Nicotto 対応 幼児

【Nicotto!限定】おやつタイムを活用!発達障害の不器用な子の手先トレーニング

更新日:

発達障害の子どもは超不器用!どうしてそんな風になるの?と突っ込みどころ満載の毎日を送っているお母さんへ朗報です。練習させたいと思ってもなかなかうまくいかない手先のトレーニングにお困りなら、毎日のおやつタイムを活用するのがおすすめです!
 

【目次】

 

1.イライラの連続!発達障害の息子の不器用伝説

 
 
発達障害の子どもは不器用な子が多い、と言われますよね。あなたのお子さんはいかがですか?
 
 
私の息子は現在小学校1年生。年少さんのときに発達障害・自閉症スペクトラムの診断を受けました。
 
 
息子は本当に不器用!私から見ると「なんでそうなるの!?」「え!?そうやるの!?」の連続です。
 
 
幼稚園の年少さんの1年は、はさみもクレヨンもうまく使いこなせなかったため、幼稚園の工作は先生がつきっきりになって教えてくださっていたほど。
 
 
ボタンのつけかた
靴の履き方
消しゴムの使い方
コップの持ち方
 
 
今でも、できていないわけではないけれど、やり方が効率的ではないし、なんか変なのです。息子には申し訳ないのですが、「どんくさい」という表現がぴったり。
 
 
何とか不器用を卒業させたい!と思って、作業療法を受けたり、家でもさまざまなトレーニングを重ねてきましたが、なかなかうまくいきませんでした。
 
 
今でも不器用な息子ですが、日常生活を送るのに必要な作業は問題なくできるようになりました。
 
 
不器用なお子さんを何とかしたい!と思っているお母さんがぶち当たる壁が、
 
 
・子どもが嫌がってトレーニングしない
・お母さんが忙しくてついついトレーニングを忘れてしまう
 
 
という2つではないでしょうか。
 
 
今回は、この2つをまるっとクリアして、「子どもが楽しく毎日できる」手先のトレーニングをご紹介したいと思います。
 
 
 
 
まず最初に、発達障害の子どもはどうして不器用なのか?について解説していきますね。
 
 

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。

ユーザのログイン
   

-Nicotto, 対応, 幼児
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.