Nicotto グレーゾーン 学習障害 発達教材

【Nicotto!限定】発達障害・グレーゾーンの子どもの「言葉で言うのは苦手」を克服しして、脳を発達させる!『きょう いちば~ん ○○なことは なぁに?』

更新日:

発達障害・グレーゾーンの子どもは、自分の言葉で表現することが苦手ですが、自分か経験したことなら言葉にしやすいのです。一日の出来事を思い出してお母さんと一緒に楽しく自分の言葉で書き出してみましょう。ワクワクがたくさんある教材を紹介します。
 

【目次】

 

1.発達障害・グレーゾーンの子どもは、自分の言葉で何かを表現することが苦手です

 
 
発達障害・グレーゾーンの子どもは、いろいろなことを自分の言葉で表現することが苦手なため、様々な困りごとを抱えています。
 
 
たとえば、何か失敗をしてしまったときに、どうしてそうなってしまったのか、本当はどうしたかったのかなどをうまく説明できずに、叱られてしまったり落ち込んでしまったり。
 
 
自分の思いを上手に表せないことが、かんしゃくを起してしまったり暴力を振るってしまったりすることにつながる場合も少なくありません。
 
 
逆に、自分の思いを言葉で表現できたら、かんしゃくや暴力、暴言は少なくなります
 
 
それから、たとえば作文や日記を書くときも、いったい何をどう書いてよいのかわからなくなってしまうこともあります。
 
 
それが積み重なって「作文は苦手です」というレッテルをお母さんも子ども自身も自分に貼ってしまいがちですね。
 
 
でも、本当は、自分が行動したことは、自分の言葉で上手に書きやすいのです。
 
 
 
 

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。

ユーザのログイン
   

▼子どもの発達がぐんぐん伸びる情報が毎日届きます!

-Nicotto, グレーゾーン, 学習障害, 発達教材
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2019 All Rights Reserved.