ADHD 発達障害

「丁寧に書きなさい」では子どもの字はきれいにならない!?発達障害ADHDタイプの子どもに効果的な対応とは

更新日:

発達障害の子どもに「もっと丁寧に字を書きなさい」と何度言ってもきれいな字が書けず、悩んでいるお母さんはいませんか?ここでは丁寧に取り組むことが苦手なADHDタイプにオススメの声かけをお伝えしていきます。 

 

【目次】

 

 

1 発達障害の子どもの字が汚いことで悩んでいませんか?

 
 
ノートや連絡帳に書いてある字が汚くて読めない。これではいけない!と思い子どもにもっと丁寧に字を書きなさい」と注意しているけれど効果がない…。こんな風に悩んでいるお母さんはいませんか?
 
 
特に発達障害・注意欠陥多動性障害(ADHD)タイプの子どもは集中力を保つのが難しく、根気のいる課題に取り組むのが苦手なため、字を書くのも雑になってしまいがちです。
 
 
字が汚いと自分の書いたノートが後で読めなくて本人が困るだけでなく、テストや入試の時にせっかく答えが合っていても減点されてしまう場合もあります。
 
 
お母さんも心配になって、つい注意してしまいますよね。でも「丁寧に書きなさい」では発達障害ADHDタイプの子どもはきれいな字を書けるようにはならないんですよ。
 
 
 
 

 

2.「丁寧に書きなさい」では効果がない理由

 
 
では、なぜ発達障害ADHDタイプの子どもに「もっと丁寧に字を書きなさい」と言っても効果がないのでしょうか?理由は2つあります。
 
 
1つ目は子どもはできていないことを指摘されるとやる気をなくすからです。
 
 
「もっと丁寧に字を書きなさい」という言葉は裏を返すと「あなたの書いた字は汚い」と言っているのと同じです。つまり子どもの書いた字を否定しているのです。
 
 
子どもは自分の行動を否定されると自信をなくし、自主的に行動しなくなります。つまり「もっと丁寧に字を書きなさいと言われることでやる気を失ってしまうのです。
 
 
2つ目の理由は具体的にどうすればいいのか分からないからです。
 
 
「丁寧に」と言われても発達障害の子どもにはどうすればいいのか分かりません。具体的にしてほしいことをきちんと教えてあげないと子どもは行動することができないのです。
 
 
 
 

 

3.ADHDタイプの子どもにオススメの対応

 
 
では、発達障害ADHDタイプの子どもがきれいな字を書けるようにするには、どういう声かけをすればよいのでしょうか?
 
 
それは丁寧にできている部分を見つけて、具体的に褒めてあげることです。
 
 
先ほど、子どもは自分の行動を否定されるとやる気をなくすというお話をしました。反対に子どもは自分の行動を肯定されると自信がつき、自主的に行動ができるようになります。
 
 
つまり、できている部分を見つけて褒めてあげることで発達障害の子どものやる気を引き出すことができるのです。
 
 
さらに丁寧にできている部分を具体的に褒めてあげることで、子どもはどうすればいいのか理解することができます。
 
 
できている部分を褒める時はどんな些細なことでも褒めてあげます。
 
 
例えば
「この“あ”の字、きちんとマスの中に書けてるね」
「“え”の上の部分、正しい位置に書けてるね」
「ここの部分きちんとはねてるね」などです。
 
 
また、勉強に取り組んでいる場面は褒める絶好のチャンスです。
「きちんとゆっくり書けてるね」
「正しい書き順で書けてるね」など
できているところをこまめに実況中継してあげましょう。
 
 
そうすることで子どもはどうすればいいのかを考えながら書くようになるので、字を丁寧に書くことが定着しやすくなります
 
 
いかがでしたか?発達障害の子どもにきれいな字を書かせるためには、丁寧にできているところを見つけて具体的に褒めてあげることが大事です。今日から声かけを変えてADHDタイプの子どものやる気を引き出してあげてくださいね。
 
 
 
 
執筆者:森あや
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)
 
 
勉強が苦手な子どもへの声かけ多数公開中!
▼ご登録はこちらから!
 

▼子どもの発達がぐんぐん伸びる情報が毎日届きます!

-ADHD, 発達障害
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2019 All Rights Reserved.