可愛いわが子の晴れ姿を残したい!衣装や写真が苦手でも笑顔で七五三の写真撮影ができる3ステップ

 

七五三といえば、子育てにおける大切なイベントの一つですよね。しかし、着物の着付、神社の参拝、家族での食事、写真撮影等慣れないことのオンパレード。うちの子にできるのかな…?と不安な方へ、七五三をステキな思い出にするヒントをご紹介します!
 

【目次】

1.着慣れないものや他人に写真を撮られることが苦手。七五三の写真撮影は夢の夢?
2.発達障害ASDタイプの子にこだわりが強い理由
3.可愛い七五三の晴れ姿を残す3ステップ
①やることを絞る
②苦手なことに対する捉え方を変える
③予行練習する

 
 

1.着慣れないものや他人に写真を撮られることが苦手。七五三の写真撮影は夢の夢?

 
 
毎年秋ごろになると、七五三で華やかに着飾った親子を見かけたり、SNSに可愛い写真がたくさんアップされたりしますね。
 
 
わが家には5歳の自閉スペクトラム症(ASD)傾向の息子がいます。
 
 
息子が3歳のとき、保育園のママ友に娘さんの七五三写真を見せてもらいました。
 
 
おしゃれな着物とほんのりお化粧もしてもらって普段とは見違えてしまう、それはそれは可愛い写真でした。
 
 
そのとき私は、うちの子はこんな写真撮るの難しいだろうな…と思いました。
 
 
なぜなら息子は当時、
 
 
・着慣れないものは絶対に着ない
 
・親や保育園の先生以外の他人に写真を撮られるのが嫌
 
 
というこだわりがありました。
 
 
新しい服や靴を用意しても、受け入れてくれるまでに時間がかかります。
 
 
保育園でお医者さんごっこをするとき等、なりきるために用意された衣装は全て拒否。
 
 
旅行中家族で写真を撮っているとき、周りの方が好意で「ご家族の写真撮りますよ!」と声を掛けてくださっても撮影拒否。
 
 
 
 
当時のままでは、七五三の写真撮影、ましてや着物のまま神社の参拝など絶望的にしか思えませんでした。
 
 
\9割のママが知らない/
子どもの発達が加速する!
8つの肯定テクニック
↓↓↓
 
 

2. 発達障害ASDタイプの子にこだわりが強い理由

 
 
息子のようなタイプの子は、なぜ柔軟に新しいことに対応できず、小さなことにこだわるのでしょうか。
 
 
それは、以下のような脳の特性が関係します。
 
 

見通しがもてない

 
 
ASDタイプの子は脳の機能が未熟なために、これから起こることを予測するのが苦手です。
 
 
予測ができず見通しが立たないので、何が起きるんだろう…と大きな不安を感じます。
 
 
そのため、以下のようなこだわりが出ることが多くあります。
 
 
・いつもと同じ服を着たがる
 
 ・いつもと同じ道を通りたがる
 
・ひとつの遊びを繰り返す
 
 
いつも同じ行動をすることで、脳が安心感を得ようとしています。
 
 
いつもと同じではない初めての場所、初めての経験、初めての人にはどうしても抵抗したくなってしまう特性なのです。
 
 

ストレスに弱い

 
 
不安を感じがちなASDタイプは、脳のストレス耐性が弱い傾向にあります。
 
 
緊張したり、心配なことがあったりすると脳にストレスがかかり、理性的に考える機能のはたらきは弱くなります。
 
 
これが続くとこだわりが発動・固執する、さらに脳が限界を迎えると癇癪を起こすなどの困った行動につながっていくのです。
 
 
不安を敏感に察知するためにストレスを抱えやすいので、ASD傾向の人は1日の中でストレスを感じている時間が長いと言われています。
 
 
 
 
いつもと同じ行動は、ストレスを回避し自分を守るためのものでもあるのです。
 
 
【期間限定 7月末まで】
 
新常識!
繊細すぎる子のトリセツがわかります
↓↓↓
 
 

3. 可愛い七五三の晴れ姿を残す3ステップ

 
 
脳の特性上、ASD傾向の子は初めてのことや経験がないことは苦手であることがおわかりいただけたかと思います。
 
 
七五三のイベントは、なかなか大変かもしれません。
 
 
無理に特別なことをせず、お家の中であたたかくお祝いができれば良いという考えもあると思います。
 
 
しかし、一生に一度か二度しか来ない特別なイベント。
 
 
家族の工夫で何か素敵な思い出を残す方法を考えてみるのも良いのではないでしょうか。
 
 
こちらは一例ですが、私が実施した3ステップをお伝えします。
 
 

◆①やることを絞る

 
 
・着物を着る
 
・神社に参拝する
 
・家族で食事をする
 
・写真撮影をする
 
 
上記が七五三ですることの代表的なものですが、全てをやる必要はないと思います。
 
 
本人や家族と話し合って、できそうなことに絞ってみてはいかがでしょうか。
 
 
私はできれば着物を着せて、家族写真を撮りたいと思いました。
 
 
なぜなら息子は自分の映った写真のアルバムを見るのが大好きで、もし格好良く着物を着た晴れ姿の写真が残せたら大きな自信に繋がるだろうと考えたからです。
 
 
神社の参拝は別日に普段着で行く、食事もなしとしました。
 
 

◆②苦手なことに対する捉え方を変える

 
 
第一の難関であった着物を着せるということについては、1年半ほどかけて少しずつ取り組みました。
 
 
いきなり着物を着せるのはハードルが高すぎる上機会もないので、普段着と違う「衣装」を着られるように段階を踏んでいきました。
 
 
何か普段とは違うものを着てみたいと、本人が言い出すタイミングを伺いました。
 
 
はじめのきっかけは4歳の頃です。
 
 
当時息子は『おさるのジョージ』にハマっていたのですが、ジョージが蜂に扮してブンブン踊るという回がありました。
 
 
そのとき、「ぼくも蜂になりたい。」と言ったのです!
 
 
それを聞いた私はすぐに黄色の大きなゴミ袋や黒いビニールテープ、画用紙等を用意して即席の蜂の体と触角を作りました。
 
 
クオリティが高いとは言えないものでしたが、息子は大喜びで服の上からそれを被ることができました。
 
 
好きなことに関連させればいつもと違うものも着られるようになるかもしれないと考えた私は、その後もチャンスを見つけては「着てみない?」と誘ってみました。
 
 
・外出先の遊び場で、プラレールと一緒に置いてあった駅長さんの帽子を被ってみる
 
・キッザニアで、大好きな車関連のお仕事服を着てみる(全身でなく羽織るだけのものから)
 
・旅先で、コックさんの服を着てクッキング体験をする
 
 
少しずつ初めてのものが身につけられる体験を重ねていくうち、息子の中で特別な衣装に対するイメージが変わっていきました。
 
 
「得体の知れない嫌なもの」から「憧れの対象に変身できるもの」になったのです。
 
 
「リフレーミング」と言いますが、ものごとの捉え方が変わると行動も変わっていくのです。
 
 

◆③予行練習する

 
 
写真撮影については事前に撮影練習をしました。
 
 
近所の写真屋さんにお願いすることにし、息子も下見と事前打ち合わせに一緒に行き顔合わせをしました。
 
 
人柄の良いご夫婦で、良い距離感で子どもとお話してくださるので徐々に慣れていきました。
 
 
その後ちょうどお正月のタイミングがあり、お正月の撮影イベントをすると聞いて家族で伺い、写真を撮ってもらいました。
 
 
かっちり決めたポーズではなく、自然な動きの中でラフに撮影してくださる写真屋さんなので、息子も緊張しすぎずに撮影することができました。
 
 
そして本番の撮影の日。
 
 
わが家は一般的な七五三シーズンを外して3月に撮影しました。
 
 
着物の着付けでは少々気持ちが崩れることもありましたが、着た後の撮影はばっちり。
 
 
自分で選んだ着物を見事に着こなし、ニコニコ笑顔の写真を撮ることができました!
 
 
 
 
5歳の着物はそのときしか着られません。
 
 
はじめは着物なんてとても着せられないと思いましたが、しっかり着られるようになった成長の証でもある写真は家族の宝物です。
 
 
そしてわが子の着物姿って本当に可愛いです!
 
 
今後お子さんが七五三を迎える方に、私の体験が参考になれば嬉しいです。
 
 
 
 
パステルキッズとの生活が楽しくなるヒントが多数あります!

▼ご登録はこちらから

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 
発達障害&グレーゾーンの子どもの育て方
≪12の質問でわかる発達チェック付き≫
↓↓↓

 

 
 
執筆者:諸住乃莉子
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)
発達の専門家が教える!脳を伸ばして子育ての悩みを解決する方法~1日1分無料メール講座~
無料登録で特典を受け取る
発達の専門家が教える!脳を伸ばして子育ての悩みを解決する方法~1日1分無料メール講座~
無料登録で特典を受け取る
タイトルとURLをコピーしました