コミュニケーション 不登校

学校で「良い子症候群」の子どもが本音を語り出す!お母さんとのコミュニケーションとは

更新日:

周りの人からは「良い子ですね」といつも言われる、でも子どもの本音がわからない、そんなときは要注意です。成長していく中で子どもの心に問題が出てくるかもしれません。子どもが本音を言えるお母さんになるコツをお伝えします!

【目次】

1.お母さんなのに子どもの気持ちがわからない⁈

 
 
皆さんは、お子さんの本音を理解できていますか?
 
 
私は、息子が不登校になったときに、息子がどうしたいのかよくわからなかった時期があります。
 
 
「学校に行きたいのか」
「学校に行きたくないのか」
「どんなことが嫌なのか」
「どんなことが辛いのか」
 
 
子どもが辛いときに子どもの本当の気持ちを想像できず、子どもを理解することができていなかったのです。
 
 
自分の子どもなのに、何を考えているのかがわからない。
 
 
お腹痛い、熱が出る、食欲がないなどの症状をみて、ストレスがたまっているんだなということはわかるけれど、どんなことを感じてストレスとなっているかがわからないのです。
 
 
「何年も一緒にいるのになんてことなんだ⁈」と、助けてあげられない自分に途方にくれてしまっていました。
 
 
 
 
皆さんには同じような経験はありませんか?
 
 
せっかく自分の子どもとしてこの世に生まれてきてくれたのに、本音を出し合えないという状況はとっても辛いですよね。
 
 
もっと、子どもの本音を聞きたいと思いませんか?
 
 
▼新刊▼無料プレゼント!今から間に合う小学校入学準備!
パステルキッズの小学校入学準備
 
 

2.良い子を演じていた息子

 
 
息子はギフテッドと自閉症スペクトラム(ASD)の特性を持っています。
 
 
学校に通っていた頃、息子は、学校ではいつもニコニコしていました。嫌なことがあったからといって泣いたり、他の子に強く当たったりするようなことはまったくありませんでした。
 
 
クラスで先生が褒めてくれることは、頑張ってやるようなタイプでした。
 
 
よそのお母さん達からよく言われていたのは、
 
 
「○○くんはいい子だよね。優しいよね。」という言葉。
 
 
「息子は優しくて、親切で、無邪気に笑っている。家での困りごとは多いけど外でしっかりできるから大目にみよう」
 
 
と、外で良い子であることに関して私は気に留めていませんでした。
 
 
辛いことがあったとき、苦手な課題をやるとき、家の中では癇癪をおこしたりしていたので「辛いんだな?」ということはわかりました。
 
 
けれども、妥協することはなくキーキー言いながらもやりとげて学校へ行っていたので、それも「なんだかんだ学校へ行けているからいいや」とやりすごしていました。
 
 
息子はギフテッドの特性である完璧主義なところが元々あり、人によく思われたい、自分のいる集団の中で優位な存在でいたいという気持ちが強かったのです。
 
 
敏感なところもあり、親や先生の怒鳴り声や厳しい口調でとても傷つきやすいタイプの子でした。そのため、人の顔色を見て怒られないようにと自分を押し殺して頑張っていたのです。
 
 
親や先生の期待、学校の雰囲気を感じとり、良い子を演じようとしていたんですね。
 
 
 
 
ちまたでは、「良い子症候群」という言葉もあります。
 
 
息子は、良い子をずっと演じてきたせいで、不登校になってからも自分の本音を打ち明けるということをなかなかしてくれませんでした。
 
 
本音を打ち明けられるほど私の子どもを受け止める姿勢が少なかったのかもしれません。
 
 
▼新刊▼子どもの記憶力を伸ばしたい方へ
子どもの記憶を強化する3つの秘密
 
 

3.子どもの本音を引き出せた作戦とは?

 
 
クヨクヨしていても仕方がない!と気持ちを変えて、
 
 
私が子どもの本音を聴けるようになりたいと思ってやったことは、子どもの発言を一切否定しないで聞くということです。
 
 
例え、「僕は働かないでお金をかせぐんだ〜」など、親としては「ありえない!」と思うようなことを子どもが言ったとしてもです。
 
 
「へ〜そっか!」
「そんな風に思っているんだね」
 
 
と、子どもの気持ちをとりあえず受け取ります。
 
 
「えー⁈」とか、「お金は働いて稼ぐものなんだよ?」と言ってしまうと、子どもは否定されたと感じ、自分の本音をますます言えなくなってしまうのです。
 
 
もしも、ちょっとそれはどうかな?と思うことは、違うタイミングで話題を出し、正しい考え方を身につけてねというメッセージを伝えるようにしました。
 
 
すると、今まで本音を言わなかった息子が本音を言ってくれるようになったんです!
 
 
・先生に言われて嫌だったことや辛かったこと
 
・自分と周りの子との違いを感じて苦しかった感情
 
・みんなと同じことができない自分に対して感じた悔しい感情
 
 
周囲の大人の考えに合わせて生きてきた息子が、自分のネガティブな感情を出してくれるようになりました。
 
 
まだまだ息子が教えてくれていない本音があるかもしれないけれど、私たち親子は素直に相談し合い、夢を語り合うことができるようになりました!
 
 
ここからが子どもと一緒に成長していくスタート地点だと感じています。
 
 
 
 
ぜひ、皆さんもお子さんと本音で語り合えるコミュニケーションを取り入れてみてくださいね。
 
 
ぐるぐるとネガティブな考えをしてしまう子どもを明るくする記事も是非ご覧ください
 
 
 
完璧主義なのに勉強嫌い⁈な子どもの学習についての対策はこちら!
 
 
 
繊細で完璧主義な子どもがお母さんに心を開く方法を多数お届けします!
▼ご登録はこちらから!

▼小冊子プレゼント中です!
▼講師に困り事の相談もできる!
Nicotto!塾生募集中
 
 
執筆者:すずき真菜
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)

-コミュニケーション, 不登校
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2021 All Rights Reserved.