コミュニケーション 発達障害

失敗が怖い!不安からくる発達障害の子の完璧主義を和らげる対応とは

更新日:

不安の強い発達障害の子どもは、失敗を恐れるあまり完璧主義者になっていることも。それゆえ強い生きづらさを感じていることさえあります。お母さんが、子どもの行動に着目してあげる部分を変えるだけで、「失敗への恐怖」を解消に導く対応をお伝えします。
 

【目次】

 

1.発達障害の子どもはこだわりが強いことが多いです

 
 
発達障害の子どもの特性の一つにこだわりの強いことが挙げられます。
 
 
・少しでも苦手意識を持っていることには、絶対に取り組もうとしない
 
・ゲームなどで必要以上に勝ちにこだわる
 
 
こんなお子さんの様子に悩んでいる方もいるかもしれませんね。
 
 
こだわりが強くなる原因として、
 
 
・失敗するのが怖いから
 
・過去のネガティブな記憶が強く残っているから
 
・臨機応変な対応が難しく、同じパターンの行動に安心を覚えるから
 
・思考の偏りがあり、融通を効かせるだけの選択肢を持てないから
 
・不安が強く、自分自身を守るための防御機能が働くから
 
・完璧主義な周りの大人に影響を受けているから
 
 
など他にもたくさんあるかと思いますが、これらが強く働いてこだわりとなって表れることがあります。
 
 
 
 
本来、こだわりを持つことは悪いことではありません。しかしこだわりが増えていくと、自分自身を苦しめるガチガチの完璧主義へと成長していきます。
 
 
周りも、まして本人も困惑するほどのこだわりは、なんとか解消してあげたいですよね。
 
 
今回は、不安の強い発達障害の子どもに多い「完璧主義傾向からくる失敗への恐怖」を解消する方法をお伝えします。
 
 
▼大人気▼発達グレーゾーンを卒業する方法が分かります
 
 

2.不安が強い子どもに必要なこととは?

 
 
発達障害の子どもで不安の強いタイプは、失敗を恐れる傾向があります。
 
 
何をするにも「間違えたらどうしよう…」「失敗したらどうしよう…」と不安になり、行動が制限されてしまうことも。
 
 
不安の強い子どもも本来の気持ちの上では、「面白そうだな、やってみたいな」と思っていたりします。しかし、いざ行動するとなると失敗への不安が出てきて、やらずに終わってしまうことも…。
 
 
やりたい気持ちがあるのにもかかわらず、行動せずに終わってしまうことはもったいないですよね。
 
 
我が家の娘に実際にあったことをお話しします。
 
 
幼稚園のお友達と初めて行く公園で遊んでいるときに、お友達が遊具に誘ってくれました。初めて行く公園なので、もちろんその遊具も初めてのものです。
 
 
大好きなお友達が誘ってくれたこともあり、娘は本当はやりたかった様子。
 
 
しかし、「やらない!」と断っていたのです。帰宅してから娘に聞いたら、「できないと嫌だからやらなかった」とのこと。
 
 
娘は失敗することへの強いこだわりがあります。やりたい気持ちよりも「失敗したら嫌」という気持ちが先行してやらなかったのです。
 
 
親としては「やりたい気持ちがあるのにもったいないな。不安が先にくるのはどうにかしてあげたい。」と強く思った出来事でした。
 
 
失敗そのものが悪いことではないですし、失敗して学ぶことがあるからこそ次へつながることもたくさんありますよね。
 
 
発達障害やグレーゾーンの子どもへは、絶対に失敗させないこと、失敗しないよう環境を整備してあげる必要がある、というのはよく言われることです。
 
 
これは、発達凸凹の子どもはネガティブな感情が蓄積されやすい傾向にあるからです。
 
 
そのため今後の行動を邪魔しないよう失敗をさせないほうが良いということですが、失敗をせずに成長していくことは同時に完璧主義な部分を作り上げてしまうことも考えられます。
 
 
 
 
できることなら、多少の失敗をしても自分で乗り越える力をつけてほしい!失敗しても良いんだ!ということも選択肢に入れて欲しいですよね!
 
 
そして、物事の判断は黒白しかないのではなく、グレーの部分があるということも知って欲しい。
 
 
失敗を恐れることを和らげる対応は、お母さんの子どもへの行動に対する着目点にあったのです。次項でお伝えしていきますね。
 
 

▼夏休み明け登校しぶりは学校と連携して対応しましょう!

 
 
 

3.失敗への恐怖を解消するお母さんの対応とは

 
 
発達障害のお子さんの強いこだわりを解消するコミュニケーション方法とは、子どもの行動に対する着目点をお母さんが変えてあげることです。
 
 
お子さんの失敗に対する不安や強いこだわりに共感すると同時に、お母さんは結果ではなく過程に目を向けてあげることなのです。
 
 
例えば、
 
 
「逆上がりが失敗して嫌だったよね。でも頑張って練習していた姿はしっかり見ていたよ。」
 
「テストで苦手なのが出たんだね。でも、ここはできるようになったじゃない!」
 
 
という感じです。結果だけが全てではないんだ!ということを伝えてあげて欲しいと思います。
 
 
間違っても「お母さんはそんなこと子どもの頃にできたわよ!」とお子さんに言ったりしないでくださいね。
 
 
 
 
親が、子どもに目を向けてあげなくてはならない部分は、実は結果ではなくて、過程なのではないでしょうか?
 
 
結果が良かったら褒めてもらえるよりも、それまでの自分の頑張りを認めてくれる方が子どもは嬉しいはずです!
 
 
子どもにとって一番身近なお母さんが過程を認めてくれることで、「失敗しても大丈夫なんだ」ということがお子さんの心に届きます。完璧にできない自分も許せるようになり、お子さんらしく成長していきますよ。
 
 
たとえ失敗しても、行動することで解決策を学ぶことができます。そして繰り返すことで、失敗したときの対処法や乗り越え方を身につけることができます。
 
 
発達障害のお子さんの失敗することへの強いこだわりを緩和させる対応で、行動につながるよう働きかけてあげましょう。
 
 
 
 
 
不安の強い発達障害・グレーゾーンのお子さんへの対応をお伝えしています
▼ご登録はこちらから!

▼小冊子プレゼント中です!

 
 
執筆者:みずおち梨絵
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)

-コミュニケーション, 発達障害
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2021 All Rights Reserved.