Nicotto グレーゾーン 地域情報

【Nicotto!限定 東京都 おでかけ情報】才能のタネが必ず見つかる!「国立科学博物館」で発達障害の子どもの「個性」を伸ばそう!

更新日:

発達障害の子どもを育てていると、ついついできないことばかりに目が行きがちですよね。しかし苦手なことが多いからこそ、お母さんには才能のタネを大切に育ててあげてほしいんです!そこで今回は東京都の国立科学博物館を紹介します。
 

【目次】

 

1.苦手なことが多い発達障害の子どもたち

 
 
脳の発達が未熟なために、苦手なことが多い発達障害の子どもたち。
 
 
・じっとしていることができない
・すぐに気が散ってしまう
・行動が遅い
・こだわりが強い
・不器用
 
 
こんな風に子どもの「できていないところ」に目が行ってしまうことも多いですよね。
 
 
「なんで1人だけできないの?」
「どうすれば他の子と同じようにできるようになるの?」
 
 
と子どもの苦手をなんとかしようと必死になっているお母さんもいるかもしれません。
 
 
しかし、冒頭でお話ししたように発達障害の子どもの「苦手」は脳の特性が原因です。そのため、いくら注意しても改善することは難しく、本人もどんどん自信を失ってしまうだけです。
 
 
では、発達障害・グレーゾーンの子どもを持つお母さんにやってほしいこととは何でしょうか?
 
 
それは子どもの個性を見つけて大事に育て、才能に変えてあげることです。
 
 

 
 
といきなり「子どもの個性」と言われても、ピンとこない人も多いかもしれませんね。
 
 
そこで今回は、発達障害の子どもの個性についての考え方と、我が子の才能のタネを見つける1つの手段として「国立科学博物館」を紹介します。
 
 

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。

ユーザのログイン
   

▼子どもの発達がぐんぐん伸びる情報が毎日届きます!

-Nicotto, グレーゾーン, 地域情報
-, , , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.