【活動紹介】発達障害グレーゾーンの子育てに限界になる前に!育児が上手くいく法則を教えます~スペシャルミーティング紹介~

 

 
 
こんにちは!発達科学ラボメンバー・ひきのです(^^)/
 
 
発達科学ラボとは、発達科学コミュニケーション(以下、発コミュ)創始者・吉野加容子が立ち上げ、発コミュの上級講座生たちで運営するコミュニティです。
 
 
こちらのコミュニティでは、私たちママやパパが脳科学や発達科学、心理学の観点から子どもの発達を継続的に学び、わが子の脳を育てるコミュニケーションを実践をしています。
 
 
脳科学?発達?コミュニケーション?
 
 
実際にどんな学び、活動をしているの?と気になった方に、ラボの活動内容をこちらで少しご紹介していきますね^^
 
 
今回は発コミュの基礎講座内で行われる『スペシャルミーティング』の様子をお届けします!
 
 
スペシャルミーティングとは
基礎講座のホームワークの実践期間中に実施され、zoomで直接講師や仲間と会話できる場です。講座内容を実践しての自分や子どもの変化の報告や、質問・相談をしながら、仲間の発表から新しい気づきや学びも得ることができ、自分の子育てにも活かせます。
 
 

発達障害グレーゾーンの育児がうまくいくコツは?

 
 
発達障害、グレーゾーンの子育ては難しい。
 
 
困ったことを相談してもなかなか解決しないし、誰にも分ってもらえないようで不安…。
 
 
育てにくい子の子育てをしていると、そう感じることもあるかもしれません。
 
 
通常のカウンセリングでは、専門家と1対1でうまくいってないことを相談するのが主流ですが、それだとなかなか解決は難しいんですよね。
 
 
ですが、このスペシャルミーティングは、
 
 
こんな困りごとが
こう声掛けしたら
こんな風に変わった!
 
 
というママたちのうまくいった実践記録をシェアし合います。
 
 
実はこれが、子育てがうまくいく法則!
 
 
うまくいったことを分析することで、なぜうまくいったのか?この方法はこういう特性の子に効くのか、というのが分かるようになるんです^^
 
 
さらにそれを、自分の子育てにも取り入れていくと、子育てがラクになっていきますよ。
 
 
この回もたくさんの受講生ママが集まりました♪
 
土曜日の朝6時から始まったスペシャルミーティング。
 
 
基礎講座を受講中のママやパパたちが参加し、自分の変化、お子さんの変化について報告し合います。
 
 

以前こちらのミーティングで教えてもらった方法を試してみたら、子どもの行動範囲と意欲が上がりました!

 
 

娘がピアノを習っていますが、なかなか練習をしない、行きたがらないということがありました。ですが、発コミュ対応と対話を大事にすることで、習い事の継続を応援できました!

 
 

母親の私が苦手なことに挑戦しました!すると家族も応援してくれて手伝ってくれ、子どもたちの行動量も少し上がりました。

 
 

娘とメンタルの状態について話し、癇癪について予防策を立てることができました!すると、朝、機嫌よく学校に送り出すことができました。

 
 
発コミュ創始者・吉野加容子からコメントやさらに子どもの発達を伸ばすアドバイスがもらえます!
たくさんの”できた!”とママの笑顔が溢れ出すひとときです♪
 
 
子育てに限界を感じ、一人で頑張って解決するのが難しいときは、この『スペシャルミーティング』の環境を最大限に活用できますよ。
 
 
「こうすれば上手くいく」という子育てのヒントは多ければ多いほど、子育ては楽しくラクになっていきます^^
 
 
ぜひ、フルバージョンのミーティングを実際に体験してみてくださいね! 
 
 
次回もお楽しみに!
 
 
基礎講座を受講したママやパパからうれしい声が届いています^^
 
 
 
 
 
<発達科学ラボの活動の詳細はこちら↓>
 
 
<上級講座の詳細やラボへの入会の流れはこちら↓>
 
 
発達凸凹育児がもっと楽しくもっとラクになる子育ての新しい学び方を発信しています
 
 
執筆者:ひきのなつき
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)
発達の専門家が教える!脳を伸ばして子育ての悩みを解決する方法~1日1分無料メール講座~
無料登録で特典を受け取る
発達の専門家が教える!脳を伸ばして子育ての悩みを解決する方法~1日1分無料メール講座~
無料登録で特典を受け取る
タイトルとURLをコピーしました