グレーゾーン コミュニケーション

【Nicotto!限定】感情表現の苦手を克服するコツ!発達グレーの子どもの感情を豊かにしていくお母さんの対応法教えます!

更新日:

発達障害・グレーゾーンの子どもの感情表現を不安に思うお母さん必見です!感情表現はコミュニケーションの基本、我が子にはぜひ身につけてほしいと思いますよね。苦手をいつの間にか克服し、感情を豊かにしていくためのお母さんの対応法をお伝えします。
 

【目次】

 

1.感情表現の苦手な発達グレーゾーンの子どもを叱っていませんか?

 
 
皆さんは、我が子の感情表現に不安に思ったことありませんか?
 
 
・褒めても反応が鈍い
・表情が乏しい
・話しかけられても無視する
 
 
今回はこのような子どもが感情表現の苦手を克服するコツをお伝えします。
 
 
先日、娘の誕生日でした。
 
 
園によると思いますが、娘の通う幼稚園ではお誕生日を大切にする考えのようで、誕生日当日は先生やお友達がたくさんのお祝いの言葉をかけてくれました。
 
 
娘もとても嬉しそうでした。
 
 
誕生日は「この世に生まれてきてくれてありがとう!」という、最高の1日ですよね。
 
 
幼稚園での娘のように、肯定の言葉をたっぷりとかけてもらえる日です。
 
 
そして、その子が存在している意義を伝えられる絶好のチャンスでもあります!
 
 
ですが、そんな嬉しいことがたくさんある日でさえ
 
 
・せっかくお友達に「おめでとう」と言葉をかけてもらったのに、無視して返事をしない
 
・お誕生日の歌を歌ってもらったのに、嬉そうに見えない
 
 
そんな我が子を見ると、心配になり悲しくなってしまいますよね。
 
 
心配で悲しいだけでなく、悔しかったり腹立たしかったりもどかしかったりと、お母さん自身も色々な想いが交錯して、複雑な気持ちになると思います。
 
 
そんな子どもの態度や表現のことで叱ったり責めてしまったり、そんなお母さんも実際少なくありません。
 
 
そして子どもを責めたことで、お母さん自身が自分を責めると言う方もいらっしゃるでしょう。
 
 

 
 
お気持ちはとてもよくわかります!私も同じ経験を何度もしていますから…。
 
 
ですが、叱ることも落ち込むことも少し待ってください!
 
 
実は、子どものことを叱ってもほとんど効果がないのです。
 
 
実際に経験し、研究をしてきた私だからこそ、皆さんに伝えられることがあります!
 
 
どうして子どもを叱っても効果がないのかをお話ししていきますね。
 
 

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。

ユーザのログイン
   

-グレーゾーン, コミュニケーション
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2021 All Rights Reserved.