部屋の片付けができない小学生に効く!今日からできるママの対応2選

 

発達障害・グレーゾーンの小学生の子どもが部屋の片付けができない!何度言っても服を脱ぎっぱなし!使ったものはそのまま!イライラして怒っても子どもがサクサク片付けてくれることは少ないですよね。2つのルールで子どもの脱ぎっぱなし解決できますよ。
 

【目次】

 
 

1.小学生の子どもの部屋の片付け問題。「片付けて!」と何度言っても効果がなくて困っていませんか?

 
 
部屋に脱いだままの服が散乱している。
 
 
注意した時は「はーい」と返事はするものの、翌日にはまた同じ状態。
 
 
何度か続くと「何回も言わせないで!!」と怒ってしまう。
 
 
 
 
洋服だけではありません。
 
 
机の上は色んなものが出しっ放しでプリントは何かの間に挟まって、自分でもどこにやったかわからなくなっている。
 
 
紛失したり忘れ物が増えたりするのも無理もない。
 
 
この繰り返しいつまで続くのだろう?と頭を抱えているママもいるのではないでしょうか。
 
 
怒っても効果がないからしょうがないと諦めていませんか?
 
 
ママが子どもの脳の発達に合わせた対応をしてあげると、子どもは何も言わなくてもサクッと動き出します。
 
 
発達障害&グレーゾーンの子どもの育て方
≪12の質問でわかる発達チェック付き≫
↓↓↓
 
 
 

2.片付けが苦手な子ども達の脳の中はどうなっている?

 
 
なぜ、発達障害グレーゾーンの子どもは片付けが苦手なの?
 
 
それは、ワーキングメモリが弱いことが関係しています。
 
 
ワーキングメモリとは、入ってきた情報を頭の中で一時的に保持して、大事な情報を整理記憶しそれを使う力のことです。
 
 
 
 
情報を整理する働きの中でも特に大事だと言われているのが分類する力なのですが、実は日常生活に大きく関わっています。
 
 
たとえば、買い物に行ったとき、買いたいものを頭の中で自然と分類していますよね。
 
 
玉ねぎは野菜売り場、お刺身は鮮魚売り場、チョコレートはお菓子売り場など。
 
 
片付けも同じで、この鉛筆や消しゴムはふでばこへ、本は本棚へなどカテゴリーを分類して納めていきますよね。
 
 
しかし、発達障害グレーゾーンの子どもにはこの片付けの作業は、大人が思っている以上にハードルが高いことなのです。
 
 

3.我が家の娘の困りごと

 
 
片付けが苦手な我が家の娘が小学校高学年だったころ、すぐ部屋が散らかって困っていました。
 
 
・脱いだ服はそのまま床に放置
・使ったものを出しっ放しにする
・すぐに部屋がぐちゃぐちゃになってしまう
 
 
どれだけ注意しても片付けができるようにはなりませんでした。
 
 
片付けたとしてもその時だけ。「ママに言われたから片付けた」という他人事です。
 
 
なぜこの子は片付けができないのだろう?将来困るのではないか?どうしたら片付ける?
 
 
 
 
発達科学コミュニケーションで発達障害グレーゾーンの子どもの脳の特性を学んだことで、片付けが苦手な子どもにどのように対応していけばサクッと動けるようになるのかがわかるようになってきました。
 
 
娘に戦略的な対応をしてみると、スルッと片付けができるようになったのです。
 
 
次章では、私がどのように対応したかをお話します。
 
 
【期間限定 7月末まで】
 
繊細ちゃんに折れない心が育つ!
正しい甘やかし方がわかります

↓↓↓
 
 

4.2つのルールで片付けができるようになりました

 
 
まず、最初に私がおこなったことは、注意することをやめました。
 
 
・また脱ぎっぱなし!
・片付けなさい!
・ここに置いたら危ないでしょ!
 
これらの小言は言いません。
 
 
 
 
そして、2つルールをつくりました。
 
 

◆➀使ったものは元の位置に戻すこと!

 
 
必要なものを
 
取り出す→使う→元に戻す
 
 
このリズムです。
 
 
お茶を出して飲んだ後は冷蔵庫へ戻す。爪切りを使ったら引き出しに戻す。
 
 
「使ったら戻す」これだけです。
 
 

◆②脱いだものはBOXに入れること!

 
 
娘の部屋に服を一時的に入れる可愛いBOXを設置しました。
 
 
洗濯物は洗濯かごへ、それ以外(パジャマ等)は一時BOXに入れる。
 
 
すると、すぐに服で散乱していた部屋は散らからなくなりました。
 
 
BOXの中の服は床の上の状態と同じで、決して畳まれてはいませんでした。しかし、部屋の散らかりがなくなったのでOKです。
 
 
本人も「なんかスッキリした」と思ったようです。自分でお道具箱を用意して机の隅に置き、プリント類を入れるようになりました。
 
 
机の上はスッキリです。
 
 
ここで大事なことは、小さなことでも一つ一つできたことを見逃さずにすぐに褒めたり「ありがとう」とママの気持ち伝えることです。
 
 
数日すると、
 
 
・制服をハンガーにかけるようになった
・宿題が終わると翌日の準備をするようになった
・出しっ放しが減ってきた
 
自分でも心地よいことを覚え、繰り返していくようになりました。
 
 
ワーキングメモリの弱い子どもの片付けには、
 
 
・ママの指示を具体的に出してあげる
・することを小さく分けて指示してあげる
 
 
そうすると、理解しやすく行動に移しやすいです。
 
 
・片付けられた
・自分も気持ちよかった。
・ママに褒められた!
 
 
子どもは小さなできた!を積んでいくことで自信をつけていきます。
 
 
子どもが動きやすいように、ママはそっと誘導してあげられるといいですね。
 
 
 
 
子どもの整理整頓に困っているママ!対応策をご紹介しています!
▼ご登録はこちらから

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 
▼無料小冊子プレゼント▼

♡小冊子のご感想
子どもがゲームばかりして困っている親にも、ゲームとの上手な付き合い方を知りたい親にもオススメの内容でした!「え!そうなの?!」という驚きと発見がたくさんあるだけでなく、ゲーム依存から抜け出す対応や、ゲームを使って子どもを発達させる具体的な方法が書かれていたので、とても参考になりました。
 
\ゲーム・スマホは悪じゃない/
子どもの発達を加速させる
ゲーム・スマホの正しい使い方
↓↓↓
 

 

 
 
執筆者:瑞上 ようこ
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)
発達の専門家が教える!脳を伸ばして子育ての悩みを解決する方法~1日1分無料メール講座~
無料登録で特典を受け取る
発達の専門家が教える!脳を伸ばして子育ての悩みを解決する方法~1日1分無料メール講座~
無料登録で特典を受け取る
タイトルとURLをコピーしました