ADHD Nicotto 対応

【Nicotto!限定】しつけの新常識!ADHDの衝動性をコントロールする秘策、伝授します!

更新日:

人の物を触る、順番を抜かしてしまう…こんなADHDタイプの行動に悩んでいませんか?ADHDの衝動性には脳の発達が関係しているため、従来のしつけは効きません。そこで今回は脳科学に基づいた、子どもの衝動性をコントロールする秘策を伝授します。
 

【目次】

1.発達障害ADHDタイプの衝動性で悩んでいませんか?
2.「脳を発達させる」ってどういうこと?
3.しつけの新常識!ADHDの衝動性をコントロールする秘策とは?

 

1.発達障害ADHDタイプの衝動性で悩んでいませんか?

 
 
衝動的な行動が目立つ、注意欠陥多動性障害(ADHD)タイプの子どもたち。
 
 
・友達の物を勝手に触ってしまう
・つい順番を抜かしてしまう
 
 
こんな子どもの行動に困っていませんか?
 
 
「勝手に触るのはダメだよ!」「順番は守って!」といくら注意しても全然改善されない…こんな風に悩んでいるお母さんも多いかもしれませんね。
 
 
これらの行動は発達障害の特性の1つである、「衝動性」からくるものです。
 
 
発達障害の子どもは脳の発達が未熟であるために、自分の欲求をコントロールすることが苦手です。そのために自分の「こうしたい!」という気持ちだけで行動してしまうことがよくあるのです。
 
 
つまり、いくらしつけても行動が改善されないのは、ADHDの衝動性には脳の発達が大きく関係しているからなんです。
 
 
といっても、衝動的な行動はお友達トラブルの原因となったりケガなどの危険を伴うこともあります。なんとかしたい!と思うのがお母さんの気持ちですよね?
 
 
私にもADHDタイプの特性を持つ小1の息子がいるのでその気持ち、よく分かります!
 
 
そこで今回は、従来のしつけではなく、脳を発達させることで子どもが衝動性をコントロールできるようになる秘策を紹介します。
 
 

 
 

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。

ユーザのログイン
   

▼子どもの発達がぐんぐん伸びる情報が毎日届きます!

-ADHD, Nicotto, 対応
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.