Nicotto パステルキッズの明るい未来 不登校 中学生

【Nicotto!限定】発達障害や不登校の子への特効薬とは!?社会人になって大活躍するカイロプラクターの成長ストーリー【後編】

投稿日:

不登校中の勉強はゼロ!それでも、高校・専門学校進学を選択したきっかけと、一歩前に踏み出せた家族の関わり方とは?また、不登校の子をサポートするようになってから伝えている「不登校の子への特効薬」を伺いました。
 

【目次】

 

1.中学への再登校、高校・専門学校進学を決めたきっかけと家族のサポート

 
 
前編では、元不登校・現カイロプラクターの四方和貴さんに家族との関わりの変化や、不登校中のユニークな過ごし方について、お話を伺いました。
 
 
前編の記事はこちらです。
 
 
中学3年生になり、四方さんは再登校し、高校進学を自分で選択していきます。不登校中や進学後の勉強について、またそこでの家族の関わり方について、さらにお話を伺いました。
 
 

――中学3年の途中で再登校をするようになったと伺いました。どんなきっかけがあったのですか?

 
 
「気持ちもスッキリするので、その日も庭の木を切っていたんです。すると、木を切りながら『俺は、なんで学校に行っていないんだろう?』と、突然そんな疑問が湧いてきました。
 
そして、どんどん『学校に行ってみたいな。』という思いに駆られてきたところに、当時の担任が家に来てくれて、保健室登校に誘ってくれました。
 
 

――カラダを動かすことで、気持ちが前向きになったのですね。再登校に不安はなかったのですか?

 
 
「自分で決めたことだったので、迷うことなく学校へ行きました。
 
担任には、『本当に来れたんだね!』と驚かれたのですが、それでも初めて認められたような気持ちになり嬉しかったのを覚えています。」
 
 

――自分で決めるって、大事ですね。保健室登校中は、どんな過ごし方をしましたか?

 
 
「午後1時から登校していました。でも、実は保健室登校は2日間だけで終わりました。保健室にいると、暗い相談をしにくる生徒が多くて、自分はここにいるべきじゃないと思ったんです。
 
暗い相談から遠のきたくて、すぐに教室登校に切り替えました。しかし、教室登校も長続きせず、1週間も経たないうちに、再度不登校になりました。」
 
 
➖➖➖
 
 
再度不登校になったにも関わらず、高校受験を希望したきっかけはなんだったのでしょう?この後、不登校時代勉強ゼロでも、高校進学、専門学校卒業できた理由もお聞きします!
 
 
➖➖➖
 
 

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。

ユーザのログイン
   

▼子どもの発達がぐんぐん伸びる情報が毎日届きます!

-Nicotto, パステルキッズの明るい未来, 不登校, 中学生
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2019 All Rights Reserved.