Nicotto グレーゾーン 学習障害 発達教材

【Nicotto!限定】発達障害・グレーゾーンの子どもの「言葉で言うのは苦手」を克服しして、脳を発達させる!『きょう、〇□〇□したことは なぁに?』

更新日:

発達障害・グレーゾーンの子どもは、言葉で表現することが苦手ですが、感じたことや気持ちを「〇□〇□」(オノマトペ)で言うことで表現できるのです。一日のできごとをお母さんと一緒に楽しく自分の言葉で書き出してみましょう。楽しい教材を紹介します。
 

【目次】

 

1.感じたことや気持ちを言葉で伝えるのは難しい

 
 
自分の気持ちや感じたことを言葉で表現するには、誰にとっても難しいですね。なぜなら、人の気持ちや感情は目に見えないからです。
 
 
大人も子どもも同じです。目に見えるものや経験したこと、できごとだって言葉で表現するのは大変です。
 
 
言葉の知識が少なかったり、言葉を知っていても、その言葉をどうやって使っていいのかわからなかったりするからです。
 
 
あれこれ悩んでいるうちに、伝えたいことをすっかり忘れてしまうし、時間だけが過ぎてまた、次の何かが起きてしまいます。
 
 
発達障害・グレーゾーンの子どもは、特に言葉で表現することが苦手です。
 
 
自分の感じたことや気持ちをうまく表現できないので、かんしゃくを起したり暴言を吐いてしまったり、つい手が出てしまうことが少なくありません。
 
 
 
 

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。

ユーザのログイン
   

▼子どもの発達がぐんぐん伸びる情報が毎日届きます!

-Nicotto, グレーゾーン, 学習障害, 発達教材
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2019 All Rights Reserved.