ADHD 地域情報 対応

発達障害、グレーゾーンの子どもは広大な公園で脳を発達させましょう!お出かけスポット〜福岡編〜「小戸公園」

投稿日:

大人気の場所に連れて行ってあげたいけど、混雑した人混みは…と尻込みしてしまう発達障害、グレーゾーンの子どもを持つママ。大丈夫です!そんなときには、大きな公園で思いっきり遊んじゃいましょう!
 

【目次】

 

1.未知の体験に不安な発達障害の子どもに無理強いは禁物です

 
 
今年の夏はとても暑かったですね。熱中症の心配もあってなかなか外に連れだせなかったお母さんも多かったのではないでしょうか?
 
 
行楽の秋。子どもたちをいろいろなところに連れて行ってあげたい!折角だから、人気のテーマパークに連れて行ってあげたいと思っているお母さんもいるかもしれませんね。
 
 
テーマパークには子どもの好奇心や探究心、想像力や創造力など様々な刺激を受けるアトラクションが沢山あります。
 
 
しかし、発達障害やグレーゾーンの子は、こだわりが強かったり、なかなか決められずにぐずぐずしてしまたりと、臨機応変に対応することができないことがあります。
 
 
また、発達障害やグレーゾーンの子は初めての体験に不安を感じることも多いですね。
 
 
せっかく連れて行ったテーマパークで「いやだ!」「やりたくない!」と言ってグズグズされると、お母さんもイライラしてしまいますね。
 
 
「こんなんだったら連れて行かなきゃよかった…。」と、悲しい気持ちで帰ってくることもあるかもしれません。
 
 
発達障害、グレーゾーンの子は感覚が過敏な場合があります。
 
 
聴覚過敏の子は、人が大勢いてザワザワした感じや、赤ちゃんの泣く声が苦手だったりします。視覚過敏の子は光をとても眩しがり、フラッシュを嫌がったりします。人混みなど動くものが沢山目に入ると、すごく疲れてしまうことがあります。
 
 
「せっかく来たのに!」と無理強いは禁物です。
 
 
 
 

2.不安が強かったり、閉塞感が苦手な発達障害の子も安心です!

 
 
不安が強くて初めてのことが苦手な子、閉塞感のある屋内は苦手な発達障害、グレーゾーンの子。安心してください!
 
 
リトルプラネットのあるマリノアシティ(福岡県福岡市西区)から歩いて約10分のところに「小戸公園」(福岡県福岡市西区)があります。博多湾に面した海岸沿いにある、自然が豊かな美しい公園です。
 
 
「リトルプラネット」についての記事はこちらをご覧ください。
 
 
公園で、お散歩するだけでも十分です!外は刺激がいっぱいありますね。
 
 
「いろいろな刺激」=「実物」を見て触って感じることで子どもの脳は発達します。
 
 
爽やかな海風の吹きぬける公園は、自然と体を動かしたくなります。海からは潮風が吹き、ゆったりと海岸の景色を眺めることができますので、お散歩やウォーキングにも最適です。
 
 
公園は海岸沿いにあるので、暖かい季節には、裸足になって砂浜を歩くのも気持ちがいいですね。押し返す波を追いかけながら遊ぶのもとっても楽しいです。
 
 
「綺麗な貝殻だね!」「こんな綺麗な石があったよ!」と普通の砂場ではできない遊び方が沢山できますね。
 
 
能古島やヨットハーバーを望む海岸沿いにある「小戸公園」は、サッカーや野球が楽しめる球技場、バスケットコートなどもあり多くの多目的広場があります。
 
 
公園内の広大な芝生の広場に「小戸キッズウェーブ」と名付けられた複合遊具が設置されています。
 
 
デッキが広く作られているため、親子で一緒に遊ぶことができます。初めての場所で、ドキドキしてしまう発達障害、グレーゾーンの子どももお母さんと一緒なら安心できるかもしれません。
 
 
児童向け(小学生以上)の「おおなみエリア」と小さなお子さん向け(幼児向け)の「さざなみエリア」に分かれているので、小さなお子さんでも安心して遊べます。それぞれ博多湾の波をイメージしたスライダーになっています。
 
 
大きなお子さん(中学生以上)や大人でも楽しめる、ロープジャングルジムもあります。遊具の種類がとても豊富ですので、その日たまたま居合わせた同じ年頃の子どもたちとも自然に仲良くなれます。
 
 
芝生の広場はものすごく広いのでサッカーをやっているグループなどがいても、ぶつかる心配はありません。
 
 
と〜っても広く、一面芝生に覆われていますので、小さなお子さんも思いっきり遊べます。よちよち歩きの子でも安心して楽しめます。子どもの探究心がくすぐられる「四つ葉のクローバー探し」をしてみるのもいいですね。
 
 
また、公園には歴史のある小戸大神宮や元寇防塁があります。歴史好きなお子さんと一緒に、実物を見ながらお散歩してみてください。
 
 
知的好奇心が旺盛な発達障害・アスペルガー傾向のお子さんは、体験や経験を通して好奇心が刺激され、もっと知りたい!もっと調べたい!となるかもしれませんね。
 
 
「小戸公園」は、自然に触れながらとことん遊べるスポットです。いろいろな刺激が得られ楽しい思い出を沢山作ってあげられます!
 
 
たくさんの刺激を与えてあげること、楽しい経験をたくさんすることで子どもの脳は発達します。「小戸公園」で楽しい経験をたくさん作ってあげてくださいね!
 
 
 
 
ーー施設詳細ーー
【名前】小戸公園(おどこうえん)
【住所】福岡県福岡市西区小戸2丁目6-1
【開園時間】4月〜9月9:00〜19:00 /10月〜3月9:00〜17:00
【休園日】12月29日から翌年1月3日
 
 
執筆者:深井淳子
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)
 
 
発達障害・グレーゾーンの子とのコミュニケーションをスムーズに!
「1日1分メール講座」無料で毎日情報をお届けしてます。
▼ご登録はこちらから!

▼子どもの発達がぐんぐん伸びる情報が毎日届きます!

-ADHD, 地域情報, 対応
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2019 All Rights Reserved.