ママが発達障害凸凹育児や仕事に疲れたときでも簡単に対応できるコミュニケーション術

毎日発達障害凸凹子育てや家事、仕事に奮闘しているママ、いつも頑張っていますよね!けれど、頑張っても疲れてしまう時、ありませんか。ママが疲れたときでも、ADHDやASD含めてどんな子どもにも簡単に対応できるコミュニケーション術をご紹介します!
 

【目次】

 

1.子育て家事仕事!頑張る反面、疲れてイライラしていました…!

 
 
毎日子育てや家事、仕事に奮闘しているママ、いつも頑張っていますよね!ですが、どんなに頑張っても疲れてしまう時、ありませんか?
 
 
あれやって、これやってとパワフルに奮闘しているのに、ママの育児に終わりはありません。
 
 
次から次へとやることがあり、「あ~もう疲れた!」と思わず、イライラしてしまう…。もしくは、「なんでこんなに疲れてしまうのだろう」と自分を責めたりしていませんか?
 
 
以前の私はまさにそうでした。
 
 
私は、診断はついておりませんが、私は、注意欠陥性多動障害(ADHD)と自閉症スペクトラム障害(ASD)の特徴を合わせ持った発達障害凸凹傾向の小学生2年生の息子と3歳の娘を持つ会社勤めをしている働くママです。
 
 
朝起きてから、日中仕事に没頭し、夜寝るまで、何かしらに追われている気分。
 
 
仕事も育児も頑張りたい!
子育ても楽しみたいのも本心!
 
 
けれど、頑張れば頑張るほど疲れはピークに達して、私自身の余裕がなくなり、イライラしてしまうことがしばしばありました。
 
 
そんなイライラしてしまう自分に余裕がなくなってくるのが分かって、自分自身もさらに落ち込んでしまう。
 
 
子どもが話しかけていても、イライラしてくると、一緒に暮らしている子どもにも不機嫌な態度で対応してしまっていました。
 
 
 
 
しかし、私自身、子どもの特性やコミュケーションの型を学ぶにつれて、私自身が余裕がないときでもイライラすることが少なくなってきました。
 
 
子どもとのコミュニケーションが穏やかに取れるようになったのです。
 
 
何より、疲れが抜けきらない日でも、子どもと穏やかにコミュニケーションを取れる対応方法を知ったことで、なにより私の気持ちが楽になりました。
 
 
今回は、ママが家事や育児、仕事に疲れたときにでも、子どもとのコミュニケーションを楽にとることができる対応法をご紹介します。
 
 

\プレゼント配布終了まで残り4日
対応を間違えると、子どもの脳が壊れます!

登校しぶりを解決できる正しい対応を無料公開中!

↓↓↓

 
 

2.なぜ、発達障害凸凹の子どもにとって、なぜママのコミュニケーションが大切なの?

 
 
ADHD・ASDなど発達障害凸凹傾向の子どもに限らず、子どもは毎日ぐんぐん成長していきますよね。
 
 
子どもの成長には、身近な存在であるママとのコミュニケーションがとても重要になってきます。
 
 
ママが子どもに日ごろからどう接しているか、どんな声かけをしているか、それが大切なのです。
 
 
日ごろの子どもの行動に注目して、ママがその行動を肯定(褒めたり、笑顔を見せるなど)してあげることにより、子どもの行動の変化を促して、ぐんぐん成長を加速させます。
 
 
日ごろ、子どもの言動に注目して、ママが褒めや笑顔で肯定の接し方をとってあげると、子どもの言動もポジティブなものに変わります
 
 
そして子どもの発達が加速し、発達の困りごとが減り、子どもの可能性をグングン伸ばすことができます。
 
 
そこにママが疲れているかどうかは関係ありません。
 
 
 
 
そうはいっても、ママだって、疲れているときやイライラして感情的になってしまうときはあります。
 
 
疲れてイライラしたまま感情的に子どもと話すと、険悪な雰囲気になって終わりになってしまいます。
 
 
もし、ママが疲れているときでも子どもとコミュニケーションのやり取りが楽にとれる方法を知っていたらどうでしょうか。
 
 
知っていれば、その方法に沿って行動に対応すればいいだけなので、楽に対処することができますよね。
 
 
子どもの毎日の成長の為にも、子どもに対してのコミュニケーションのレパートリーを増やしていくことが大切です。
 
 

▼登校渋り、友達トラブル、学習の遅れ…学校と連携して小学校生活の不安を解決する方法はこちら▼


※メールにてお届けします!

 
 

3.やり方は簡単!ADHD・ASDなどどんな子どもにも対応可能な実況中継!

 
 
ママが疲れているときってもう体力も気力もヘトヘトな場合が多くあります。
 
 
頭をいっぱい働かせて難しいコミュニケーションをとる力なんて残っていません。
 
 
そこでおすすめなのが、疲れている時でも使える簡単なコミュニケーションとして「実況中継」を利用することです!
 
 
やり方はすごく簡単!子どもがやっていることをそのままママが口に出すだけです。
 
 
「ご飯食べているんだね」
「着替えたんだね」
「宿題やっているんだね」
 
 
たったこれだけでいいんです。
 
 
ただでさえ疲れているときに、何て答えようとかいろいろ考えてなくいいんです。
 
 
 
 
ママが子どもの行動の様子を言葉で伝えているだけですが、子どもにとっては「ママが自分のことを見てくれている」と感じることができます。
 
 
「自分のことを見てくれている」と感じた子どもは、ママから褒められている気持ちになり、自分の行動に自信を持つようになります。
 
 
なぜなら、これらの実況中継は、ママが「子どものできていること」に自然と注目して、子どもの行動を肯定してあげていることに繋がっているからです。
 
 
ママが疲れているときでも、実況中継テクニックを使うと、褒めようと思って褒めたりしていなくても、簡単に子どもの行動を肯定することができます。
 
 
子どもが自分の行動に自信が持てるようになると、もっと行動するようになりますよね。
 
 
子どもが行動するようになることが、子どもの発達に繋がります。
 
 
疲れているときでも子どもとのコミュニケーションを取れる方法を知っているだけで、ママの気持ちがぐっと楽になります。
 
 
疲れていても疲れていなくても、誰でも簡単に使えるコミュニケーションテクニックです。まずは使ってみてくださいね。
 
 
 
 
子育ての不安を解消する方法をいろいろご紹介しています!
▼ご登録はこちらから

 


※メールにてお届けします!

 
 

 
 
執筆者:なつき みき
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)
 
 
発達グレーゾーンの困りごとを大人に持ち越さない おうち発達支援の始め方
資料請求はこちら
発達グレーゾーンの困りごとを大人に持ち越さない
おうち発達支援の始め方
資料請求はこちら
タイトルとURLをコピーしました