ママの学び方・働き方

私が考える、子どもの発達に欠かせない大切なこと~発コミュ物語~

更新日:

 

私には夢があります。それは発達凸凹の子どもの個性や能力が活かされる社会を創ること。これを実現するためには、まず子どもの発達に欠かせない大切なことがあるのです。今回から発コミュ物語として私の思いをお伝えしていきます。
 

【目次】

 

1.創始者の私が語る発コミュ物語、始まります!

 
 
今回、新しい企画として、「発達科学コミュニケーション」の創始者の私だからこそ語れる、その名も「発コミュ物語」 全51回(←中途半端…)に渡ってお送りする予定を立てました。
 
 
創始者の想い。
 
 
それは、発コミュを習う生徒さんにも、一緒に仕事をする門下生にも、これから発コミュを学ぶかもしれない未来の生徒さんにも、ぜひ知っておいて欲しいと思っています。
 
 
なぜなら、発達科学コミュニケーションは通常の子どもの発達支援プログラムとは違います。
 
 
とても珍しい仕組みを創っているので、一見よく分からないかもしれません。
 
 
発コミュってよく分からない…という理由で受講を先延ばしにしていた人が、個別相談に来られると「もっと早く始めればよかった!!」と口を揃えておっしゃいます。
 
 
あぁ、きちんと説明しないと伝わりにくいんだな…と反省しているところです。
 
 
子どもたちの脳は、日々変化しています。 なので、時間を無駄にするのはもったいなさ過ぎます!
 
 
 
 
 
例えば、3ヶ月前に発コミュを習い始めた人は、もう日々の困りごとがほとんどなくなっています。
 
 
しかし、3ヶ月前の同じ頃から発コミュを知ってはいるけど習い始めなかった人は、もしかすると、この3ヶ月間をもったいない形で過ごしているかもしれません。
 
 
この違いがみなさんのせいではなく、このラボの仕組みが上手く伝わってないせいだったら…。それは私の責任です。
 
 
ちなみに、注意点が2つあります。
 
 
まず1つ目は、今のところ51回の予定ですが、100回になるかもしれませんし、もしかすると30回で終わるかもしれません、悪しからず…。
 
 
2つ目の注意点。
 
これが1番大事なのですが、最終回を待たないで行動を始めて欲しい!ということです。
 
 
最終回まで待ってから始めよう。それは違います。
 
 
先ほども申しましたように、子どもたちの脳は日々変化をしています。 ですので、発コミュの考え方が腹落ちした所ですぐに動くことをおすすめします。
 
 
子どもの発達支援は準備に時間をかけることよりも、すぐに行動を始めることが大事! ということだけ、しっかり覚えておいてください。
 
 
そして、学ぶだけでは現実は変わりませんが、学びながら行動すれば現実は驚くほど変わる!! ママの行動あってこそ、の発達支援=発コミュだということを忘れないでくださいね。
 
 

 
 

2.子どもの発達を前進させるために、まず大事なこと

 
 
私は「発達科学ラボ」というパステル(発達凸凹)の子どもを育てているママのためのコミュニティを運営しています。
 
 
何のためのラボか?と言うと、子どもの可能性を広げるコミュニケーションが当たり前になる時代をつくるためのラボなんです!!
 
 
発達凸凹の子たちは、パステルカラーのような色とりどりの個性を持っているのに、なかなか理解してもらえない辛さを抱えています。
 
 
物心ついた時から、
 怒られてばかり…
 傷つけられてばかり…
 誤解されてばかり…
 
 
そんな人生を送っている子も多いんです。
 
 
私は、子どもの可能性を絶対につぶしたくない!と考えています。 きっと多くの大人たちが同じ考えを持っていると思います。
 
 
発達科学ラボは、他の発達支援サービスとこの目的を叶えるための手段が違います。
 
 
普通の発達支援サービスは、子どもを訓練して変えようとします。 それはそれで価値がありますし、やった方がいいことです。
 
 
けれども、私には少し違和感があるのです。
 
 
本当に、子どもたちを訓練するだけでいいのだろうか…?
 
 
子どもたちをちゃんとさせる。 世の中の仕組みに合うように行動させる。
 
 
それは確かに必要なことで、本人たちが今の社会で生きやすくすることに繋がります。
 
 
だけど、本当にそれだけでいいのだろうか?私にはすごく違和感がありました。そして、こう思ったんです。
 
 
変わるべきは大人の方だ!!
 
 
 
 
 
子どもと一緒にいる大人に発達の知識があるかどうかで子どもの発達に大きな差がないだろうか?
 
 
知識がないから間違った対応をして、余計に子どもたちの成長を阻害してはいないだろうか?
 
 
もし大人に発達の知識があれば、本当なら今の困りごとを簡単にクリアすることだってできるんです。 そしてもっと言うと、子どもの可能性を広げていくこともできるんです。
 
 
だから私は、発達に詳しい大人を増やしたい!そう考えています。
 
 
大学などを除けば、子どもの発達について専門的に学べる場所はほとんどありません。
 
 
だからこそ、子どもたちに一番近いママに知って欲しい知識や技術を届ける場所を創ろう!!
 
 
一緒にいるママに知識や技術があるだけで、一気に生活が変わる。 そして、未来も変わる。
 
 
そう思って作ったのが発達科学ラボなのです。
 
 
もっと子どもの発達について知識があれば… もっと子どものことが理解できれば…
 
 
今の困りごとの解消だけではなく、子どもの未来の可能性は大きく広がっていくのです。
 
 
その場かぎりの小手先ではなく、きちんと理解して子どもに接したい。 そう感じている方はぜひ学びに来てくださいね!
 
 
今すぐ動きたい!と思った方は個別相談の枠をお取りします。
▼詳細▼
https://yoshinokayoko.jimdofree.com/発達分野で働く/ 
 
 
 
 
ママの行動が子どもの未来を可能性あるものに変えます。
▼ご登録はこちらから!
 
 
執筆者:吉野加容子
(発達科学コミュニケーショントレーナー、学術博士、臨床発達心理士)
 

-ママの学び方・働き方
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2021 All Rights Reserved.