Nicotto 小学生 幼児

【Nicotto!限定】子どもの発達支援で本当に必要なこと3つ~発達障害・自閉症スペクトラムの息子が成長した秘密とは~

更新日:

発達障害・自閉症スペクトラムの子どもをなんとか伸ばしたい!と思っているお母さんに、ぜひ知っておいてほしい「発達支援で本当に必要なこと」を3つお伝えします。子どもが発達するのに絶対に必要な3つとは?ニコット塾の会員さんだけに公開します。
 

【目次】

 

1.発達障害の子どもに発達トレーニングは必要か?

 
 
うちの子、ちょっと発達がゆっくりかも?
なんだか育てにくい…
発達障害・グレーゾーンかも!?
 
 
こんな風に、お子さんの発達が気になるお母さんに、今日は「発達支援で本当に必要なこと」を3つお伝えしたいと思います。
 
 
子育ての情報はもちろん、子どもの発達に関する情報は簡単にたくさん手に入れることができる時代です。
 
 
みなさんは、大量の情報から本当に自分が必要な情報をつかみ取れていますか?
 
自分に必要な情報を、使いやすい形にアレンジして実践できていますか?
 
そもそも、どうしてその情報が必要なんでしょうか?
 
 
私は、大量の情報に右往左往して、最終的に爆発してしまった経験があります。
 
 
私の息子は発達障害・自閉症スペクトラム。診断がおりたものの、療育は満員。療育スタートまで8か月待ってほしい、と言われました。
 
 
だからと言って8か月の間、何もしなくていいわけではありません。何か情報はないか?書籍を読み、インターネットで情報を検索し始めました。
 
 
すると、どんどん出てくる出てくる!大量の情報から、「発達障害の子どもを伸ばすトレーニングがある」とすぐに気が付きました。
 
 
見るトレーニング、聞くトレーニング、手先のトレーニング、体幹のトレーニング、社会性のトレーニング…調べてみると、どれも息子に当てはまる気がします。これらを全部やらないと息子は成長しない!と思えてきました。
 
 
というわけで、これは息子ならできる!と思ったものは即実践。息子がやりたがらなくても無理やりやらせる。幼稚園から帰ってきて晩御飯を食べるまでの3時間は、毎日がトレーニングタイムでした。
 
 
結局のところ、
 
・やったりやらなかったりする息子に振り回される。
 
・トレーニングの辞め時が分からず、増えていく一方。
 
・本当にこのトレーニングが息子に必要なのか分からない。
 
 
結局私は大量の情報に押しつぶされて、発達科学コミュニケーションの創始者・吉野加容子先生に助けを求めたのでした。
 
 
当時を振り返って、トレーニングとの使い方についてお伝えした記事はこちらから!
 
 
 
 
 
今、当時を振り返って、私には「トレーニングの目的」がなかったと反省しています。
 
 
息子のこの部分をこういう風に伸ばしたいから、という明確な目的がなく、出てくる情報をできそうかどうかだけを判断して実践していたのです。
 
 
でも、私のような失敗は、子どもの発達に不安を抱えるお母さんならだれでも陥ってしまう可能性があります。
 
 
お母さんなら、どんなことをしても子どもを発達させたい!と思って当たり前。 一方で、「この子はこういう子だから、こういうことをするといいですよ」と詳細にアドバイスをしてくれる人はほとんどいません。
 
 
結果として、「この子には何が必要か」という視点がすっぽり抜け落ちたまま、大量の情報に巻き込まれてしまうのです。
 
 
私はこの大失敗と発達科学の学びを経て、発達支援で本当に必要なことはたった3つであることに気づきました。そして、この3つを実践することで息子が驚くほど成長したのです!
 
 
子どもの発達が気になるけど、どうしたらいいの?
 
療育がスタートする前に、何かできることはない?
 
今トレーニングをしているけれど、正直つらい…
 
 
という方は、ぜひ続きをお読みくださいね。
 
 
発達障害&グレーゾーンの対応無料メール講座特典付き
 
 

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。

ユーザのログイン
   

-Nicotto, 小学生, 幼児
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.