしてみましょう。
 
 

◆②トイレでリラックスすることを覚える

 
 
1人で便座に座れるようになったら、おしっこをしてみるように促します。
 
 
「ほーって力抜いてごらん」 と言いながら、トイレでリラックスする感覚を教えました。
 
 
優しく太ももをなでたり、歌を歌ったり楽しい雰囲気やお母さんが笑顔でいられることがとても大切です。
 
 

◆③パンツの導入

 
 
トイレでリラックスしてできているな、とお母さんが感じたらパンツ導入宣言をしてみましょう。
 
 
ジャーン!と楽しそうに伝え、お兄さん(お姉さん)パンツだ!と子どもがワクワクするような雰囲気を作ってみてくださいね。
 
 
子どもが嬉しそうにしたらそのまま続けます。
 
 
もしも嫌がるようなら、新しいパンツを子どもの目につきやすいところに置いておくだけで大丈夫です。
 
 
まずはパンツを見て、触って、ようやくはいてみることができるという慎重な子どももいるんですよ。
 
 

◆④トイレに誘う

 
 
オムツからパンツにはきかえたとき、トイレに行きたいか聞いてみます。
 
 
行きたいと言ったら連れていって、行きたくないと言ったら無理強いはしません
 
 
漏らされたくないとは思いますが 1、2時間おきに行って座らせることを強制しません。
 
 
お子さんのペースを尊重しましょう。
 
 
 
 
1、2時間おきに誘うことはしませんが、習慣化させたいタイミングでは理由を伝えながら連れていきます。
 
・寝る前はトイレに行ってから寝るよ
 
・おでかけの前はトイレに行っておくと安心だよ
 
・朝起きたらいっぱいたまってるから行ってみようか
 
この場合も、理由を伝えて誘うだけで、嫌がるようなら行かなくても大丈夫。
 
 
今は行きたくないんだね、と笑顔で肯定しましょう。
 
 
 「おしっこしないならお出かけできないできないよ」など〇〇しないなら、とついつい、言いそうになりますよね。
 
 
これは、発コミュ対応では脅しの言葉になるので使いません。
 
 
 

◆⑤今できていることを肯定する

 
 
発コミュには、今できていることを実況中継するように優しい声色で伝える声のかけ方があります。
 
 
 
すごいね、えらいね、というほめ方もありますが、こんな声かけも有効なんです。
 
 
トイレに行こうって思ったんだね、トイレに座れたね、お兄ちゃんパンツをはけたね。
 
 
すごい!えらい!と大げさに褒めなくてもいいので、お母さんも声をかけやすいのではないでしょうか。
 
 
今できているところを探して、たくさん伝えることは、ほめるのと同じくらい効果的なんですよ
 
 
ご紹介した①から⑤まで、次男のように3日で終わる子もいれば、1ヶ月くらい時間が必要な子どもいるでしょう。
 
 
トイトレは子どものやってみたい!という気持ちと、お母さんが無理なくできることが大切です。
 
 
まだ時期じゃなかったかなと思ったら、今できていることを肯定しているうちに、自然と次のステップに進める日が必ず来ます
 
 
親子で楽しみながら、トイトレしてみてくださいね。
 
 
 
 

▼▼心配事はこちらでマルッと解決できます▼▼

就学前に前に身につけたい!幼児の集団生活での困りごとにお母さんが対応できる~ママと5分遊ぶだけ!教材つきトレーニングBOOKをプレゼント~

 
 
実況中継のほめ方とは?今すぐ使える色々な肯定の声かけを紹介してます!

▼ご登録はこちらから

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 
育てにくい子の困りごとを
根本から解決する!
脳科学に基づくおうち発達支援

↓↓↓
 
 
執筆者:いぐち ゆか
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)
発達の専門家が教える!脳を伸ばして子育ての悩みを解決する方法~1日1分無料メール講座~
無料登録で特典を受け取る
発達の専門家が教える!脳を伸ばして子育ての悩みを解決する方法~1日1分無料メール講座~
無料登録で特典を受け取る
タイトルとURLをコピーしました