Nicotto パステルキッズの明るい未来 小学生

【Nicotto!限定】不登校でも大丈夫!不安が強く、繊細な発達障害の小学生のお母さんが、子どもの気持ちを引き出すスゴ技

更新日:

発達障害の子は自分の気持ちを伝えることが難しく、親子で困ってしまいがちです。今回、不登校で不安が強く、繊細な発達障害、自閉症スペクトラム(ASD)の小学生のお母さんに、子どもの気持ちを引き出す工夫をうかがいました。
 

【目次】

 

1.発達障害・ASDでアスペルガータイプの子が不登校になった原因とは?

 
 
発達科学ラボのトレーナーとして活動している川本さんの息子さんは現在小学4年生自閉症スペクトラム(ASD)でアスペルガーの孤立型と言われています。
 
 
知的遅れはないものの、保育園から登園拒否がすごく強い子で、不登校になるだろうと予測していたそうです。
 
 
入学前に教育相談で相談し1年生から支援級に在籍しています。
 
 
その息子さんは3年生の11月頃から不安症状が強くなり、4年生に進級した時の環境の変化でしんどさが増し、GW明けから不登校になりました。
 
 
そのときの様子を川本さんにお聞きしました。
 
 

――お子さんが不登校になった時の様子を教えてください。

 
 
「本人の話だと最初から(1年生)我慢していて、ちょっとした我慢で行けていたのが3年生の11月まで。
 
その頃から不安症状が強くなってきました。
 
4年生の4月に入り支援級のメンバーが増え、交流級のメンバ―も変わるという中でしんどさがあって、GWの10連休のあとから行けなくなってきました。
 
子どもが私に本心を言える関係になるのに時間がかかっていました。
 
実際には3年生の頃から少しずつ話せるようになってきましたが、それまでは子どもも打ち明けることができず辛かったと思います。
 
ちょうど親子の間で話ができるようになったタイミングで、本人が『辛かった。本当は行きたくなかった』と打ち明けたことがありました。
 
そのときに、私が『辛かったね』『そんなに頑張らなくていいよ』と理解して言ってあげられるようになったのも大きかったと思います。」
 
 

――不登校になった時に、お母さんが気を使ってケアしたことや、工夫したことはどんなことですか?

 
 
「息子ちゃんと話がしたいというのはずっとありました。
 
寝る前、部屋の電気を消して刺激を少なくした状態で、ゆっくり話を聞くことを試みました。
 
漠然とした質問に対して、答えるのが苦手で、本人が気持ちをまとめるのが難しかったようです。
 
なので、例えば『ママが小学校の時、結構怒られていたよ』とか『結構やんちゃなことやっていたよ』とか、敗談や、私の苦手だったこと、得意だったことなどの話をするようにしました。
 
そうしたらそこから『俺は学校ではこうだよ』とか、『実際にこういうこともあるんだよね』ってぽろぽろでてくるようになりました。」
 
 
◆ポイント解説
 
 
お子さんが少しずつ気持ちを話してくれるようになって、それを受け止められるようになってきたという川本さん。
 
 
次からは「学校に行かなくても大丈夫」とお母さんの気持ちが切り替わり、お子さんを見る視点が変わった理由に迫っていきます!
 
 
 
 

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。

ユーザのログイン
   

-Nicotto, パステルキッズの明るい未来, 小学生
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2019 All Rights Reserved.