ADHD Nicotto 発達障害

【Nicotto!限定】1日1分で集中力がつく!気が散りやすい発達障害ADHDに効果的なトレーニングとは?

更新日:

手渡す 親子 ハート
気が散りやすく集中力がない…こんな発達障害ADHDタイプの子どもの様子に悩んでいませんか?実は適切な対応をすれば、子どもの集中力は伸びるんです!今回はお家で気軽にできるトレーニングを紹介します。

【目次】

1.発達障害ADHDタイプの集中力のなさに困っていませんか?
2.どうしてADHDタイプは集中できないの?
◆注意のコントロールがうまくいかない
◆頭の中でじっくり考えることが苦手
3.子どもの集中力を高めるためにしてあげてほしいこと
◆環境を整える
◆お家でトレーニングに取り組む

 

1.発達障害ADHDタイプの集中力のなさに困っていませんか?

 
 
不注意傾向があり、気が散りやすい注意欠陥多動性障害(ADHD)タイプの子どもたち。
 
 
・1つのことに長い時間集中し続けることができない
 
・何かやっていてもすぐに他のことに気を取られてしまう
 
 
お子さんにこんな様子は見られませんか?
 
 
・授業で先生の話を聞いていない…
 
 
・宿題がなかなか進まない…
 
 
こんな風に学習面でも悩んでいるお母さんは多いかもしれませんね。
 
 
実は発達障害の子どもの集中力のなさには、脳の特性が大きく関係しています。そのため、適切な対応をしてあげれば子どもの集中力はぐんと伸びるんです。
 
 
そこで今回は、子どもの集中力を高めるためにお母さんにしてほしい対応とお家でできるトレーニングを紹介します。
 
 
考える 子ども
 
 

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。

ユーザのログイン
   

▼子どもの発達がぐんぐん伸びる情報が毎日届きます!

-ADHD, Nicotto, 発達障害
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2019 All Rights Reserved.