不安で自信がなかったママが一歩踏み出す勇気を持てたミラクルストーリー~発コミュトレーナー・後藤優子さんへのインタビュー~

 

子どものことが理解できない…。何度も叱ってしまう…発コミュトレーナーの後藤優子さんもかつてはそんなお悩みをお持ちでした。しかし、お母さんが一歩踏み出す勇気を持って行動したことでお子さんとともに大変身したご経験を伺いました。
 

【目次】

 
 

1.子どものことが理解できず、苦しんでいたお母さんでした

 
 
現在、活躍している発達科学コミュニケーション(以下、発コミュ)のトレーナーやリサーチャーは、もともとは我が子の発達凸凹からくる困りごとに悩んでいたお母さんです。
 
 
その経験を生かして、子育てに悩んでいるお母さんに発コミュを伝える講師として活躍するトレーナーと、パステル総研で記事を執筆したり教材を作るリサーチャーがいます。
 
 
今回インタビューさせていただいたのは、トレーナーの後藤優子さんです。
 
 
後藤さんは、12歳の息子さん、8歳の娘さん、6歳の息子さんの3人のお子さんを育てながら、トレーナーとして活躍されています。
 
 
最近、子どものことを叱ってばかり…
 
 
子どものことが理解できない…
 
 
以前は、後藤さんも同じ悩みを持っていました。
 
 
 
 
今回は、後藤さんと発コミュとの出会いや、悩みを解決しようと行動した経緯、トレーナーとして活動している中で抱いている思いについて伺いました。
 
 
全3回に分けてお伝えする第2回目のインタビューになります。
 
 
後藤さんのご専門について紹介している、第1回目のインタビューはこちらからご覧ください。
 
 
 
 

\最新教材 無料プレゼント/
1学期のうちに集団トラブルを
解消したいママへ

学校では教えてくれない
一生困らない対人スキルの育て方
↓↓↓

 
 

2.最初は発コミュ受講してもいいか不安でした…それでも受講を決意し、一歩踏み出したきっかけ

 
 

ーーー後藤さんが発コミュに出会ったきっかけになった当時の様子について教えてください。

 
 
「私が発コミュに出会ったのは、長男が小学校でトラブルを起こしたのがきっかけでした。
 
その当時は、自分の子どもなのだから、自分で子どもをなんとか落ち着かせなくちゃと、躍起になっていました。
 
小学校で息子さんにこういう出来事が起きましたと聞けば、家ではとにかく息子を注意する、叱る日々
 
息子に対して、なんでそういうことをするんだとか、どうすればよかったんだとか、こまかに叱っていましたが…何度叱っても効果がありませんでした
 
息子自身も、その時は「分かった」と言うけれども、結局、また同じことの繰り返し
 
母親として、心底困り果てていましたし、なんとかして、この子を理解したいという想いがありました。」
 
 

ーーー後藤さんにも子育てがつらい時期があったのですね。その後、どんな経緯で発コミュと出会い、受講を決意したのですか?

 
 
「息子のことで悩んでいたときに、発コミュ創始者の吉野さんのホームページにたどり着きました。
 
そこで、初めて発コミュを知り、もしかしたら、息子のこれらの行動は二次障害なのかもしれないと思うようになりました。
 
そして、発コミュを学んだら、子どもも私も変われるかもしれないと期待をもって、受講を決意しました。
 
そしたら、受講し始めて、約2週間で息子は自宅で素直さを取り戻していったのです。
 
さらには、小学校でも少しずつ問題行動が減って落ち着いていきました
 
 

ーーー発コミュとは、インターネットを介して出会って受講を決めたんですね。当時不安はありませんでしたか?

 
 
「正直、不安はありました。今でこそ、動画などで様子が見れたりしますけれども、当時はそういうのがありませんでした。
 
そのため、講座の内容は良さそうだけれど、怪しいな…とか、騙されたらどうしようなど不安があったのです。
 
それでも、私が受講を決意したのは、吉野さんのホームページに、『科学的根拠に基づいた正しい知識や具体的な発達支援方法』と記載があったからです。
 
科学的根拠があるなら、再現性があるということですよね。
 
再現性があるなら、私でもできるのではないかなと思ったのです。
 
それで吉野さんの経歴を見てみると、脳科学をベースにした発達障害の発達支援が専門とされているとのこと。
 
さらには、大学院で脳科学で博士課程修了されているんだと知り、これは本物だなと思ったのです。
 
さらに、当時、ホームページに吉野さんの医学論文が載っていたので、論文をチェックして、本当に研究していた方なんだなというのが分かりました。
 
今考えると、なんて疑い深いんだろうと思いますが、当時は自分の納得いくまで調べた上で、受講を決意し、発コミュに飛び込みました。
 
今は、発コミュを受講して正解だったなと心底感じています。
 
受講しようか迷っていた当時、行動を起こした自分を褒めてあげたいなと思います。」
 
 
 
 

◆ポイント解説

 
 
今では、子どもの好奇心を見つけ、本来の力をグンっと伸ばす専門家として発コミュトレーナーとして活躍されている後藤さん。
 
 
そんな後藤さんも、息子さんの対応で頭を悩ませていた時期があったのですね。
 
 
「母親として、息子さんを理解したい」という当時の後藤さんの想いから、後藤さんの誠実なお人柄を感じます。
 
 
そんなときに出会った発達科学コミュニケーション創始者の吉野さんのホームページ。
 
 
発コミュって、なんかよく分からないから不安…と行動を起こさないまま選択肢もあったと思います。
 
しかし、後藤さんは、ご自身でいろいろ調べたりして、自分から行動をはじめていました。
 
 
行動したからこそ、後藤さん自身が、『科学的根拠に基づく=再現性がある内容』だから大丈夫だなど納得した上で受講を決意していましたね。
 
 
後藤さんが行動したからこそ、息子さんもたった2週間で変化が出てきたのですね。
 
 
子どもの脳は日々変化をしています。お母さんがあれこれ悩んでいる間にも、子どもは成長しています。
 
 
だからこそ、お母さんがすぐに行動を始めることが大切なのです。
 
 
お母さんの行動が子どもの未来をさらに可能性あるものに変えていくのですね。
 
 

\ダウンロード終了まで、あと4日
たった3ヶ月で”育てにくさ”を卒業できるおうち発達支援のヒミツとは

 
 

3.元パステル総研広報だからこそ語れるトレーナー・リサーチャーのそれぞれの魅力とは

 
 
息子さんのことを理解したいと、行動を始めた後藤さん。
 
 
初めから上級講座を受講してリサーチャーとして学び始め、その後、パステル総研の広報を担当されました。
 
 
そして現在はトレーナーに転向して、新たな道で活躍されています。
 
 
トレーナーとリサーチャーのそれぞれの魅力や、なぜトレーナーへ転向することを決意したのかについて伺いました。
 
 

ーーー後藤さんは、リサーチャーとトレーナーともに経験されていますし、事務局で広報としての活動されていました。マルチに活躍されてきた後藤さんだからこそ知っている、各ポジションの魅力を教えてもらえますか?

 
 
「当初は、リサーチャーとして活動していました。
 
リサーチャーは、トレーナーのように表舞台には立ちません。
 
しかし、発達に関する調査や記事を執筆などを通じて、同じように子育てに悩むお母さんたちの役に立つことができる点が魅力的です!
 
私自身、発コミュを始めた当初は、子育ても困りごとがあるし、自分自身にも自信がありませんでした。
 
しかし、実際、リサーチャーとして活動する中で、目に見えて、自分自身の子育てが改善していったので、自信をつけることができました。
 
パステル総研の広報には、もともと広報という仕事自体にもすごく興味があったのですが、タイミングよく、パステル総研の広報の募集を見つけ、応募した経緯があります。
 
広報を担当するようになってからは、パステル総研の運営に携わっていました。」
 
 

ーーーリサーチャーも広報の活動も魅力的な中、なぜ、トレーナーに転向されたのでしょうか? なにかきっかけがあったのですか?

 
 
「パステル総研の広報として活動している中で、多くのトレーナーから話を聞く機会や、実際お会いする機会がありました。
 
その中で、私自身も、実際に、悩んでいるお母さんと直接話がしたい、悩みにもっと寄り添いたいという想いが強くなっていきました。
 
その想いに気が付いたとき、なぜ、私はそれができてないんだろう?と考えました。
 
そうしたら、やっぱり表に出るのが怖い、傷つくのが怖い自分がいたのです。
 
だけど、これは殻を破る時だなと思い、トレーナーに挑戦する決意をしたというのがあります。
 
そのきっかけとなった出来事が、
 
発達科学ラボに関わっている方たちとの直接お会いするバーベキューに参加したことです。
 
その場で自分の夢を他の方たちの前で語る場がありました。
 
トレーナーさんたちの想いを聞き、私自身も夢を語ったことが、自信になったと言うか、殻をひとつ破ったきっかけになりました。
 
子どもばかりに夢を追わせるのではなく、私も自分の人生を歩もう!という想いを強く持つようになりました。」
 
 
 
 

◆ポイント解説

 
 
発コミュを始めた当初は、子育ても困りごとがあるし、自分自身にも自信がなかったという後藤さん。
 
 
これは決して後藤さんに限ったことではありません。
 
 
発コミュを受講し始めた時ばかりのお母さんは、自分に自信もないし、子育てにも困り果てているお母さんがすごく多いです。
 
 
しかし、発コミュを学ぶと同時に、お母さんが行動し、対応を変えることで、子育てが改善していくと、子育ての困りごともなくなりますし、子どもも自信がついてきます。
 
 
なにより、子育てがよくなったことでお母さん自身にも自信がついてくるのですね。
 
 
だんだん子育ての困りごとが落ち着いてくると、自分自身のことにも目を向けられるようになります。
 
 
後藤さん自身の傷つくのが怖いなどの想いに気が付いたとき、考えるのをやめず、目を背けることなく、向き合った後藤さん。
 
 
その、一歩踏み出した姿に、後藤さんの芯の強さが感じ取れます。

子どもに夢を追わせるだけでなく、自分も夢を追う!自分の人生を生きる!という決意はすばらしいですよね。

次回のインタビューでは、後藤さんの現在の子育てやライフスタイルについてお話を伺っていきます。お楽しみに!
 
 
 
 
好奇心を伸ばす!困った我が子の言動が理解できるようになるコミュニケーションテクニックをご紹介しています!
▼無料で毎日情報をお届けしています

 
 
執筆者:なつき みき
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)
発達グレーゾーンの困りごとを大人に持ち越さない おうち発達支援の始め方
資料請求はこちら
発達グレーゾーンの困りごとを大人に持ち越さない
おうち発達支援の始め方
資料請求はこちら
タイトルとURLをコピーしました