Nicotto パステルキッズの明るい未来 中学生

【Nicotto!限定】「楽しそう!おもしろそう!」が進路の決め手!現在生き生きと社会で活躍している元不登校ママの軌跡~後編~

更新日:

子どもが、進路を考える上で大事なことは「楽しそう!おもしろそう!」と思えるか、そしてそれを実現させるために私たち親が自己効力感を子どもに授けることです。元不登校生徒で3人のお子さんのママでもある児童福祉施設職員さんからお話を伺いました。
 

【目次】

 

1.不登校で勉強が遅れている場合、どうやって進路を決める?

 
 
前編では、不登校イベントに参加して筆者が出会った、元不登校生徒で3人のお子さんのママでもある児童福祉施設職員Sさんから、お話を伺って勉強よりも大事な親子のコミュニケーションについて気づいたことを書きました。
 
 
Sさんへのインタビュー、前編はこちらです!
 
 
今回は、Sさんが不登校経験を通して『勉強はやりたいと思ったときがはじめどき。学校に行けなくても未来はある!学校に行くかどうかを決めるのは子どもだ!』と思うに至るまでの経緯を探るべく、Sさんが不登校になってから現在の職につくまでのお話をインタビューしました。
 
 

――不登校時代のSさん自身の気持ちはどうでしたか?

 
 
「家では、『将来どうやって食べていくか、好きなことをするにはどうしたらいいか』『好きなことでお金を稼ぐにはどうしたらいいか』をよく考えていました。」
 
 

――中学のときから、将来について考えていたのですね!すごいですね。

 
 
「家が商売をしていたのでお金が身近にありました。なのでそう考えていたのだと思います。」
 
 
◆ポイント解説
 
 
私たちは、好きなことをするときは、楽しいしやる気もでてきます。嫌いなことは、できればやりたくないですよね。
 
 
こう考えると、Sさんのように自分の好きなこと、楽しいことを何かしようと思うときの基準にしていくことは、理にかなっていると思います。
 
 
特に発達障害・グレーゾーンの子どもさんは、得意・不得意、好き・嫌いがはっきりしている場合が多いですよね。
 
 
漠然とみんなと同じという道をいくよりも、小さいころからキラリと光る何かを私たち親が日頃の生活を通して見つけ、それを伸ばしていくような親子の関わりをしていくとよいでしょう。
 
 
好きなこと、得意を伸ばすということは、発達障害・グレーゾーンの子どもにとって、視野を広げる助けにもなりますし、自信にもつながります。
 
 
それでは、Sさんが不登校期間中に考えていた将来像をどのように実現していったかを聞いていきます!
 
 

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。

ユーザのログイン
   

-Nicotto, パステルキッズの明るい未来, 中学生
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.