Nicotto 対応 幼児

【Nicotto!限定】療育だけでOK?発達障害の子どもがぐんぐん成長する対応とは~おうち発達支援のススメ~

更新日:

発達障害の子どもを持つお母さん、発達支援を専門機関だけで行う時代は終わりました。今はおうちでお母さんが支援する時代!…とはいえ、おうちでの支援を継続させることは難しいですよね。おうちを療育の現場にすることの意味と対応についてお伝えします。
 

【目次】

 

1.発達障害の子どもを持つお母さん、おうちで支援はしていますか?

 
 
発達障害・グレーゾーンの子どもへの支援というと、病院や療育センターで療育を受ける、ということをイメージされる方が多いかもしれません。
 
 
私も、発達障害・自閉症スペクトラムの息子を持つ母です。
 
 
息子が幼稚園の年少さんで発達障害の診断を受けたとき、私も
 
 
「何としてでも療育を受けさせたい!」
「療育を受けないと、この子は伸びない!」
「療育を受けられたら、この子は定型発達になれる」
 
 
なんてことを思っていました。
 
 
発達科学コミュニケーションを学んだ今では、なんてぶっ飛んだ考え方をしていたんだろう!?と冷や汗が出てくるほどです。
 
 
でも、発達が気になるお母さんとお話しさせていただく機会が増えるにつれて、私のように、療育に過度に期待を寄せているお母さんが意外と多いことに気づきました。
 
 
「うちの子、ちょっと発達が気になって…どんな療育を受けたらいいと思う?」
「とにかく、療育を受けられるなら早く始めたい!」
「療育を受けたら、うちの子も変わるよね?!」
 
という声を多く聞いてきました。
 
 
パステル総研では、おうちでお母さんが子どもを発達させる方向についてお伝えしていますが、まだまだ世間では「発達支援=プロが行うもの」という考えが浸透しているようです。
 
 
確かに、専門的な知識と経験を積んだプロに支援してもらえるチャンスは、発達障害の子どもを持つ親にとって頼みの綱のようなもの。療育を受けられるチャンスがあるなら受けた方がいいに決まっています。
 
 
ですが、療育を受けられないからといって、悲観する必要もありません。おうちでお母さんが発達支援することで、子どもをぐんぐん伸ばすことができるからです。
 
 
 
 
この記事では、私の息子の療育での経験、おうちでの発達支援での経験の両方を踏まえながら、それぞれの特徴と効果について解説します。
 
 
また、これまでおうちでの発達支援を勧めると、ほぼ100%のお母さんから、
 
 
難しそう…
大変そう…
私にはちょっと無理かも。
 
 
なんてという返事をいただきました。この辺りからも、「発達支援はプロが行うもの。普通のお母さんにはできない」という思いを感じます。
 
 
おうちでの発達支援は、何も特別なものではありません。毎日の生活の中で少し意識することで今日から取り入れられるもの。簡単で3日坊主にならない方法についてもお伝えします。
 
 

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。

ユーザのログイン
   

-Nicotto, 対応, 幼児
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.