なかなかお箸を使えるようにならない子にはコレ!お箸を使わず上達できるたった1つのコツ

 
手先が不器用でお箸が上手に使えない。上手に使えないから使いたがらずなかなか上達しない。そんな悪循環にお困りのご家庭も多いのではないでしょうか。苦手なお箸を無理して練習するのではなく、楽しみながら上手に使えるようになるコツをご紹介します!
 
 

【目次】

 
 

1.お箸を使うのを諦めてしまう不器用な子

 
 
手先が不器用なのか、なかなかお箸が上手に使えない…。そんなお子さんに無理な練習は禁物すよ!
 
 
上手くできないことを本人がいちばん気にしているし、上手にやろうと思っても思うように体が動かないんです。
 
 
それなのに何度も練習をさせられたら、どんどん自信を失っていきます
 
 
ただでさえ周りの子が上手にできている姿を見て劣等感を抱きやすくなっていますから、おうちでの無理な練習はそれに拍車をかけてしまいます。
 
 
我が家の5才の娘がまさにそうでした。
 
 
娘は手先を使うことに関して得意なことと不得意なことにばらつきがあって、食事のときはスプーン・フォーク・エジソン箸を使って、手で食べることもたまにあります。
 
 
 
 
それまでは特にお箸の練習をしていなかったのですが、保育園の年中クラスになってお箸を使える子がちらほらと出てきてから、本人の希望で自宅でお箸の練習を始めました。
 
 
ですが、娘は練習してもなかなか思うようにお箸を使うことができず、本人のモチベーションが続かずに練習するのをやめてしまいました。
 
 
この頃ちょうど不登園と再登園を繰り返していたのですが、給食の時間だけはかたくなに拒否していたのは、お箸が上手く使えないことを気にしていたのも原因のひとつではないかと思っています。
 
 
不登園の理由のひとつになっているのなら使えるようにしてあげたいけど、無理はさせられない…。本人が自信を取り戻せるようなアプローチができないものかと考えました。
 
 
\おうちで脳の発達を加速させる/
1日5分から取り組める
約40種類の教材を
無料でダウンロードできます!
↓↓↓
 
 

2.目で見た情報と手先の連動がカギ

 
 
手先の器用・不器用は、脳の発達と関係しています。
 
 
 
 
手先の細かな動きに限らず、手足を動かすときに脳は目で見た情報を受け取って、それに合った動きをするよう手足に指示を出すということをしています。
 
 
動きがぎこちなかったり手先が不器用な子は、目で見た情報と手足の動作との連動が未発達な状態です。つまり、連動性を発達させれば改善するということなんです。
 
 
でも、無理な練習は禁物です!
 
 
グレーゾーンのお子さんネガティブな記憶が残りやすいので、失敗の経験が積み重なると、立て直すのに余計に時間と労力がかかってしまいます。
 
 
【期間限定 5月末まで】
 
繊細ちゃんに折れない心が育つ!
正しい甘やかし方がわかります

↓↓↓
 
 

3.無理なく脳の連動を発達させるポイント

 
 
無理な練習は禁物。ではどうすればいいのかというと、本人が楽しみながらできることをやるのがポイントです。
 
 

◆楽しみながら脳の連動を発達させる遊び

 
 
挫折しないように本人のレベルに合わせて楽しみながら脳の連動を発達させるような動きをたくさんするのがポイントになります。
 
 
たとえば、
 
 
・粘土あそび
 
 
・ビー玉あそび
 
 
・お絵描き
 
 
などが効果的です。お絵描きは、初めは線や丸などおおまかなものを描くことから始めていくといいですよ。
 
 
 
 

◆我が家の娘がすすんでお箸を使うようになった方法

 
 
我が家の娘が、上手くお箸を使えるようになるのに効果があったのはぬり絵でした。
 
 
初めの頃はあまり上手に塗れませんでしたが、「この色かわいいね!」「はみ出さずに塗れたね!」など、本人のモチベーションが上がるような声かけをしていました。
 
 
娘は好きなキャラクターなどのぬり絵を楽しんでいるうちに、だんだん細かな部分も上手に塗れるようになっていきました。これは、脳の連動性が発達して手先の細かな動きもコントロールできるようになってきたからなんです。
 
 
そんなある日、夕食で鉄板焼きをしていたときのことです。
 
 
目を離しているときに娘が、まるごと焼いていたしいたけを私のお箸を使って裏返しました。大きなものだったので、簡単につかむことができたようです。
 
 
「すごい!お箸で上手にできたね!」と私と妻が褒めたところ、娘はとても満足気な顔をしていました。
 
 
その一件で自信を付けた娘は、それ以来すすんでお箸を使うようになって、使う機会が増えたことで上達していくという好循環が生まれました
 
 
そして、あれほどかたくなに拒否していた保育園の給食も、園庭で食べるお楽しみイベントというきっかけはあったにせよ、ついに食べに行くことができたんです!
 
 
帰ってきてから娘に聞いたところ、先生やお友だちにお箸を使っているところを見せられて満足な様子でした。
 
 
このように、苦手なお箸を無理して練習するのではなく、お子さんが楽しんでできる遊びを通して使えるようになる方法、ぜひお試しください!
 
 
 
 
子どもの癇癪に困り果てているママ!対応策をご紹介しています!

▼ご登録はこちらから

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 
▼無料小冊子プレゼント▼
♡小冊子のご感想
子どもの行き渋りにどう対応するのが正解か分からず困っていました。こちらの本を読んで、行き渋りが悪化する対応をしていたことに気付き、はやめに知れて良かったと思いました。また、どう対応したらいいのか、具体的な対応と声かけが書かれていたので、ありがたいです。今日から取り組んでみます。
 
登校しぶりが解決する対応悪化する対応
がわかります!
↓↓↓
 
 
 
執筆者:大谷聡志
(発達科学コミュニケーショントレーナー)
発達の専門家が教える!脳を伸ばして子育ての悩みを解決する方法~1日1分無料メール講座~
無料登録で特典を受け取る
発達の専門家が教える!脳を伸ばして子育ての悩みを解決する方法~1日1分無料メール講座~
無料登録で特典を受け取る
タイトルとURLをコピーしました