補助輪が外せない!発達障害の怒りっぽい小2男子が自転車に乗れるようになった秘訣

 

「絶対補助輪外さないで!」と自転車練習が進まずお困りではありませんか?発達障害・ASDの怒りっぽい子は不安が強いため、自転車練習にはコツが必要です。今回はママもイライラせずにすむ対応について紹介します。

 

 

【目次】

 
 

1.小2の息子が自転車に乗れない

 
 
補助輪なしで自転車に乗れるようになる平均年齢は、5歳前後といわれています。
 
 
うちの子もう小学生なのに自転車に乗れないとお困りのママいませんか?
 
 
周りのお友達も、小さい子も乗っている。
 
 
でも、うちの子ときたら
 
 
怖がりで自転車の補助輪がなかなか取れない
 
痛いことは絶対ヤダ
 
・アドバイスしても「うるさーい!」って怒りだしてしまって練習にならない
 
・「もういい!」って言ってすぐにあきらめる
 
 
なかなか進まない自転車練習に、イライラしているママもいるのではないでしょうか?
 
 
我が家の自閉症スペクトラム(ASD)の息子は、補助輪つきの自転車にはお姉ちゃんのお下がりがあったので、早くから乗り始めていました。
 
 
上手になったので、保育園の年長さんの時に補助輪を外してみたところ、うまく乗れなくて「怖い!」 「やらない!」 と言ったので、補助輪を戻し、自転車に乗っていました。
 
 
小1の時は、そもそも外に出ることを嫌がる期間もあり、ほとんど自転車に乗りませんでした。
 
 
小2になり、知り合いから持っていたのより少し大きい自転車をいただきました。
 
 
すると、「自転車乗りたい」と言い出したのです。
 
 
 
 
今までの自転車は小さくなり、足がすぐ付くので、補助輪を1つ外した状態でもすんなり乗れるようになったものの、もう1つは「絶対外さないで!」と頑なでした。
 
 

2.発達障害・ASDの怒りっぽい子が自転車練習が進まない理由

 
 
発達障害・ASDのお子さんが、自転車に乗ることにうまくいかない理由には、 次の3つのことが考えられます。
 
 

◆理由1 こだわりの強さがある

 
 
自分なりのやり方やペースがあるので、ペースを乱されることが嫌いです。
 
 
なので、良かれと思ってアドバイスしたとしても、本人のタイミングでなければ、混乱したりイライラして怒り出します。
 
 

◆理由2 気持ちを言葉にできず怒りでアピール

 
 
怒りは二次感情で、本当の「気持ち」を適切に表現するのが苦手な子が多いです。
 
 
偏ったボキャブラリーや気持ちを言葉にすることができないので、上手く伝えられない代わりに怒りでアピールします。
 
 

◆理由3 不安が強く、ネガティブな記憶を残しやすい

 
 
初めてのこと、やったことないことは心配なのでやり始めるのにも時間がかかります。
 
 
そして、良い出来事よりも、悪い出来事の方が記憶に残しやすくなります。
 
 
ネガティブな記憶が多くなると、自信がなくなったり、自己肯定感が低くなります。
 
 
すると、本当はできるのにやらない!だったり、本当はやりたいのにやらない!といって、行動することが減っていきやすくなります。
 
 
 
 
これらの理由から、「自転車に乗る」ということは初めてのことであり、今までの補助輪ありと違って、
 
 
・うまく乗れない
・転ぶと痛い
・ママのアドバイスでペースが乱される
 
 
といった状況となり、練習がなかなか進まないということが起こりやすくなります。
 
 
発達障害&グレーゾーンの子どもの育て方
≪12の質問でわかる発達チェック付き≫
↓↓↓
 
 

3.補助輪外しは焦らず、タイミングが大事

 
 
いざやろうと思っても、ちょっと待ってください!
 
 
お子さんの準備が本当にできているか確認しましょう。
 
 
息子は補助輪のないお姉ちゃんや近所の子どもを見ると、
 
 
「スイスイで、うるさくなくていいね」
 
「あの子取れてるね」
 
 
と、ポツリポツリと言うことがありました。
 
 
1つ補助輪が付いていても息子はスイスイと自転車をこいでいくので、引け目を感じている様子は見れらませんでした。
 
 
自転車に乗りたいのに乗れずに悔しい思いをしたり、自分は出来ないんだって悲しい思いはさせたくない。
 
 
だけど、補助輪1つだと体が歪んだ状態で乗っているので、バランスが悪くなるのでは…
 
 
いろいろな想いを抱えて悩みましたが、本人がやりたいと思わなければ進めることはできません。
 
 
私は、本人が「やりたい」と言うまで待ちました。
 
 
 
 
心の中では、乗れても乗れなくてもどっちでも良い、だけど乗れたら本人にとってすごい成功体験だろうなと思っていました。
 
 
補助輪が1つ付いていると狭いところが通りにくかったり、カーブで引っ掛かりやすかったり、ガタガタうるさかったりします。このことが本人の中で少しずつストレスになってきました。
 
 
そして、いよいよ 「やってみようかな」と言ったのです!
 
 
【期間限定 7月末まで】
 
繊細ちゃんに折れない心が育つ!
正しい甘やかし方がわかります

↓↓↓
 
 

4.発達障害の子の補助輪外しがスムーズに行くコツ3つ

 
 
本人のやる気のある言葉が出たときがタイミング。
 
 
これはチャンス!と思って、補助輪外しチャレンジを始めました。
 
 
私がやったことは3つです。
 
 

◆①自転車に乗るポイントを最初に伝える

 
 
私がポイントとして伝えたのは
 
 
・背筋を伸ばして前を見る事
 
・後から乗せる足を乗せたらすぐこぐこと
 
ブレーキを使うこと お手本を見せたり、動画も一緒に見て確認しました。
 
 

◆②細かくとにかく褒める!

 
 
「ペダルが良い位置に持ってこれたね!」
 
「今ちゃんと前見てたよ!」
 
「足が乗せれたね!」
 
「半周回ってた!」
 
「1周回ったね!」
 
 
など、できていることを全て細かく伝えていきました!
 
 
途中で「こうすると良いよ」というと、「わかってるよ!」とご機嫌斜めになることがわかっていたので、アドバイスは一切封印!本人が聞いてきたときだけ答えるようにしました。
 
 

◆③驚く!笑顔で!を徹底

 
 
できてる声かけと一緒に
 
「もうそんなことできたの!?すごいじゃん!?」
 
という驚く雰囲気が伝わるように心がけ、笑顔でいるようにしました。
 
 
その結果、間を空けての3日間には分かれましたが、トータル2・3時間くらいの練習で補助輪を外して乗れるようになったんです!
 
 
3日目の練習をする前に本人から「2つ目の足をすぐにこぐと良いんだよね」 と、私がポイントとして伝えたことを言葉にして伝えてくれました
 
 
そして、その日の最初にペダルが3周くらいでき、一気に乗れるようになったのです!
 
 
親が後ろから支えて走るという方法はよく目にしますが、私の場合はほとんどやりませんでした。
 
 
その後も何度も練習して、長い距離も乗れるようになりました。
 
 
 
 
本人が「やりたい!」と言うのを待ったこと肯定の声かけを徹底したことで、お互いにストレスなく、「自転車乗り大成功」を収めることができました!
 
 
これからは、交通ルールをきちんと確認し、親子で自転車での活動範囲を広げていきたいと思います!
 
 
子どもに身につけさせたい自転車の交通ルールはこちらの記事をご覧ください▼
 
 
気になるあの方法は?子育てに役立つ情報が満載です!
▼ご登録はこちらから

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 
▼無料小冊子プレゼント▼

♡小冊子のご感想
子どもがゲームばかりして困っている親にも、ゲームとの上手な付き合い方を知りたい親にもオススメの内容でした!「え!そうなの?!」という驚きと発見がたくさんあるだけでなく、ゲーム依存から抜け出す対応や、ゲームを使って子どもを発達させる具体的な方法が書かれていたので、とても参考になりました。
 
\ゲーム・スマホは悪じゃない/
子どもの発達を加速させる
ゲーム・スマホの正しい使い方
↓↓↓
 

 

 
 
執筆者:林 花寿美
(発達科学コミュニケーショントレーナー)
発達の専門家が教える!脳を伸ばして子育ての悩みを解決する方法~1日1分無料メール講座~
無料登録で特典を受け取る
発達の専門家が教える!脳を伸ばして子育ての悩みを解決する方法~1日1分無料メール講座~
無料登録で特典を受け取る
タイトルとURLをコピーしました