Nicotto グレーゾーン 発達障害

【Nicotto!限定】発達障害・グレーゾーンの子どもにこそ必要!お母さんの対応を変えて自信をプレゼント

更新日:

育てにくいと感じる理由は、男の子の脳の特性にあった!?発達障害は女の子より、男の子に多くみられます。子ども時代を思い出せない大人にさせない為に、ママにぜひ始めて頂きたいコミュニケーション方法・対応をご紹介します。

【目次】

1.何を考えているのか分からない?まずは男の子ならではの脳の発達や特性を理解しましょう。
2.子ども時代を思い出せない発達障害・グレーゾーン(パステル)がたくさんいる!?
3.どう対応すればいいの?鍵は、毎回「〇〇言葉で会話を終える事」です!!

 
 

1.何を考えているのか分からない?まずは男の子ならではの脳の発達や特性を理解しましょう。

 
 
「男の子が育てにくい…」
 
「息子が何を考えているのか分からない…」
 
 
男の子のママたちからた~くさんの相談が寄せられます。異性だからなの?それもありますが、やっぱり「男の子だから」です。
 
 
男の子の脳の特性があるんです。今日はそれに関係するお話をしますね!
 
 
発達障害は、女の子よりも、男の子に多く見られます。色々なデータがありますが、だいたい女の子の3〜5倍程度です。
 
 
つまり、それだけパステル(グレー)ゾーンの男の子が多い!ということ。だから、男の子は育てにくい!と私は考えています。
 
 
  
 
 
最近では、発達障害に対する考え方が様々に変化していて、発達凸凹の特性を持っていることが、発達障害とイコールではないと考えるようになっています。
 
 
つまり、障害になり得る発達の凸凹と、障害とまでは言えない特性としての発達の凸凹とがあるという考え方です。
 
 
しかし、接し方を間違うと、パステルの子たちの特性はエスカレートしてしまいます。
 
 
だからこそ、子どもが伸びる接し方、子どもの脳が育つ接し方をお母さんにマスターしてほしい!と思っています。
 
 
そのためにまず知って頂きたいのは、パステルの子どもの記憶の特性について。
 
 
発達障害&パステル(グレー)ゾーンの子どもたちの脳は、記憶や感情を司る場所に特性があるという研究結果があります。ですから、パステルちゃんたちの記憶にも色々な特性が現れてくると考えられます。
 
 
写真のように完全に記憶できたり、あるいは全く覚えられなかったり…。そして、いいことに比べて、悪いことを記憶しやすい子たちが多いんです。
 
 
・怒られたこと
 
・上手くいかなかったこと
 
・怖さや不安を感じたこと
 
・恥ずかしかったこと
 
・「違う!」と思ったのに上手く説明できなかったこと
 
・寂しかったこと
 
・してほしいことをしてもらえなかったこと
 
などなどを、ずーっと覚えている子が多いです。そして悩まされています。
 
 

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。

ユーザのログイン
   

-Nicotto, グレーゾーン, 発達障害
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2021 All Rights Reserved.