Nicotto 対応 幼児

【Nicotto!限定】アナログ?デジタル?発達障害の子どもに時計の読み方を教える方法

更新日:

発達障害のお子さん、時計は読めますか?時計が読めるようになると毎日の予定がスムーズにこなせるようになります。時計を教えるのは何歳から?注意するのはどんなこと?発達障害・自閉症スペクトラムの息子を持つ私が解説します。
 

【目次】

 

1.予告が効かない!?発達障害・自閉症スペクトラムの息子

 
 
発達障害の子育ての困りごとでよくあるのが、「行動の切り替えが苦手」。あなたのお子さんはいかがですか?
 
 
私の息子は、発達障害・自閉症スペクトラムの小学1年生。今では少し声をかけるだけでサクサク動いてくれるようになりましたが、幼稚園の年少さん・年中さんの頃は、一度何かをやり始めると自分が納得するまでは終われないタイプでした。
 
 
特に、大好きなプラレールで遊んでいるときは大変!家にあるすべての車体をリビングに出して、全部レールに並べるまで終われない、ということもありました。
 
 
息子にねだられて車体が50台近くある我が家…いつになったら終わるの?とイライラを通り越してぐったりでした。
 
 
息子を含め、切り替えが苦手な子どもに有効とされるテクニックが「予告」です。
 
 
あらかじめ次の行動を予告しておくことで、見通しがつきやすく次の行動に移しやすくするこのテクニック。これはいい!と思って取り入れたのですが、なかなかうまくいきませんでした。
 
 
「あと5台並べたらおでかけするよ」
⇒全部並べたい息子は受け入れられない
 
 
「そろそろ行くよ」
⇒そろそろってどれぐらいか、私も息子も分からずズルズル…
 
 
というように、私の声かけの仕方もよくないこともあって、予告がうまくいかない日々でした。
 
 
そんな毎日も、もともと数字が大好きな息子に時計の読み方を教えたことで、うまく切り替えられるようになりました。
 
 
 
 
この記事では、発達障害の子どもに何歳ぐらいからどのように時計の読み方を教えたらいいのか?について解説します。
 
 

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。

ユーザのログイン
   

-Nicotto, 対応, 幼児
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.