Nicotto パステルキッズの明るい未来 小学生

【Nicotto!限定】不登校でも大丈夫!不安が強く、繊細な発達障害の小学生のお母さんが、お家で発達を加速させる方法を手に入れた!?

投稿日:

学校に行かない選択をした子と、お家でどの様に過ごすと良いでしょうか。不登校で不安が強く、繊細な発達障害、自閉症スペクトラム(ASD)の小学生のお母さんに、お家でお子さんの才能をグングン伸ばす秘訣についてお話をうかがいました。
 

【目次】

 

1.学校に行かない選択をした子のママがお家でやった発達支援とは?

 
 
発達科学ラボのトレーナーとして活動している川本さんの息子さんは現在小学4年生です。
 
 
自閉症スペクトラム(ASD)アスペルガーの孤立型と言われています。
 
 
前回の記事では、川本さんが息子さんの不登校を受け入れ、親子のよい関係を築くための工夫をしたことで、息子さんは自信が回復してきました。
 
 
前回記事はこちらです。
 
 
ここでは川本さんが行った、ご自宅での発達支援の方法をご紹介します。
 
 

◆①家の中で運動!?

 
 

――お家の中の過ごし方で工夫していることやアイディアをお聞かせください。

 
 
「息子は低緊張(※)で体力もないですし、もともと運動するのも嫌なので、なんとか家のなかで楽しめることがないか考えました。
 
そこで思いついたのが卓球です。テーブルに取り付けて出来る卓球セットを買ってみんなでやっています。」
 
 
※低緊張とは:自分の体を支えるための筋肉の張りが弱い状態のこと。
 
 

――お子さんは楽しんで参加していますか?

 
 
「最初は参加しなかったのですが、他の家族がピンポンやっているのを見ていて、ラケットを渡したら挑戦する気になったようです。
 
今でも本人が興味を持ったタイミングで家族の輪に混じって卓球を楽しんでいます。」
 
 
◆ポイント解説
 
 
川本さんはお家の中で楽しく息子さんが活動できるよう工夫されたのですね。
 
 
さらに、他にも色々な工夫をされているのだそうです。それはどのようなものなのでしょうか?
 
 
このあとも川本さんがご家庭で取り入れた工夫をどんどん紹介します!
 
 

◆②学習面のこと

 
 

――学習に関してはお家で何かサポートされていますか?

 
 
「進研ゼミのチャレンジのタブレット学習をしています。
 
タブレットの方がうちの子には理解しやすいみたいです。本人はそれでわからないところはないみたいです。
 
私としては勉強が7、8割わかっていればいいと思っています。
 
勉強ばかりをさせようとすると、本人にも負担になると思うので、今は、気分転換に1日1回、勉強の時間をとっています。」
 
 

◆③好きなことを伸ばす工夫

 
 

――他にどんな取り組みをしているかもう少し詳しく教えていただけますか?

 
 
「長男は工作が大好きなんです。
 
パソコン操作を教えて色んな工作の情報が検索もできることを伝えました。
 
すると、工作のページを自分で検索をして、作りたいものを探して取り組んでいます
 
牛乳パックの工作にはまっていた時期もありました。 ロボットを作ってみたり、自動販売機を作ってみたりしていますし、段ボールで工作をしたりもしていますね。
 
今は電池ボックスとか、電球とか、モーターが欲しいと言っているので、そういうのを使った工作にチャレンジしたいと考えているみたいです。
 
自分でやるとなると計画を立てて、必要なものを買わなきゃいけないし、予算があるし、段取りが必要になるし、いい経験だなと思います。
 
割と遠慮して言えないタイプなのですが、工作になるとこれが欲しくて、いくらかかるのだけれどという交渉が必要になってくるので、いいことだと思ってみています。
 
低緊張があって、疲れやすくてあまり長い時間はできないのですが30分くらい集中して座れます。
 
パソコン操作で机に向いて椅子に座る時間も作れるのでいいなと思っています。」
 
 

◆④身体を使うことが苦手な子でもできるお片づけ法

 
 

――その他、お家で頑張って取り組んでいることはありますか?

 
 
2つのお手伝いを決めて、やってもらっています。
 
1つが、洗濯して乾燥したものを朝、仕分けをするということ。
 
もう1つは床をクイックルワイパーで拭くということです。
 
1つ目の洗濯の仕分けは、家族人数分のかごがあって、それらを決められたところにしまう、というものです。
 
5分くらいで終わる作業です。
 
「5分で終わる」「片づけたら終わる」というのがわかりやすいので、取り組みやすいようです。
 
それほど難しくないので本人への負荷も少なく、役に立てるというのがポイントかもしれません。
 
もう1つの床掃除は、本人にアレルギー体質があって、将来に向けて、ほこりを気にする習慣を身に着けてほしくて取り組んでもらっています。
 
仕上がりはうるさく言わずに、習慣化することを目標にしてやってもらっています。」
 
 

――いいですね!お手伝いのメニューはどうやって決めましたか?

 
 
「最初はあれこれ提案してみましたが、全部やりたくないと言われました。
 
でも、やってほしい理由や思いを伝えて、本人の確認を得てやってもらっています
 
時々、しんどい時もあるみたいなので、ママへのヘルプ要請もOKにしています。
 
洗濯物の場合『7時20分までに言ってくれたら手伝えるよ』と伝えてあるので、その時間に『一緒にやってほしい』と言ってきたら、半分ずつやって負荷の増減をしています。
 
どうしてもやりたくない日もあるので、その時は見ないふりして仕事に行き、帰ってきたときの元気さをみて、声かけを選んでいます
 
元気に工作などをしている時は、声をかけてお手伝いの続きをやってもらいますし、本当にしんどそうなときは、そのままスルーします。」
 
 
◆ポイント解説
 
 
お子さんも役割があると、家族の役に立っているという実感があって自信につながっていきますね。
 
 
川本さんは、お子さんの様子をみて、対応を決めているそうです。
 
 
お家でもお子さんの行動力がUPするよう、様々な工夫がされている様子が伺えました。
 
 
次からは、不登校で、発達障害の子を持つお母さんの、不安を解消するためのヒントをお伝えします!
 
 
 
 

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。

ユーザのログイン
   

-Nicotto, パステルキッズの明るい未来, 小学生
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2019 All Rights Reserved.