Nicotto 対応 発達障害

【Nicotto!限定】漢字は何回も書かなくてOK!発達障害の勉強を楽にする方法とは?

更新日:

何回書いても漢字がなかなか覚えられない…こんな子どもの様子に悩んでいませんか?実はある方法を使うと、漢字だけでなく色々な教科が楽に覚えられるようになるんです。今回は漢字の覚え方を例に、発達障害の子どもの勉強を楽にする方法をお伝えします。

【目次】

1.「漢字がなかなか覚えられない…」と悩んでいませんか?
2.発達障害の子どもの勉強を楽にする方法とは?
3.漢字を楽に覚えるためのサポート法

 

1.「漢字がなかなか覚えられない…」と悩んでいませんか?

 
 
発達障害の子どもがつまずきやすい漢字学習。
 
 
・練習するのを嫌がる
 
・何回書いても覚えられない
 
 
こんな悩みはありませんか?学年が上がるに連れて、習う量も増えるし難しくなるし…と頭を抱えているお母さんもいるかもしれませんね。
 
 
 
 
実は漢字を覚えるときには、様々な能力が必要とされます。ところが、発達障害の子どもは
 
 
・情報処理が苦手
 
・目と手の連携がうまくできない
 
・物の位置や形を正確に把握することが苦手
 
 
などの特性を持っているために、漢字を覚えるのがどうしても苦手な傾向があるのです。
 
 
でも、そんな発達障害の子どもでも、やり方を工夫してあげれば漢字を覚えるのがぐんと楽になるんです。
 
 
今回は「漢字の覚え方」を例に、発達障害の子どもの勉強を楽にする方法をお伝えしていきます。
 
 

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。

ユーザのログイン
   

-Nicotto, 対応, 発達障害
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2021 All Rights Reserved.