お母さんの毎日を楽しむ姿勢が子どもの未来の希望につながる!〜発コミュトレーナー・山南あやさんの素顔とは〜

毎日を楽しむ!お母さんが仕事も子育ても楽しみながらやっている姿勢を見せると、子ども達も大人になることが楽しみになりますよね。自分が行き詰まらない工夫をしながら子育てをされているトレーナー・山南あやさんの素顔に迫るインタビュー最終回です。
 

【目次】

 
 

1.毎日を楽しむ姿勢を見せることが子どもの自立につながります

 
 
発達科学ラボのトレーナーやリサーチャーは、もともと子育てに不安や悩みを抱えて苦しさや孤独感を抱えていた一人のお母さんでした。
 
 
そのようなお母さんが発達科学コミュニケーション(発コミュ)と出会い、親子のコミュニケーションを学んで実践することで、子育ての悩みや困りごとを解消してきました。
 
 
そして、同じような思いをしているお母さんの悩みに寄り添って解決するために、発コミュを伝えるトレーナーとして活躍している方がいます。
 
 
また、パステル総研の記事を書くことや教材づくりをするリサーチャーとして活動をしている方もいます。
 
 
 
 
今回インタビューをさせていただいた発コミュトレーナーの山南あやさんは、勇気を出して発コミュを学んで思春期男子との関係を改善し、その経験を他のお母さんに伝えようとトレーナーとしての活動を始められました。
 
 
こちらの記事は全3回のインタビューの第3回目となります。
 
 
これまでのインタビューは、以下でご覧になれます。
 
 
インタビュー 第1回目はこちら
 
 
 
 
インタビュー 第2回目はこちら
 
 
 
 
今回はトレーナーとして活動を始めてからのライフスタイルの変化やリフレッシュ方法など、山南あやさんの素顔に迫ったお話をお聞きしました。
 
 

 

ーーートレーナーとして活動していく中で、ライフスタイルはどう変わりましたか?

 
 
「そうですね。トレーナーという仕事をする中で、やはり日々研究もしている形になるので、子育ての表面的な部分ではなく、深掘りをするようになりました。
 
こうしてあげたらこうなるんじゃないかなという、できる未来への視点というか、未来を見据えた子育ての仕方に変わってきたかなと思います。
 
あとは子育てや自分の時間を楽しむこととか、ワクワクする体験とか経験をどんどん積んでいくということですね。
 
口で言わなくても、子どもがそういう母親の姿を見て、未来への選択肢がこんなにあるんだなとか、大人になるってそんなに大変なことじゃないんだな、楽しそうだなというふうに感じ取ってくれるようになるということをすごく意識し始めました。
 
なので、母親だけれども、やっぱり1人の人間として自分軸をもって生活していく、子育てをしていくということはすごく大切なんだと実感しました。」
 
 

ーーーお子さんたちはもう中学生ですが、そんな山南さんの姿を見て、どういう反応をされていますか?

 
 
「そうですね。うちの子たちは、私の姿を見て『お母さん頑張ってるね』とかはあまり言わないですね。
 
でも、私が自分の時間を大事にしてるので、子どもたちも自分のやりたいことや好きなことに好奇心を持って、『やってみたい』と素直に言ったりとか、『これをやりたいからこうしてみたいんだけど』っていうことは会話の中ですごく出てくるようになりました。」
 
 
 
 

◆ポイント解説

 
 
お母さんが好きなことに没頭していたら、子どもも没頭していいんだっていう気持ちになりますよね。
 
 
しかも、お母さんが没頭してるから子どもたちに余計なことを言う時間もないし、すごくうまく子どもたちから手が離れているように感じます。
 
 
子どもたちのできることが増えているからこそ、お母さんが毎日を楽しむ姿勢を見せて自立に繋げていくという形の子育てができるんですね。

 
お子さんが小さいと中学生の子育てはまだ想像がつかないかもしれませんが、こういう形の子育てができたら理想的ですよね!
 
 

2.一人時間をあえて作ることが行き詰まらないための工夫

 
 
山南さんのお話を伺っていると、難しいと言われる思春期の子育てにも希望が持てますね。
 
 
ここからは山南さんがお忙しい中で工夫されていることを伺って行きます。
 
 
 
 

ーーーお忙しい毎日だと思いますが、山南さんの元気の源とかこだわっているもの、こういうふうに時間を作って工夫していますよということがあれば、ぜひ教えてください。

 
 
「はい。正直本当に日々忙しくて、私は時間を作らないとなかなか休まないタイプなので、あえて時間を作るということは心がけています。
 
私がこだわってる部分というのは、私は一人時間がないと病気になってしまうぐらいのタイプなんですね。あまりみんなとガチャガチャいるのが実は好きではないので、必ず一人時間をあえて作るようにはしています。
 
その時に、仕事と一人時間プラス好きなこととか好きな環境とか好きな食べ物を全部セットにして、自分の好きな空気空間づくりをして癒すようにしているというところはすごくこだわっています。
 
なので、緑がすごく綺麗な素敵なカフェで美味しいものを食べながら仕事をするとかっていうふうに、全てに行き詰まらないようにちょくちょく自分の一人時間を楽しむようにしています。」
 
 

ーーーなるほど。カフェでお仕事とかかっこいいですよね。しかも色々セットにして楽しむのが山南さんらしいですね。他にもリフレッシュ方法はありますか?

 
 
「そうですね。ほかにリフレッシュする方法は、入浴時間を大事することですね。その時に何にこだわってるかというと、入浴剤にこだわっています。
 
例えば、匂いがいいとかそういったものではなくて、発汗作用があるとか、エプソムソルトも流行る前から知っていて、いいなと思って使っています。
 
そういうちょっと珍しいものとか、いいよって言われた口コミ的な流行りのものは取り入れていますね。
 
それにお風呂も一人の時間ですよね。子どもたちももう一緒に入らなくていいので、そこで一人の時間を満喫しつつメンタルも体調も整えるために、リラックスタイムを作っています。
 
リラックスできるママタイムがあるからこそ、また切り替えて子育ても楽しめます。
 
1人の人間、女性としての時間というオンとオフの切り替えをしていくことが、毎日の生活を楽しんでいくことだなっていうふうにすごく感じています。」
 
 
 
 

◆ポイント解説

 
 
毎日お忙しいはずなのに、一人時間をしっかり確保されていることは素晴らしいですね。
 
 
ママはどうしても家族や子どものことを優先して、自分のことは後回しになりがちですが、それは違うと思います。
 
 
自分が行き詰まらないためにはどうしたらいいかをきちんと考えられて、工夫されていることは参考にしたいですね。
 
 

3.これからも楽しみながらチャレンジを続けたい!

 
 
山南さんの毎日が充実されているのが、よく分かりましたね。
 
 
そんな山南さんのこれからについて伺っていきます。
 
 

ーーーこれからトレーナーとして、どういうふうに活動していこうと思われていますか?ぜひ教えてください。

 
 
「はい。トレーナーとして、ゆくゆくは私も教えられる人になっていきたいっていうゴールがあります。
 
そのため、そのゴールに向かっての目標を一つずつクリアしていくというチャレンジは続けていきたいなと思います。
 
その中で私はどうしてもタスク化してしまいがちなので、一つ一つを楽しむ体験として、人に出会うことであったり、教えるための研究をしていきたいです。
 
これを記録として伝えていく形で、点を線にして繋げていくことで自信もつけていきたいですし、やってよかったという経験を積み上げていきたいと思っています。
 
仕事も楽しいなあと思うことが、やっぱり子育てにも生かされてくると思うので、しっかりとこれからの人生を楽しんでいきたいなというふうに思っています。」
 
 
 
 
 
 
 

◆ポイント解説

 
 
人生を楽しむという言葉がママの口から出ると、すごく説得力がありますね。
 
 
ママって1番大変だし、しんどいし、疲れていますよね。
 
 
そんなママが「人生を楽しんでいます。毎日が充実しています」っていうと、そういうママに育てられた子どもは、きっと充実した人生を送れるんじゃないかなと思います。
 
 
やっぱり女性が輝いていると子ども達も輝くので、そんな社会を作っていけたらいいですよね。
 
 
 
 
ということで、ここまで全3回にわたりお伝えしてきた発コミュトレーナー・山南あやさんのインタビューはここで終了になります。
 
 
山南さんのこれからの活躍が楽しみですね!
 
 
子育て中でもお母さんが毎日を楽しめるヒントが欲しい方はこちら!
▼無料で毎日情報をお届けしています

 
 
執筆者:佐藤とも子
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)
発達グレーゾーンの困りごとを大人に持ち越さない おうち発達支援の始め方
資料請求はこちら
発達グレーゾーンの困りごとを大人に持ち越さない
おうち発達支援の始め方
資料請求&限定プレゼントはこちら
タイトルとURLをコピーしました